• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 兵庫
  • 国際観光芸術専門職大学(仮称)
  • 先生・教授一覧
  • 平田 オリザ学長候補者(劇作家・演出家)

専門職大学・専門職短期大学/公立大学/兵庫

コクサイカンコウゲイジュツセンモンショクダイガク

2021年4月新設予定 (認可申請中)

こんな先生・教授から学べます

演劇を用いてコミュニケーション力を伸ばす教育を行う先生

劇作家・演出家
芸術文化観光学部(仮称)  (2021年4月設置予定(認可申請中))
平田 オリザ学長候補者
先生の取組み内容

大学での私の専門分野は大きく分けて三つに分かれます。一つは、本業でもある劇作家・演出家として、多くの演劇人を育てることです。幸いにも、この二十年、日本の演劇界を担う劇作家、演出家、俳優、スタッフを多く輩出できたことは私の一番の誇りです。二つ目が、プロになるためではなく、人生を豊かにするためのリベラルアーツとしての演劇教育です。特に、小中学校では各自治体と連携して「演劇的手法を使ったコミュニケーション教育」を展開しており、その指導ができる教員を育てています。三つ目は、芸術・文化を生かしたまちづくりや劇場運営など「アートマネジメント」と呼ばれる領域です。他にも大学では、ロボットを使った演劇制作など先端的な研究も行ってきました。これらは、私の中では一つのつながりを持つ大事な仕事になっています。

演劇の表現手法を、幅広い教育活動に取り入れています

授業・ゼミの雰囲気

演劇の学修を通して、大学や社会で必要不可欠となるコミュニケーション力や人間力を養う

国際観光芸術専門職大学(仮称)では、1年生全員が平田先生の「コミュニケーション演習」を履修。演劇の手法を取り入れたコミュニケーション演習を学ぶ。授業では身体を動かすワークショップ形式の実践とパワーポイントなどを使った解説を交互に行い、大学や社会で必要なコミュニケーション能力を磨いていく。「演劇には様々な要素が詰まっている。まずは、異なる価値観を持った人が、価値観を一つにするのではなく、どうやって多様性のある集団を作っていくかを学んで欲しい」と先生。講義は演劇経験のない学生も楽しく学べる内容である。

平田先生の授業では、社会における芸術の役割、特に観光や教育との関連性なども学ぶことができる

キミへのメッセージ

観光・文化芸術分野で、人の心を動かせるような学生を育てたい!

演劇もダンスも観光も、人を楽しませること、人を幸せにすること、あるいは人に新しい価値観をもたらすことが究極の目的です。この大学での学びを通して、人の心を動かせる学生を育てたいです。

「私も大学から演劇を始めました!」

平田 オリザ学長候補者

専門分野/演劇、演劇的手法を取り入れたコミュニケーション教育
略歴:1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。大阪大学COデザインセンター特任教授。
大学在学中に結成した劇団「青年団」を率いて、こまばアゴラ劇場を拠点に国内外で幅広く活動。
『東京ノート』、『その河をこえて、五月』などの作品で、数々の賞を受賞している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
国際観光芸術専門職大学(仮称)(公立大学/兵庫)