1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[会計大学院(アカウンティング)]一覧
  3. 早稲田大学大学院 会計研究科 募集概要・Q&A

早稲田大学大学院会計研究科

検討リストに追加

【会計専門コース】 【アクチュアリー専門コース】 2022年4月入学 募集要項

入試日程などの募集概要については、新型コロナウィルスへの対策状況により変動する可能性があります。最新情報についてはHPなどでご確認ください。

授与学位会計修士(専門職) 
英文名称:Master of Business Administration
定員計95名(一般入試 他)
入学月4月
履修期間2年制
出願期間一般入試
2021/11/2~12/3

その他、入試形態によって異なる
試験日一般入試
(一次) 2021/12/19 (二次) 2022/1/16

その他、入試形態によって異なる
合格発表一般入試
(一次) 2021/12/27 (二次) 2022/1/21

その他、入試形態によって異なる
試験科目【選抜方法】
一般入試:筆記試験、口述試験

その他、入試形態によって異なる
初年度納入金入学金20万円、学費等約170万円

【高度専門コース 】 2022年4月入学 募集要項

入試日程などの募集概要については、新型コロナウィルスへの対策状況により変動する可能性があります。最新情報についてはHPなどでご確認ください。

授与学位会計修士(専門職) 
英文名称:Master of Business Administration
定員若干名(一般入試、企業等派遣入試)
入学月4月
履修期間1年制
出願期間一般入試
(10月実施) 2021/9/27~10/13
(1月実施) 2022/1/5~1/19

その他、入試形態によって異なる
試験日一般入試
(10月実施) 2021/10/23、(1月実施) 2022/1/29

その他、入試形態によって異なる
合格発表一般入試
(10月実施) 2021/11/5、(1月実施) 2022/2/4

その他、入試形態によって異なる
試験科目【選抜方法】
口述試験
初年度納入金入学金20万円、学費等約210万円

【早稲田大学大学院会計研究科】に関するQ&A

Q経営管理研究科との違いは何ですか?
A 会計を利用するファイナンスのプロではなく、実践的な公認会計士や会計に強いMBA・アクチュアリーを育成することにあります。当研究科修了者には公認会計士試験の試験科目が3科目免除されるという点も異なります。
Q公認会計士試験対策はどうなっていますか?
A 講義で身につけた知識を活用すれば十分合格可能です。基礎科目を中心に講義で学んだことの定着を確認するアウトプットトレーニング「アサインメント」の他、「公認会計士試験対策答案練習講座」も設けています。
Qカリキュラムの特徴は?
A 通常の講義科目に加え、最先端の会計理論や専門知識を実務に応用する能力を養成するため、事例研究形式、ディスカッション形式、プレゼン形式などの少人数教育を実践する「ワークショップ科目」も取り入れています。
Q公認会計士試験の合格状況を教えてください。
A 令和2年公認会計士試験に、当研究科の在学生13名、修了生10名が最終合格しました。当研究科では、修了後も一般科目等履修生として継続的な学習が可能です。
Q奨学金などの制度はありますか?
A 大学独自の学内奨学金をはじめ、日本学生支援機構の奨学金、民間団体の奨学金などがあります。
Q進路・キャリア支援はどうなっていますか?
A 監査法人や保険会社の人事担当者を招いての「ジョブフェア」、監査法人やコンサルティングファームの第一線で活躍中の方々による「キャリア講演会」、各種の「インターンシップ」などを実施しています。

【早稲田大学大学院会計研究科】の在学生インフォメーション

学生数(男女構成)

1年生:男性74名、女性34名 2年生以上:男性78名、女性27名

同学調べ(2021年)

問合せ先03-3208-8540(会計研究科 入試係)ホームページはこちら