1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[社会・国際・環境・文化]一覧
  3. 拓殖大学大学院 国際協力学研究科 募集概要・Q&A

拓殖大学大学院国際協力学研究科

検討リストに追加

2023年度 博士前期課程 一般選抜・社会人特別選抜

入試日程などの募集概要については、新型コロナウィルスへの対策状況により変動する可能性があります。最新情報についてはHPなどでご確認ください。

授与学位修士(国際開発)
修士(安全保障)
定員国際開発専攻(博士前期課程):20名
安全保障専攻(博士前期課程):15名
入学月4月
履修期間2年
出願期間I期試験 
2022/8/16~8/26(郵送のみ)
2022/8/22~8/26(郵送及び窓口)
II期試験 
2022/12/5(月)~12/16(郵送のみ)
2022/12/12(月)~12/16(郵送及び窓口)
III期試験
2023/2/6~2/10
試験日I期試験 2022/9/24
II期試験 2023/1/29
III期試験 2023/3/4
合格発表I期試験 2022/9/29
II期試験 2023/2/2
III期試験 2023/3/9
試験科目論文、英語、口頭試問
※留学生は論文、口頭試問
※社会人は口頭試問
初年度納入金入学金:15万円
授業料:76万5000円
施設設備費:15万円
諸費:2万9750円

【拓殖大学大学院国際協力学研究科】に関するQ&A

Q国際協力に関連する学部を出ていないとダメですか?
A 入学に際して、出身学部は問いません。持てる知識や実社会での経験を生かして、研究分野を究め、今後の仕事に生かしてください。
Q仕事との両立は可能ですか?
A 半年を1期とするセメスター制を導入し、主要科目は、前・後期別々の時間割を設定。昼夜開講制や一部科目の集中授業方式、キャンパスが都心にあるので、両立は可能と思われます。
Q卒業後の進路はどうなっていますか?
A 専門分野を生かし、外務省、通信社、商社、国際支援NGOなどに就職しています。もちろん、社会人の場合は、勤務先で身に付けた知識やスキルを生かしています。
Q学生数およびその男女比はどのくらいですか?
A 2022年5月1日現在で、国際開発専攻在籍者47名(うち女子25名)。安全保障専攻在籍者19名(うち女子7名)。また、博士後期課程にはそれぞれ30名(17名)、10名(4名)が在籍しています。
Q社会人入試制度はありますか?
A はい、あります。書類選考および、口頭試問によって、合否を判定します。
Q奨学金制度はありますか?
A 各種奨学金が用意されています。特に、拓殖大学大学院奨学金は博士前期課程在籍者からの選抜者(1研究科あたり5人)に20万円、後期課程からの選抜者(同じく1人)に40万円が給付されます。

【拓殖大学大学院国際協力学研究科】の在学生インフォメーション

在学生の内訳

在籍者66名中、32名が女子学生、60名が留学生。

同大学調べ(2022年5月)

問合せ先03-3947-7854(学務課(大学院))ホームページはこちら