1. 大学 大学院トップ
  2. 在学生・修了生インタビューTOP
  3. 姫路大学 教育学部 在校生・修了生インタビュー

姫路大学教育学部こども未来学科 通信教育課程

検討リストに追加

  • 教育
  • 兵庫県
  • 通信制
新しい可能性を見つけるため
テニスと勉学を文武両道で頑張れる環境に惹かれて入学しました

寺西 瑞希さん(20歳)

幼少のころからテニスをしており、勉学と両立させるために通信制の大学を志望。テニス部の高い実績と、充実した通信支援に惹かれ、姫路大学に2019年4月入学。

入学の動機は?

小学生のころからテニスをしていて、高校卒業後もテニスと勉学を両立して頑張りたいと考えていました。そんな中、大学テニスの強豪校であり、通信教育も充実している姫路大学に出会い、入学を決意しました。
私は養護教諭免許取得コースに所属しており、きっかけは高校生のころに出会った保健室の先生でした。とても優しい先生で、部活や学校生活に疲れた時など、よく相談にのって頂きました。「養護」という視点から人の心に寄り添うことについて、私も学びたいと思いこのコースを選びました。

大学の学びで得たものは?

テニスという個人競技をしていたこともあり、私はよくも悪くも自分に集中してばかりで、人と意見が食い違うと「それはおかしい」と一方的に決めつけてしまう傾向がありました。
しかし、子どもの心理や、問題行動の背景などを学ぶことで、子どもたちをふくめ、人々の行動にはさまざまな背景があり、1つの視点だけで考えてはいけないと思えるようになりました。
養護の学びを通して得た人に寄り添うための知識・技術を生かして、将来のキャリアに活かしていきたいと考えています。

私のオススメ科目

特別支援論

子どもたちの障害や支援を学びます。障害と聞くと「守らないといけない」と思いがちですが、障害をもつ子どもからするとその状態が「普通」です。さまざまな視点から、子どもたちへのサポートのあり方を考えます。

教育心理学

子どもたちの心理や記憶の仕方などについて学びます。子どもたちの行動の背景について知ることができ、教員をはじめ周囲の大人たちがどのように寄り添うべきかを学ぶことができました。

精神保健

いじめやひきこもりなどの構造や、その対処を学ぶことができます。子どもたちの成長過程や精神について知った上で教員がどのように声をかけ、対応していくかを考えられます。

お金のやりくり法

学費は家族から支援を受けています。実家暮らしなので、非常に助かっています。

ある一日のスケジュール

6:00起床。テニスの部活があるので、毎日大体決まった時間に起きています。
9:00大学に登校。部活の準備をします。
9:30~13:00テニスの部活に参加。4コートで打ち合いをしたり、監督が考えたメニューで練習をします。
監督が毎日コートに来て指導をして頂けるので、とても助かっています。
15:00部活後は図書館で調べものなどを済ませてから帰宅します。大体15時ごろに家に着くことが多いです。
16:00勉強。教科書を読み、分からないところや疑問に思った箇所は、ネットや図書館で借りた参考図書などと照らし合わせながら情報収集をします。
18:00大体毎日2時間程度勉強をして、あとは自由時間にしています。
23:30部活があるので早めに就寝。明日に備えます。
問合せ先079-247-7393(通信教育事務部)ホームページはこちら