1. 大学 大学院トップ
  2. 通信制[教育]一覧
  3. 東京未来大学 通信教育課程 こども心理学部 通信支援・制度

東京未来大学通信教育課程 こども心理学部こども心理学科

検討リストに追加

サポートシステムとしてのスクーリング・メディア授業

4つの学習方法を組み合わせて受講し、単位を修得

4つの学習方法で、単位を修得していく。

◆テキスト科目
自宅で指定教科書や学習の手引き等を参考に学ぶ。いつでもインターネット上で質問が可能。定期試験(中間試験・単位修得試験)は全てWeb受験のため、自宅で試験に臨める。

◆スクーリング科目(対面授業)
土日祝日、夏期を中心に年間8日程で開講。社会人も通いやすく、仕事と両立させる学生が多い。遠方の学生は大学と提携する学生寮を格安で利用できるほか、夏期には学内に託児室(有料/未就学児対象)が用意される。
 
◆スクーリング科目(メディア授業)
約1ヵ月間の受講期間内に動画の授業を視聴して受講。受講期間中の確認テストや質疑応答は全てWeb上で完結できる。

◆テキストスクーリング科目
2単位のうち、1単位分をテキスト科目、もう1単位分をスクーリング(対面授業)で実施。テキスト科目の学習期間開始とともに学習を始め、所定の時期にスクーリング(2日間)に参加、課題に合格することで単位を修得できる。

着実な単位修得をサポートする【2セメスター・8ターム制】

教科書を用いたテキスト科目は、1年を2つのセメスター(春学期・秋学期)に分け、それぞれを4つのターム(学習期間)に分割し、短期集中型で学べる独自のシステムを構築。着実に単位を修得できる環境を整えている。

◆最大2科目を短期間で集中して学習
各ターム(学習期間)は約1ヵ月で構成されており、それぞれ最大2科目を履修することが可能なので、短期間に集中して学習できる。

◆単位修得が着実にできていると実感できるシステム
ターム(学習期間)毎に単位を着実に積み重ねていくので、単位を修得できたことによる自信が付き、学習を継続するモチベーション維持にも繋がる。

◆計画が立てやすく効率の良い学習が可能
年に2回(春学期と秋学期の最初)の履修登録期間があり、開講表を参考に履修登録科目を決定。各学期が4タームに分割されているので、学習計画が立てやすく、学習も効率よく進められる。

一人ひとりの学習を支援【キャンパスアドバイザー(CA)制度】

学生一人ひとりに担当の「キャンパスアドバイザー(CA)」が付き、学習支援を行っている。通信教育課程での学びのモチベーションを継続させ、不安や疑問を解消する独自のサポート制度だ。一人ひとりの履修状況や目指す資格・教員免許をしっかり把握した上で学習面のアドバイスを行い、同時に精神面でも支えになるよう、生活との両立や学習の進捗などさまざまな相談に対応してくれる。

学生の負担を軽減する【eラーニングを活用した学習環境】

パソコンからアクセスすることで、コース情報(シラバス)を確認して学習を進めたり、Webで試験を受けたりすることが可能。さらに、自宅のパソコンからスクーリングを受講できる科目(メディア授業)も開講している。大学独自の掲示板が用意されており、質疑応答や、ともに学ぶ仲間たちとの情報交換、成績確認、各種手続きまで学生生活に必要な全ての情報にアクセスできるのも魅力だ。

◆「いつでも」「どこでも」試験を受けられる「Web受験」
自宅で学ぶテキスト科目の定期試験(中間試験・単位修得試験)は、「テスト形式」「レポート形式」ともに全てWebで受験できる。 試験期間は原則3日間で、期間中は24時間いつでも受験可能。試験時に大学や会場に足を運ぶ必要もない。オリジナル教科書や学習の手引き等を参考に、分からない部分はいつでもインターネット上で質問することが可能。ライフスタイルに合わせて、落ち着いて試験に臨めることもメリットだ。

スクーリング(メディア授業)で資格が取得しやすい!

スクーリング(メディア授業)により、資格取得がめざしやすい環境を用意。対策講座など資格取得のためのサポートも充実している。

◆認定心理士
認定心理士資格取得に必要なスクーリング科目のうち、2科目を自宅で学習できる。1科目あたり約20時間の授業×2科目=約40時間を、スクーリング(メディア授業)で自宅のパソコンで学べるため、来学負担が大幅に軽減される。

◆教員採用試験対策講座
例年2回開講され、試験対策を熟知した教員の指導が受けられる(一部有料)。

◆各種資格取得講座
通学課程で開講している「資格取得講座」の受講が可能。パソコンスキルや語学力に関する資格をはじめ、保育士国家資格対象講座やベビーマッサージ・介護職員初任者研修など、多彩な講座を開講している。

スクーリングの会場

無理なく受講できるよう【対面授業】と【メディア授業】を用意

大学で対面式の授業を受講する【対面授業】、自宅のパソコンで授業を受講できる【メディア授業】の2つのスクーリングを用意。スケジュールに合わせて無理なく受講することが可能だ。

◆対面授業
東京未来大学キャンパスで実施。仕事や家事・育児などと両立して学ぶ学生が受講しやすいよう、年に8日程開講。「週末(4日間)スクーリング」「短期(3日間)スクーリング」「夏期スクーリング」の3つのスタイルから選べる。

◆メディア授業
自宅のパソコンからスクーリングを受講。視聴期間内(約1ヵ月)であれば、24時間いつでもどこでも受講でき、ライフスタイルに合わせた学習が可能。

卒業に必要なスクーリングの単位の有無

正科生(1年次入学)の卒業要件単位数124単位以上のうち、スクーリング科目で30単位以上の単位を満たす必要がある。ただし、正科生(3年次編入学)はこの限りではない。各コース・個人によって異なるため、詳細は大学までお問合せを。

問合せ先0800-888-5071(フリーコール)ホームページはこちら