1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[芸術・工芸・デザイン]一覧
  3. 静岡文化芸術大学大学院 デザイン研究科  研究科・学科・プログラムTOP

静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】で学べる内容

デザインマネジメント

企業経営・商品開発や地域活性化のデザイン戦略やマネジメント研究

都市・環境デザイン

建築・都市・環境デザインが果たす社会的役割や計画・設計・手法研究

映像・マルチメディア

CG、アニメーション、Web、インスタレーションなどの研究・制作

プロダクトデザイン

各種工業製品の企画・デザインの研究やプロトタイプの制作・提案

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
面接:口頭試問(外国語検定試験結果含) 筆記:専門・基礎

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】のサポートチェック

アクセス良好JR「浜松駅」北口から徒歩15分
奨学金制度独立行政法人 日本学生支援機構等
長期履修制度2年分の授業料で3年の在学が可能

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】の沿革・概要

社会を見据え、新たなデザインを探求する

いまデザインは、深く社会に関わり、美しい問題解決の手段として期待されている。デザイン研究科では、人間や社会、地球環境に対する深い造詣とモノづくりへの情熱をベースとして、 企画立案能力から実務的設計能力までの高度なスキルと、これからのデザインのプロフェッショナルとして必要な幅広い専門知識と実践的応用能力を高め、研究活動を通して新たなデザインを探求し、社会の要請に応える人材を養成する。また、同研究科が指定する授業科目の単位を修得すれば、一級建築士受験資格に定める実務経験2年として認められ、実務経験が不要となる。

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】の研究科・学科・プログラムの特色

実践的な研究領域を設置

高度情報化や高齢化の進展、循環型社会への転換など、大きく変化する時代環境にあって、デザインへの要請は広がりをみせるとともに、幅広い専門能力が求められるようになっている。デザイン研究科では、そのような社会的要請に応え、より高度なデザイン人材を養成するために、実践的な領域を設置。担当教員は同学学部の所属学科や専門の枠を越えて必要な研究指導を行っている。また、学士課程で身につけた幅広い知識と創造的思考力や社会人として獲得した実務経験をベースに、人間・社会・地球環境に対する企画・立案から設計に至るまで、デザインに必要な体系的知識と実践的応用能力を身につけた学生に修士(デザイン)の学位を授与する。

カリキュラム構成の特徴

3段階構成のカリキュラムで専門知識と実践力を段階的に養成

カリキュラムは3段階構成で、入学後指導教員を選び、科目履修を行う。 ※一級建築士受験資格取得可
1.特論領域
各デザイン分野に対応した少人数の専門科目により構成。各特論科目の履修を通じ、高度な専門知識の習得を図る。学際的アプローチ能力を高める為に専門領域を横断した科目履修を基本とする。
2.演習領域
特論演習と学外実習で構成、特論領域の内容を深化・発展させ、実践的な能力を習得。特論演習は各特論科目に対応して開講、各自の研究計画に沿って科目を絞り込み履修。
3.特別研究
指導教員のもと研究活動を推進し、その成果を修士論文または修了制作として2年次末に提出。

学べる内容

学べる専門分野

●デザインマネジメント●ソーシャルデザイン●エルゴデザイン●地域産業デザイン●パッケージデザイン●造形デザイン●インダストリアルデザイン●CADデザイン●インターフェイスデザイン●メディアデザイン●インタラクションデザイン●WEBデザイン●都市デザイン●ランドスケープデザイン●建築デザイン●構造デザイン●環境設備デザイン●基礎造形●デザイン史●ユニバーサルデザイン●プロダクトデザイン●インテリアデザイン

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】の在学生インフォメーション

在学生データ

学内出身者 40%  学外出身者 60%

同学調べ(2022年4月現在)

【静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科デザイン専攻】に資料をお取り寄せいただいた際の送付物

送付物大学院案内(学生募集要項は同学Webサイトからダウンロード)
所在地静岡県浜松市中区中央2-1-1
アクセスJR「浜松駅」北口から徒歩15分
問合せ先053-457-6401(入試室)ホームページはこちら
リストの資料をまとめて取り寄せる