1. 大学 大学院トップ
  2. 通信制[教育]一覧
  3. 武蔵野大学 通信教育部 科目一覧

武蔵野大学通信教育部教育学科 小学校専修・国語科専修・英語科専修

検討リストに追加

授業科目一覧

小学校、国語科、英語科の各専修で取得できる教員免許状に応じて教職科目を展開。『学科基礎科目』『学科基幹科目』では初等・中等教育のベースとなる教職関連科目を開講し、『学科展開科目』では各免許状取得に必要な教職関連科目を、初等教育、中等教育、教科の指導法、教科に関する科目を開講している。さらに人間科学部人間科学科の科目を一部履修でき、現代の教育現場で求められる心理学視点も養うことができる。

基礎科目

大学基礎

この「大学基礎」は、武蔵野大学通信教育部での学習の入門科目にあたります。この科目では、武蔵野大学通信教育部での学習に用いるWBT(Web-Based-Training)システムの使い方を理解します。さらに大学生としての学びの姿勢とレポート作成を中心とした技術についても理解します。この科目を学ぶことで、今後の武蔵野大学通信教育部での学習が円滑に進められることをねらいとしています。

学科科目

教職論

教育職の意義や役割、服務や身分はどうであるか、どのような専門性や研修が求められているかなど、様々な事例などを用い、協議・検討を加えながら理解を深めていく。

教育原理

教育がさまざまなアプローチから成立することを理解し、教育をとらえるためのさまざまな原理を理解する。

教育相談

子どもが育つ過程で、周囲の人々(保護者・保育者・教師など)に「困ったこと」が捉えられたとき、保育の場で相談活動が必要とされる。本科目では、カウンセリングマインドを生かした子ども理解、発達課題への対応、親との相談活動の基本を学んでいく。

教育相談

子どもは学校生活において、様々な問題・危機に出会う。その解決を支援するために必要な「適切に状況を把握する方法」や「具体的な対処法」について考えていく。特に「共感的理解」、「自己一致」に焦点化し、日常の家庭生活においても役立てられるような知見に触れる。

特別支援教育

障害を持つ子どもに接するとき私たちが無意識にもつ考え方を意識化して捉え、障害を多面的に捉えられるようにする。障害を持つ子どもの教育について、基礎知識を修得する。

問合せ先042-468-3481ホームページはこちら