1. 大学 大学院トップ
  2. 在学生・修了生インタビューTOP
  3. グロービス経営大学院 経営研究科 福岡校 在学生・修了生インタビュー

グロービス経営大学院経営研究科 福岡校

検討リストに追加

  • MBA
  • 福岡県
  • 大学院
専門性を高めるため
ビジネススキルはもちろん、リスクを恐れずに挑戦する自信を手に入れました

大峰 鉄平さん(34歳)

慶應義塾大学卒業後、九州旅客鉄道株式会社入社。総務部門勤務、出向などを経て、事業開発本部へ異動。2019年グロービス経営大学院入学。翌年、希望部署の総合企画本部へ。2021年修了。

入学の動機

入社6年目で本社勤務となり、新規事業のプロジェクトメンバーに選ばれました。しかし、それまでの経験では立ち行かず、マーケティングや経営戦略、ファイナンスなど、経営に関する体系的な知識を学ぶ必要性を強く感じていました。中小企業診断士の勉強を始めたものの知識のインプットに終始していることに気がつき、「このままではいけない」とグロービスの体験クラスに参加。実践を重視した教育と価値観が異なる人たちと共に学んでいく刺激的な環境に魅力を感じ、入学を決心しました。

大学院で学んで得たこと

入学後は会計分野、ファイナンス分野を重点的に学びました。さらに「経営道場」「企業家リーダーシップ」などの科目を通じて、自身の心と向き合い内省する時間を多く持つことができました。また、多様な人的ネットワークの形成を図れたことも印象に残っています。グロービスでの学びを通じて、ビジネススキルの会得はもちろん、リスクを前向きに捉えられるようになれたことが大きな収穫です。何かに挑戦しようする場面で失敗を恐れる不安よりも、成長できるという期待が上回ることが増えました。

私のオススメ科目

クリティカル・シンキング

素早く、かつ深く考える習慣を鍛えられる科目です。受講後は未知の分野の仕事であっても自分なりに仮説を立て、「最短で目標を達成するにはどうすればよいか?」と考えられるようになりました。

人材マネジメント

人事を企業全体の経営戦略視点から捉えられるようになりました。「伝統的な企業をどう変革するか?」といった実践的な課題を考える機会になり、制度設計において絶対の正解がないことを改めて気づかされました。

ファイナンス基礎

企業が将来生み出す価値を見極める分析手法と考え方を学ぶ科目です。会計や財務の業務に携わったことがなく受講前に不安も感じていましたが、ファイナンス分野を学ぶことが楽しくなり受講後は得意分野となりました。

お金のやりくり法

これまでの貯金と専門実践教育訓練給付制度を利用し、学費に充てました。また、本科入学前に単科生制度を利用し、トータル3年での修了でしたので、ゆとりのある資金計画を立てることができました。

進学を決めるまでの道のり

27歳2015年2月:結婚。第1子誕生。公私ともに充実した時期でした。
29歳2017年7月:「クリティカル・シンキング」を単科生として受講。会社全体の仕組みに興味を持ち、独学で中小企業診断士の勉強を始めた時期でした。一方で、独学に限界を感じ、社外での学びの機会を求めていました。
31歳2019年4月:1年9ヶ月の単科生としての受講を終え、さらなる成長を求めてグロービス経営大学院の本科へ入学。
32歳2020年4月:総合企画本部(IT推進部)へ異動。大学院での学びを総合的に活かせる機会をいただきました。
33歳2021年4月:グロービス経営大学院修了。しばらくは家族との時間を中心とした生活に切り替えました。
34歳2022年4月:学んだことを後輩に伝え、同時に後輩から素直な姿勢で学ぶことを心掛けています。学びに終着駅はありません。
問合せ先https://mba.globis.ac.jp/inquiry/ホームページはこちら