1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[教育]一覧
  3. 香川大学大学院 教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)  研究科・学科・プログラムTOP

香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)

【香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)】で学べる内容

教育学

生徒指導、道徳教育、学級経営、授業論、特別支援教育

【香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般選抜
※面接は口述試験とする

【香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)】のサポートチェック

短期履修学生制度条件によって1年間で終了可能
長期履修学生制度最長4年までの就学が可能
小学校免許取得コース3年の履修で小学校教員免許を取得

【香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)】の沿革・概要

高度な研究能力及び教育実践力を有する専門職業人の育成

香川大学大学院教育学研究科は教職経験や学部における専門教育の上に、さらに専門的知識、高度な実践的指導力、研究能力、倫理観・社会的責任、グローバルマインドを育成することによって、多様化 ・複雑化する学校教育の諸課題の解決に寄与するとともに、地域福祉や地域文化の向上に寄与できる人材の養成を目指す。

【香川大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)】の研究科・学科・プログラムの特色

地域の教育課題に対し、より実践的に学べる教職大学院

これからの学校教育を担う教師には、確かな専門性に立脚した分析力・構想力 と、複合的な学校課題や教育課題に組織的に対応できる実践力、発達障害を含む 子どもの多様性や個別性を理解した上で普通教育と特別支援教育をともに実行できる実践力が求められている。
同教職大学院では、学校教育に関する理論と実践を教授研究し、学校現場の課題について、理論と実践の架橋・往還を可能とするカリキュラムを構築。特に、同学の特色は、「生徒指導と道徳教育に関する指導力育成」と「特別な教育的支援を必要とする通常学級在籍児童生徒に対する指導力育成」に力点を置いたカリキュラムになっている点である。

学べる内容

授業科目一覧

<共通科目>カリキュラム編成の理論と香川の教育/生徒指導と教育相談の理論と実際/道徳教育の実践研究/発達支援を視点とした教育と医療/教科学習でのつまずき・困難への指導 <授業力>教材開発の理論と実践 <学校力>学級経営・学年団経営の組織論 <特支>特別支援教育コーディネーターの役割とリソースの活用

所在地香川県高松市幸町1-1
アクセス・JR高徳線「高松駅」→「昭和町駅」下車徒歩5分
・JR高松駅より約20分
問合せ先087-832-1405ホームページはこちら
リストの資料をまとめて取り寄せる