1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[MBA]一覧
  3. 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻

検討リストに追加

【筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻】で学べる内容

Marketing Management

マーケティングの基礎的なコンセプト、理論、方法について学ぶ。

Corporate Finance

コーポレート・ファイナンスにおける基本コンセプトを学ぶ。

Professional Manager

マネージャーとして能力を発揮するための実践的なスキルを学ぶ。

Case Study

ケーススタディを通じ、実践的なメソッドを学ぶ。

Overseas Business

提携する海外のビジネススクールにおける短期研修

【筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般選抜

【筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻】のサポートチェック

土日・週末に開講夜間(18:20~)or土曜日開講

【筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻】の沿革・概要

1989年に設立された、日本初の社会人のための夜間大学院

筑波大学大学院ビジネス科学研究科は、我が国初の社会人のための夜間大学院として1989年に設立。当初は企業の経営課題の解決に必要な能力を育成する経営システム科学専攻(修士課程)からスタートしたが、90年に企業の法律問題に対応できる専門職業人を育成する企業法学専攻(修士課程)、96年には企業の経営と法律の問題をさらに専門的に研究する博士課程企業科学専攻を設置。2005年には、新たな社会のニーズに対応する専門職大学院として、MBA教育を英語で行う国際経営プロフェッショナル専攻と、法曹養成を目的とする法曹専攻が設立。社会人が属する企業や組織が抱える課題を専門的に研究し、働きながら学位を取得できる教育機関となっている。

【筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻】の研究科・学科・プログラムの特色

国際ビジネスにおいて活躍するグローバルマネジャーを育成する

国際ビジネスにおいて活躍するグローバルマネジャーを育成する専門職大学院として2005年に開設され、全ての科目が、国際ビジネスの共通言語である英語により開講されている。約半数が外国人教員という国際性豊かな教育環境で、世界23ヵ国から来日したビジネスパーソンが学ぶ国際ビジネススクールとなっており、教育の特色として、ビジネススクールの基盤領域である(1)組織経営、(2)事業戦略に、国際ビジネスに必須な(3)国際対応、日本的経営の強みである(4)応用情報を加えた4領域の学際的なアプローチにより、国際力・情報力に優れた実践的マネジメント能力の育成を目指す。

学べる内容

授業科目一覧

Organizational Management, Human Resource Management, Marketing, Business Strategy, Corporate Finance, Accounting, Global Management, Operations Management

所在地東京都文京区大塚3-29-1
アクセス東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車出口1より徒歩3分程度
問合せ先03-3942-6918ホームページはこちら