1. 大学 大学院トップ
  2. 通信制[教育]一覧
  3. 大阪芸術大学短期大学部 通信教育部 学部・学科TOP

大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科

検討リストに追加

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】で学べる内容

保育・教育学

理論と実技をバランスよく学び、子どもたちへの寄り添い方を見つける

音楽・図画・工作

芸術系短大ならではの豊かな内容で、保育で必要な表現技術を磨く

保育・教育の心理学

心理を学び、子どもたちの気持ちや行動の背景を知る

特別支援教育・保育

子どもたちの障がいや個性に寄り添う方法を学ぶ

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
選考
提出した出願書類により選考。入学試験は実施しない。

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】の特徴チェック

資格・免許保育士・幼稚園教諭2種免許など
芸短の表現学習芸術短大ならではの豊かな表現学習
附属幼稚園附属の幼稚園などで充実の実習

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】の学部・学科の特徴

芸短ならではの豊かな保育表現学習と附属幼稚園での充実した実習

取得したい資格や学習期間に応じて選択できる2つのコース

「幼稚園コース(2年制)」と、「保育コース(3年制)」の2コースを用意。自分の目的に応じて深く保育と教育について学ぶことができる。
●幼稚園コース(2年制)
2年間で幼稚園教諭2種免許状の取得をめざすコース。
保育のプロフェッショナルとしての専門知識と、幼稚園での「教育実習」をはじめとする豊富な実践科目を通じて、子どもと触れ合うことの楽しさを学ぶ。
また、経験豊富な教員陣による丁寧な指導と、着実に資格取得をめざせる段階的なカリキュラムで、初心者でも安心して学ぶことができる。
●保育コース(3年制)
3年間で保育士資格、幼稚園教諭2種免許状、社会福祉主事(任用)資格の取得をめざすコース。
子どもとのコミュニケーションはもちろん、保護者や地域とのかかわり方などを学び、社会が求める保育に柔軟に対応できる力を磨く。
卒業後は資格を活かし、保育所のほか、乳児院、児童養護施設、幼稚園など、幅広いフィールドでの活躍が可能。

芸術系短大ならではの充実した環境で、保育の理論と実技を修得

「保育とは何か」「保育者として必要な資質とは」といった、保育者として子どもたちと触れ合う上で大切にしなければならない意識をまず学び、そのうえで「保育原理」や「教育原理」といった理論と、「ピアノ・歌」「図画・工作」といった表現技術をバランスよく習得していく。
音楽科目のスクーリング授業は、音楽学科、演奏学科を有する大阪芸術大学(グループ校)のピアノレッスン室など、充実した音楽施設も使用。芸術系短大ならではの環境を活用し、保育で必要とされる表現技術を磨く。
自宅学習で使用するテキストは丁寧なガイドを設けており、1人でも無理なく学習を進めていくことが可能。分からない点が見つかった場合はメールなどで質問することで、担当教員からフォローを受けることができる。

附属幼稚園で、充実した実習が受けられる。地元での実習も可能

大阪市内2園、大阪府下2園の計4つの附属幼稚園で「教育実習」を行うことができ、充実した環境で実践力を磨くことが可能。現場の先生方のサポート体制も充実しており、安心して実習に取り組める。もちろん地元の幼稚園で実習を行うことも可能。
教育・保育実習の際は、事前の「教育実習指導」「保育実習指導」で指導計画の立て方から実習記録の書き方、模擬指導実践などをしっかりとレクチャー。自信を持って幼稚園や保育所での実習本番に臨むことができる。

学費・標準在籍期間

■初年度納入金について
15万円
(選考料・入学金・授業料・教育充実費ふくむ)
スクーリング受講料
1科目:7,000円(学外スクーリングの場合8,500円)

■標準在籍期間について
幼稚園コース:2年
保育コース:3年

2021年4・10月生募集要項

■募集定員
幼稚園コース:250名
保育コース:250名

■入試方法
出願書類による審査のみ

■出願期間
4月入学生:2021/2/1~4/30 必着
10月入学生:2021/8/2~9/30 必着

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】の在学生インフォメーション

男女比

2:8

同学調べ(2020年10月現在)

【大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科】に資料をお取り寄せいただいた際の送付物

送付物パンフレット、願書など
所在地大阪府南河内郡河南町東山469(短大通信教育部 事務室)
大阪府大阪市東住吉区矢田2-14-19(短大所在地)
アクセス●短大通信教育部:近鉄南大阪線「喜志駅」 スクールバス10分
問合せ先0721-93-3759(大阪芸術大学短期大学部通信教育部事務室)ホームページはこちら

デジタルパンフレットを見る(無料)