1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[情報・IT系]一覧
  3. デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科 募集概要・Q&A

デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科デジタルコンテンツ専攻

検討リストに追加

【一般入試】2022年4月生 募集概要

入試日程などの募集概要については、新型コロナウィルスへの対策状況により変動する可能性があります。最新情報についてはHPなどでご確認ください。

授与学位修士(DCM/デジタルコンテンツマネジメント)
定員80名
入学月4月
履修期間2年
出願期間※2022年4月生の入試情報は公式サイトにて公開(7月公開)
試験日※2022年4月生の入試情報は公式サイトにて公開(7月公開)
合格発表※2022年4月生の入試情報は公式サイトにて公開(7月公開)
試験科目●書類審査
●面接審査
※2022年4月生の入試情報は公式サイトにて公開(7月公開)
初年度納入金149万3000円
※別途、学研災保険1,340円ならびに、初年度のみ校友会費3万円がかかります。
※上記は一般合格の場合。特別奨学生合格の学費は募集要項参照。
※2022年4月生の入試情報は公式サイトにて公開(7月公開)

【デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科デジタルコンテンツ専攻】に関するQ&A

Q働きながらでも修了は可能ですか?
A A 可能です。社会人が働きながら学位を取得するために設計された、専門職大学院です。授業は平日夜間と土曜日に実施しており、標準履修年限の2年間で修了する場合は一週間あたり2~4日の通学頻度となります。
Q出願にあたり研究計画書の準備や教員との事前面談は必要ですか?
A 入学試験の前に、詳細な研究計画書の準備や教員との面談を事前に済ませておく必要はありません。大学院入学後のイメージを明確にするために、教員との面談を希望される方は大学院事務局までお気軽にご相談ください。
Q入学時、コンピュータの知識やスキルはどの程度必要ですか?
A コンピュータについては、授業を受ける上では基本的な操作や概念を理解して頂いていれば大丈夫です。またアプリケーションについては、入学時に、基本的なビジネス文書の作成が出来る状態であれば問題ありません。
Q在学中に異動等で通学できなくなった場合学費はどうなりますか?
A 通学が全く困難な状態になり、かつ復帰できる見込みがある場合は最長2年間まで休学することが可能です。その間は学費は発生しません。
Q大学を卒業していない場合、出願できますか?
A 本学ホームページ募集要項の「出願資格」をご確認ください。大学を卒業していなくても出願可能な場合があります。
Q「特別奨学生制度」とは何ですか?
A 教育内容(ビジネス・クリエイティビティ・テクノロジー)に関連する企業や団体で高度な実績や能力・経験を有する方等を対象に授業料を減免する制度です。詳細は募集要項をご覧いただくか、個別にお問合せください。

【デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科デジタルコンテンツ専攻】の在学生インフォメーション

在学生の内訳

◆属性/社会人 63%、大学生 14%、留学生 23% ◆年代/20代 61%、30代 28%、40代 9%、50代 2%

同学調べ(2020年3月在学生)

問合せ先0120-019-236(事務局)ホームページはこちら