1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[経済・経営・商学]一覧
  3. 国士舘大学大学院 経済学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

国士舘大学大学院経済学研究科

検討リストに追加

【国士舘大学大学院経済学研究科】で学べる内容

経済学

税法史、国際租税法、租税論・租税法研究、地方財政論・地方税法研究

【国士舘大学大学院経済学研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般選考
社会人選考
英語は、英語、独語、仏語の中から1か国語選択

【国士舘大学大学院経済学研究科】のサポートチェック

昼夜開講制社会人でも受講しやすい環境を整備
土曜日開講社会人でも受講しやすい環境を整備
教育訓練給付制度教育訓練給付制度あり
好アクセス新宿、渋谷からのアクセスも良好
資格税理士試験一部免除

【国士舘大学大学院経済学研究科】の沿革・概要

「学生を親切に」をモットー

経済学研究科は1965(昭和40)年に開設され、建学の精神を踏まえつつ、時代や社会の要請に対応できる人材を多数世に送り出してきた。現在は透明性、公正性の原則とともに、「学生を親切に」をモットーに教職員一体となって取り組んでいる。
広義の経済学は、理論、歴史、政策の3分野に大別されますが、「財政学」の分野にも力を入れ、「税法史」「国際租税法」「租税論・租税法研究」「地方財政論・地方税法研究」などの科目を設置し、経済学の研究者養成とともに、税務に従事する高度な専門職業人の養成をも目指している。今日では、多数の修了生が、税理士界で活躍している。

【国士舘大学大学院経済学研究科】の研究科・学科・プログラムの特色

社会に貢献できる経済分野の専門家の育成

「社会に貢献できる経済分野の専門家の育成」を理念に、研究者の養成と高度専門職業人の育成を教育目標に掲げている。
博士課程では、博士学位の請求論文の完成に向けて、懇切丁寧、きめ細かな指導を行っている。学生一人に対して指導教員による個別指導に加え、複数教員による集団指導も実施している。修士課程の高度専門職業人の育成カリキュラムでは、専門的な学識の涵養に力を入れている。特に、財政、租税などの税法的研究に力を入れ、税理士試験の一部が免除される履修制度を導入し、関連するカリキュラムの充実を図っている。外国人留学生の受け入れ体制の整備にも取り組んでいる。

税理士試験一部免除(税法)

社会人が学ぶ環境整う

税理士資格関係科目の一部免除申請の要件を満たしている。「地方財政論・地方税法研究」「租税論・租税法研究」「国際租税法研究」を専修科目とし、税法に関するテーマを研究した修士論文を完成させる必要がある。特に、職業を持ちながら、自己の研究を進めたい人あるいは資格取得を目指す人のために、社会人選考を設けて積極的に受け入れている。試験科目は、一般選考区分に比べ科目の負担を軽減し、面接を重視している。また授業料の減額措置や授業時間も土曜日や夜間に開講するなどの配慮をしている。税理士を目指す多くの仲間と学ぶ環境が整っている。

学べる内容

主要科目例

ミクロ経済学研究/マクロ経済学研究/日本経済史研究/西洋経済史研究/ヨーロッパ思想史研究/国際経済研究/国際租税法研究/租税論・租税法研究/地方財政論・地方税法研究/国際マクロ経済学研究/アジア経済研究/労働経済研究/計量経済学研究/経済統計研究/財務会計研究/企業経済研究/経済学史研究

【国士舘大学大学院経済学研究科】の修了生インフォメーション

修了生の内訳

2021年3月修了生:7名中3名税理士試験科目免除希望、4名留学生

同大学調べ(2021年4月)

【国士舘大学大学院経済学研究科】に資料をお取り寄せいただいた際の送付物

送付物大学院案内、募集要項
所在地東京都世田谷区世田谷4-28-1
アクセス小田急電鉄梅ヶ丘下車徒歩9分
東急世田谷線松陰神社前駅または世田谷駅下車、徒歩6分
問合せ先03-5481-3140(教務部大学院課)ホームページはこちら