1. 大学 大学院トップ
  2. 学問分野別ガイド

保育・幼児教育ガイド保育・幼児教育の基本情報/最新事情/めざせる資格/なるには

社会人が未経験から保育士や幼稚園の先生をめざすなら、通信制大学・短大への進学がお勧めです。保育士はいきなり国家試験を受験するというルートもありますが、大学・短大の保育士養成コースで学べば無試験で資格取得が可能。そのほか、認定こども園などの最新事情、保育士と幼稚園教諭のW取得などについても解説します。

保育士・幼稚園教諭がめざせる通信制大学とは

社会人になってから、改めて保育士や幼稚園の先生をめざす人にとって、保育士や幼稚園教諭免許状が取得できる通信制大学は強い味方。仕事を辞めて通学制の大学・短大や専門学校に通うのはハードルが高いですが、通信制なら仕事を続けながらチャレンジすることも可能だからです。

保育士、幼稚園教諭ともに大学・短大で所定の単位を修得し、卒業すれば無試験で取得できます。幼稚園教諭二種免許状は通信制短大で2年間、幼稚園教諭一種免許状は通信制大学に1年次入学または編入学して2〜4年間学ぶことで取得可能。保育士は通信制短大の3年制コースや通信制大学の2年次編入学で3年間学んで取得するのが一般的。中には3年次編入学で2年間学んで保育士が取得できる通信制大学もあります。

また、保育士と幼稚園教諭は学ぶ内容に重なる部分も多く、両方の資格が取得可能な通信制大学、通信制短大も多数。修得が必要な単位数や実習が増えて大変にはなるものの、両方の資格の同時取得がめざせる通信制大学・短大も少なくありません。

大学で学ぶことのメリットの一つは、資格取得のために必要な科目を履修できるだけでなく、教育学や心理学などの知識を広げたり深めたりできる幅広い科目を履修できること。資格取得と同時に保育や幼児教育のスペシャリストとしての専門性に磨きをかけることができるのも大きな魅力です。

保育士・幼稚園教諭がめざせる通信制大学最新事情

都市部での待機児童問題が社会的にも大きく取り上げられていますが、その要因の一つが保育士の人材不足。待遇や労働環境などが問題とされていますが、改善に向けた国や自治体の取り組みも進んでおり、保育士をめざしている人にとっては、決して悲観するべき状況が続いていくわけではありません。ニーズの面ではチャンスが広がっているといえるでしょう。

また、「幼保一元化」の動きが進んでいることも注目のトピックです。幼稚園と保育所の両方の機能をもつ「認定こども園」は、待機児童問題解消の目的もあって年々急ピッチで増え続けており、2016年には全国で4000を超えました。そこで必要となっているのが保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取得している人材です。

この流れは保育士、幼稚園教諭を養成する養成施設にも波及しており、保育士・幼稚園教諭の同時取得がめざせる大学・短大も増加。実際に両方を取得する学生も増えています。また、すでに保育士を取得している人が幼稚園教諭免許状を、すでに幼稚園教諭免許状を取得している人が保育士を取得するための特例プログラムも多くの大学・短大に設けられており、通信制で受講できるプログラムもあります。

保育士・幼稚園教諭のW資格は、もちろん認定こども園に就職するために必要という面もありますが、それだけではありません。最近のさまざまな研究成果から、乳幼児期の教育がその後の発達に大きな影響を及ぼすことが明らかになっており、保育士にも教育に関する高度な専門性が求められるようになっているのです。もちろん、幼稚園教諭にとっても、保育士取得で仕事の幅や就職先の選択肢が広がるというメリットがあります。

以前は、保育士と幼稚園教諭は、「福祉」と「教育」に明確に区分されていましたが、今や両者が融合する新しい流れがはっきりと生まれています。

めざせる資格は?

保育士

小学校に入学するまでの乳幼児(0〜6歳)を保育するために必要な国家資格です。共働き家庭の増加などでますますニーズが高まっており、保育所や認定こども園のほか、乳児院、児童養護施設、障害児施設、医療機関、児童館、学童クラブ、ベビーホテル、ベビーシッターなど活躍の場は広がっています。

子どもの身の回りの世話をしたり、食事や排泄、着替えなどの生活習慣を身につけさせたり、遊びを通して心身の発達を支援したり、集団生活の中で社会性を養ったりするのが、保育士の仕事内容。保育所での子どもの様子を報告したり、子育てに不安を感じている保護者をサポートしたりすることも大切な役割です。

資格取得の方法は二つあります。一つは保育士国家試験を受験し、合格するルート。保育士国家試験は、大学卒・短大卒の学歴があることなど、いくつかある受験資格の一つを満たしていれば受験できますが、合格率は20%を下回ることも多く、決して簡単な試験ではありません。

もう一つは、大学・短大・専門学校などの保育士養成コースで学ぶルート。この場合、原則3年はかかりますが、無試験で資格を得ることができます。

幼稚園教諭免許状(専修・一種・二種)

幼稚園の先生になるために必要な免許です。短大卒で二種免許状、大学卒で一種免許状、大学院修士課程または専門職課程修了で専修免許状が取得できます。教員養成系の学部・学科、または幼児教育系の学部・学科などに養成コースが設けられています。また、専修・一種・二種すべて通信教育課程で取得することが可能です。

幼稚園で3歳から小学校に入学するまでの幼児を教育するのが幼稚園教諭の仕事です。教育カリキュラムに沿って、運動や音楽、遊びなどを通じて子どもの感性や身体能力の成長を支えるほか、子どもの健康状態のチェックやしつけなども行います。

保育士・幼稚園教諭になるには

社会人が保育士へ転身する場合は、資格取得をめざして仕事を続けながら通信制大学・短大などで学び始めるほか、先に無資格の保育スタッフとしてパートやアルバイトで働き始め、並行して通信制大学で資格取得をめざして学ぶという方法もあります。通信制大学・短大で保育士をめざす場合、取得までに3年以上かかることが多いので、収入面も考えながら、自分に合ったプランを考えましょう。資格取得後は、募集のある保育所などを探し、直接就職活動を行います。アルバイト先や実習先から声がかかることもあります。

幼稚園教諭が目標の場合は、まず資格取得が必要です。通信制大学・短大などで学んで幼稚園教諭免許状を取得し、募集のある幼稚園を探し、直接就職活動を行います。幼稚園の場合は小学校・中学校・高校のような教員採用試験はありません。

就職先の幅を広げるなら、保育士・幼稚園教諭のW取得がお勧めです。その場合は、認定こども園も就職先の選択肢に加わります。認定こども園は、今のところどちらか一方の資格で働いている人もいますが、W取得者が増えていることもあり、両資格をもっていることを必須とする募集が増えているようです。