1. 大学 大学院トップ
  2. 通信制[教育]一覧
  3. 聖徳大学大学院 通信教育課程児童学研究科 研究科・専攻TOP

聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科

検討リストに追加

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】で学べる内容

児童教育学

幼児教育学特論、比較児童教育学特論などの科目を学ぶ

児童心理学

児童発達学特論、発達臨床学演習などの科目を学ぶ

児童福祉・保健学

地域福祉学特論、児童栄養学特論などの科目を学ぶ

保育学/児童文化学

保育社会学演習、障害児保育特論、児童音楽特論などの科目を学ぶ

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
博士前期課程
※書類審査には研究計画書含む

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】の特徴チェック

免許・資格幼小専修免許、学校心理士受験資格
長期履修制度3年、4年、5年より選択
科目等履修1科目からの受講が可能
科目終了試験全国31都市140会場で日曜日に実施

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】の研究科・専攻の特徴

日本の児童学をリードする聖徳の通信制大学院!学校心理士取得も

児童問題を幅広く展望できる豊かな専門知識と実践力を養成

通信教育課程 児童学研究科は、通学制の児童学研究科を基礎として、それと同等の高度な研究と教育を実践。「保育学」「児童教育学」「児童心理学」「児童福祉・保健学」「児童文化学」の5領域で、より深く、より広域な学びを提供している。
1年次には、5領域の基礎論により、各領域の基本問題やその研究方法を代表事例に即して解説。他領域との連携した学びで、児童学を総合的に捉えることができる。今日の児童問題を幅広く展望することの必要性と、児童学研究科の全容を理解したうえで、キャリアアップにつながる修士論文の内容を決められることが、大きな魅力だ。
幼稚園教諭・小学校教諭の専修免許状の取得を目指せるほか、スクールカウンセラーを視野に入れ、学校心理士の指定科目を開講。また、通信制の博士後期課程も開設し、よりハイレベルな研究者の育成を目指している。

保育学・児童教育学・児童心理学など5つの領域を学習・研究

児童学の研究対象を0~18歳とし、そのなかで「保育学」「児童教育学」「児童心理学」「児童福祉・保健学」「児童文化学」の5領域を学ぶカリキュラムを構成。開講科目は必修科目をそれぞれの領域の基礎論と、「課題研究(修士論文)」の6単位のみとし、児童に関連する多彩な選択科目から、各自の研究テーマに応じて自由に選んで履修できるのが特徴だ。修了するためには、所定の科目を30単位以上修得し、併せて修士論文審査・最終試験に合格することが必要となる。修士論文の指導教員は、学生の希望をもとに、研究領域とのマッチングを確認した上で決定する。指導は、質問票やEメールを使った遠隔指導や、日程を予約して指導教員にオンラインや直接会って指導を受ける直接指導を用意。通学生と一緒に定期的なゼミを行う研究室もある。こうして修士論文構想発表会、中間発表会といった一連のプロセスを踏みながら、論文の内容を深めていく。

入学から修了まできめ細かなフォロー体制

自学自習方式の「スタディガイド」等を用いての学習が基本。各科目とも15回分の学習テーマ、主要概念・用語、参考文献等が記載されており、学生各自が主体的に学習と研究を進めていくことができる。通信科目は、1つの科目につき、レポートを2課題提出し、合格後科目終了試験の受験・合格によってはじめて2単位が修得できる。科目終了試験は全国31都市140会場で年2~10回、日曜日に実施され、各地の学生に配慮している。
さらに職業を持っている方が修業年限を超えても計画的に履修できるように、長期履修学生制度(3、4、5年より選択)を用意。授業料も割安となる。なお、併設の川並弘昭記念図書館では、郵送による図書の貸出、文献複写サービスも行っている。

初年度納入金・修業年限

■初年度納入金
博士前期課程・博士後期課程とも105万円/2021年度実績

■修業年限
博士前期課程2年(最長在学年数5年)
博士後期課程3年(最長在学年数6年)
※休学期間は在学年数に算入されない

■取得可能な免許・資格
修士(児童学)、学校心理士(受験資格※要実務1年)、幼稚園教諭専修免許状、小学校教諭専修免許状

2021年度 秋学期生募集要項

■募集人員について
博士前期課程 50名(男女共学)
博士後期課程  5名(男女共学)
※募集人員は春学期・秋学期の合計

■入試の方法について
【博士前期課程】
書類審査(研究計画書含む)、小論文、口述試験
【博士後期課程】
一般入試(出願資格を得て3年未満)/書類審査、基礎科目、専門科目、外国語(辞書持込可)、口述試験
社会人入試(出願資格を得て3年以上/3年未満の場合、職場の長または修士論文指導教員の推薦書を提出できる)/書類審査、専門科目、外国語(辞書持込可)、口述試験
※外国語は英語、フランス語、ドイツ語のうち出願時に1科目選択

■2021年度 入試日程(秋学期)について
【博士前期課程】
<出願期間>
秋学期(A日程)/2021年6月21日~7月5日必着
秋学期(B日程)/2021年8月2日~8月16日必着
<試験日>
秋学期(A日程)/2021年7月11日
秋学期(B日程)/2021年8月22日
※2022年度春学期生は、2022年1月より出願受付。
  詳細は大学院HPを確認。

【博士後期課程】
<出願期間>
秋学期/2021年7月5日~7月26日必着
<試験日>
秋学期/2021年8月22日
※2022年度春学期生は、2022年1月より出願受付。
  詳細は大学院HPを確認。

■受験資格について
【博士前期課程】
下記の要件のいずれかに該当する方
・大学を卒業した方(卒業見込み含む)
・大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された方
・教育職員免許法による小学校・中学校・高等学校・幼稚園の教諭、もしくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有し22歳以上の方
・同学大学院での入学資格審査により大学卒業者と同等以上の学力を有すると認められた22歳以上の方
※詳細は募集要項で確認

【科目等履修生(博士前期課程)】
・小学校教諭または幼稚園教諭の一種免許状を有する方で在職3年以上の方
(指定科目から15単位を修得することで、専修免許状の取得が可能。)

【博士後期課程】
下記の要件のいずれかに該当する方
・修士の学位や専門職学位を有する方(取得見込みを含む)
・外国において、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された方
・文部科学大臣の指定した方
・同学大学院での入学資格審査により修士の学位や専門職学位を有する方と同等以上の学力があると認めた方
※詳細は募集要項で確認

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】の在学生インフォメーション

社会人比率

社会人96%(教員62.2%、公務員5.4%、会社員9.5%、その他18.9%)

同大学通信教育部調べ(2020年10月現在、正科生)

【聖徳大学大学院通信教育課程児童学研究科】に資料をお取り寄せいただいた際の送付物

送付物パンフレット、願書など
所在地千葉県松戸市岩瀬550 聖徳大学5号館2階
アクセスJR常磐線・地下鉄千代田線・新京成線「松戸」駅東口より徒歩5分
問合せ先047-365-1200ホームページはこちら

デジタルパンフレットを見る(無料)