1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[会計大学院(アカウンティング)]一覧
  3. 名古屋商科大学ビジネススクール 会計ファイナンス研究科 名古屋校 募集概要・Q&A

名古屋商科大学ビジネススクール会計ファイナンス研究科 名古屋校

検討リストに追加

【社会人選抜】2022年9月生 募集概要  ※社会人選抜は実務経験3年以上ある方

入試日程などの募集概要については、新型コロナウィルスへの対策状況により変動する可能性があります。最新情報についてはHPなどでご確認ください。

授与学位修士(経営学) 
英文学位:MSc in Taxation/MSc in Accountancy
※履修条件によってはMBA取得も可能
定員65名(年間)
入学月2022年9月
履修期間2年間(最短1年間、最長4年間)
出願期間給費生:2022/5/6(金)~5/21(土)
E日程:2022/6/2(木)~6/18(土)
F日程:2022/7/7(木)~7/23(土)
A.O.方式:選考希望日の2週間前迄に事務局へ申込
試験日給費生:2022/5/28(土)
E日程:2022/6/25(土)
F日程:2022/7/30(土)
A.O.方式:随時
合格発表給費生:2022/5/31(火)
E日程:2022/6/28(火)
F日程:2022/8/2(火)
A.O.方式:随時
試験科目面接、小論文
※税理士試験1科目以上の合格者は小論文試験免除(給費生選考は対象外)
初年度納入金168万5000円(2022年4月入学例)

【名古屋商科大学ビジネススクール会計ファイナンス研究科 名古屋校】に関するQ&A

Q税理士をめざしていますが、週末だけの受講で修了は可能ですか?
A 授業は全て土日の集中授業(10:00~16:40)となります。加えて、国税庁に提出するための修士論文セミナーが基本的には隔週平日金曜夜に開かれ、指導教員より論文指導を受けていただきます。
Q税理士資格と経営スキル、どちらも持つメリットはありますか?
A 昨今、社会からはコンサルティング能力を兼ね備えた税理士が求められています。本学では、資格取得のみでなく、経営者の戦略的パートナーとして様々な助言やサービスを提供できる能力を磨くことも可能です。
Q土・日開催の授業全てに出席しないと修了できないのでしょうか?
A 全てを受講する必要はありません。修了要件単位(40単位)を、2年間で満たすように土日授業(1科目2単位)および修論セミナーを履修していただきます。平均すると、年間の全週末の約4割弱の受講となります。
Q早期修了制度はありますか?
A はい。修了要件単位を満たし、修論審査に合格し、かつ成績優秀で修了ポイント(成績評価)が一定基準を満たしている場合、1年間、または1年半での早期修了が可能です。
Q大学卒業後の進学は可能でしょうか?
A 会計ファイナンス/税法学コースは、大学卒業後、進学が可能。短大、専門学校卒の方は事前に出願資格審査が必要になりますので、本学Webサイトのエントリーフォームからお申し込み下さい。
Q4月入学と9月入学で迷っています。違いはありますか?
A 特にございません。どちらのご入学でも講義受講に有利不利はなく、指導教官がきちんと修士論文フォローを行いますのでご安心ください。

【名古屋商科大学ビジネススクール会計ファイナンス研究科 名古屋校】の在学生インフォメーション

社会人比率:79%

職種・業種:税理士事務所、会計事務所、サービス、金融/保険、公務員、製造、学生など 平均年齢:36歳 年齢層:20代前半~50代後半

同学調べ(2021年3月在学生)

問合せ先052-203-8111ホームページはこちら