1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[経済・経営・商学]一覧
  3. 大阪経済大学大学院 経営情報研究科  研究科・学科・プログラムTOP

研究科・学科・プログラムTOP
大阪経済大学大学院
経営情報研究科

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】で学べる内容

アカウティング

経営・財務に関わる諸問題の理論的検討と実践的提示

ファイナンス

経営・財務に関わる諸問題の理論的検討と実践的提示

情報社会

情報技術と社会科学の融合

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
社会人入試
詳細は同学HPに掲載

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】のサポートチェック

サテライトキャンパス大阪の中心地・北浜にキャンパス
土・夜間に開講平日夜間・土曜日に開講
受講システム科目が選べる科目等履修制度あり
奨学金制度あり授業料相当額の半額を給付!

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】の沿革・概要

人間的実学教育を基軸にした高度専門職業人の育成

大阪経済大学大学院では、「つながる力」をコンセプトに、卒業生をはじめ企業や地域など実社会との強固なネットワークを構築し、同学ならではの教育力、研究力、就職力へと反映させている。さらに、「人間的実学教育」を教学理念にかかげ、実務家講師や専任教員が学生との対話を通してきめ細かに指導するマンツーマン教育のもと、社会で活躍できる専門能力を養成。高度専門職業人の育成や企業人の再教育に注力している。2005年には、商都大阪の中心地である北浜の大阪証券取引所ビルに「北浜社会人大学院」を開設。各業界のリーダーや公認会計士などが時代に即したタイムリーな講義を行っている。

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】の研究科・学科・プログラムの特色

3つの履修モデルで企業を支える情報分野の専門家を養成

経営情報研究科修士課程は、情報分野に関する知識と諸技術を駆使し企業、ビジネス、社会における課題を発見・分析・解決することができる人材の育成を目的としている。修了後は同課程で修得した知識・技能・思考・態度等を総合的に活用し、専門的職業人あるいは研究者として活躍し社会の発展のために積極的に貢献する人材を輩出することを目指している。学生の目指す進路に即した、5つの履修モデル「データサイエンス専門家モデル」「社会調査専門家モデル」「企業財務専門家モデル」「経営情報専門家モデル」「情報教育専門家モデル」を設置している。効果的な学習環境を整備するため、主眼となる研究領域や修得する能力を明確に設定している。

北浜キャンパス

ビジネスエキスパートの実践型教育で社会人の学ぶ意欲に応える

「大阪経済大学北浜社会人大学院」では、平日夜間や土曜を利用して、働きながら修士の学位を取得できる。カリキュラムは2つの科目群で構成し、経済学や経営学をはじめ、会計、ファイナンス、ビジネス法などあらゆるビジネスに共通する基礎知識を学べる「共通科目」と、各研究科の「専攻科目」を配置。豊富な科目群から自分の特性や希望に合わせた履修プログラムを指導教員とともに構築できるほか、「専攻科目」では、経営学・経営情報各研究科の科目を相互履修することができ、経営戦略、マーケティング、アカウンティング、ファイナンスなど経営に関する幅広い領域の知識を学ぶことができる。

学べる内容

専任教員の研究テーマ(一部紹介)

ビジネスモデルと管理会計システムの共進化に関する研究/産業や地域を支える中小企業の新しいビジネスモデルと資金調達のあり方/社会空間情報におけるヒト・モノ・コトの活動に関する研究/教育の情報化について/消費選択における社会性、製品の評価、消費に関わる社会潮流などの研究/学校教育と労働市場に関する実証研究/メディア制度と社会的コミュニケーションに関するマスメディアの規範理論研究/企業を始めとする組織戦略と広告的なメディア・コミュニケーションとの関係/財務会計の理論・制度に関する研究と会計史研究/Webマイニング、情報検索、WebマーケティングやECサイトに関わる研究/都市・地域社会学/家族社会学 など

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】の在学生インフォメーション

社会人比率

50.0%(12名中6名)

同大学調べ(2024年5月)

【大阪経済大学大学院経営情報研究科】に資料をお取り寄せいただいた際の送付物

送付物大学案内、大学院要項、願書
所在地大阪府大阪市東淀川区大隅2-2-8
アクセス阪急「上新庄」駅より徒歩約15分
地下鉄「瑞光四丁目」駅より徒歩約2分
問合せ先06-6328-2431(代)ホームページはこちら

デジタルパンフレットを見る(無料)

リストの資料をまとめて取り寄せる