1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[福祉・医療・健康・生活]一覧
  3. 東北大学大学院 薬学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

東北大学大学院薬学研究科

検討リストに追加

【東北大学大学院薬学研究科】で学べる内容

 医薬製造化学

安全かつ使いやすい新規反応の開発など

分子設計化学

省資源、省エネルギー、環境調和型物質変換プロセスの研究 など

分子制御化学

高選択的有機合成手法の開発など

【東北大学大学院薬学研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般選抜

【東北大学大学院薬学研究科】のサポートチェック

奨学金制度制度あり。詳細は問い合わせ

【東北大学大学院薬学研究科】の沿革・概要

独創的な発想力と国際的競争力を備えた薬学研究者・技術者を育成

東北地方における唯一の国立薬学研究教育機関として、国内外の製薬・化学・食品・材料関連企業、大学、病院、公的機関などにおいて、研究開発、教育、医療、行政などの広い分野で活躍するリーダーを多数輩出。大学院の教育目的は、広範囲な薬学分野の知識と技術を修得し、独創的な発想力と国際的な競争力を備えた薬学研究者・技術者を育成することである。特に、博士前期(修士)課程では、学部教育で獲得した基礎的知識・技術に立脚して、薬の創製から適正使用までの高度な知識と応用力を修得。また、博士後期(博士)課程では、最先端の創薬科学研究、臨床薬学研究を自らの力で推進できる能力を涵養し、優れた研究者に育成する。

【東北大学大学院薬学研究科】の研究科・学科・プログラムの特色

生命薬科学の最新の教育・研究も積極的に行なう

同研究科の博士課程前期2年、博士課程後期3年ともに分子薬科学専攻、生命薬科学専攻の2専攻から成る。また、博士課程 薬学履修課程(4年制)医療薬学専攻から成る。有機化学と物理化学を基礎とする物質科学、生物化学と分子生物学を基礎とする生命科学、病態生化学や薬物療法学などから成る医療科学を三つの基盤とし、それらを統合した薬学教育と研究を実施。また天然物からの薬の発見や薬の精密かつ効率的合成法の開発など、伝統ある分子薬科学の教育・研究はもとより、生命現象の分子メカニズムや薬の作用機構の解明など、生命薬科学の最新の教育・研究も積極的に行なっている。

学べる内容

博士課程前期 分子薬科学専攻 授業科目一覧

分子薬科学特論1/分子薬科学特論2/有機化学特論/医療薬学特論/応用医療薬学特論/応用生化学特論1/応用生化学特論2/分子解析学特論/薬効学特論/生物化学特論/医薬品化学特論/免疫科学特論/有機化学特論A/有機化学特論B/分子イメージング特論/食と農免疫特論/有機化学特別講義/医療薬学特別講義/分子薬科学セミナー1/分子薬科学セミナー2/課題研究/海外研修

所在地宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
アクセス青葉山駅北1番出口から徒歩約10分
問合せ先022-795-6803ホームページはこちら