1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[社会・国際・環境・文化]一覧
  3. 岡山大学大学院 環境生命科学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

岡山大学大学院環境生命科学研究科

検討リストに追加

【岡山大学大学院環境生命科学研究科】で学べる内容

社会基盤環境学

都市と農村における社会経済活動と環境に及ぼす影響を明らかにする

生命環境学

生態系の生物多様性を保全しそれを豊かにする循環型社会を考究する

資源循環学

環境負荷を小さくし資源の枯渇を抑制する持続可能な社会構築を目指す

生物資源科学

人類の持続的発展のために不可欠な環境維持を前提とした食研究を行う

生物生産科学

生物個体と細胞・遺伝子・化合物を融合した食生産の教育研究を行う

【岡山大学大学院環境生命科学研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般選抜
※面接は口頭試問を指す

【岡山大学大学院環境生命科学研究科】のサポートチェック

奨学金制度日本学生支援機構、民間等あり
入学料・授業料免除経済的理由など条件あり

【岡山大学大学院環境生命科学研究科】の沿革・概要

課題解決に貢献できる新しい学問体系の構築をめざす

同研究科は、従来からの「異分野融合」の理念を継承・発展させ、「文理医融合」を目指した環境学研究科と、世界的な人口増加と気候変動による生産性の変化に対応して持続的な食料生産を確保することを目指した自然科学研究科のバイオサイエンス専攻の農学系分野を統合させ、2012年4月に設立。博士前期課程5専攻、博士後期課程2専攻から構成されている。人類社会の持続的発展における喫緊の課題である循環型社会形成と、食料の安全保障を確保するための課題解決を目標として、教育面では、自然科学研究科と密接に連携・共同し、この課題解決をリードできる人材育成を進めている。研究面では、課題解決に貢献できる新しい学問体系の構築をめざす。

【岡山大学大学院環境生命科学研究科】の研究科・学科・プログラムの特色

前期課程に5専攻、後期課程に2専攻を設置

同研究科の教育課程編成においては、博士後期課程には「環境科学専攻」と「農生命科学専攻」の2専攻を設置、博士前期課程には「社会基盤環境学専攻」「生命環境学専攻」「資源循環学専攻」「生物資源科学専攻」「生物生産科学専攻」の5専攻を設置。  同研究科では、高度の専門性と総合性・学際性のバランスを確保することの重要性に鑑み、博士前期課程と博士後期課程のそれぞれにおいて、他研究科の兼担教員も含めた横断的授業カリキュラムを設定するとともに、専攻・講座を越えた学際的な講義を積極的に実施している。

学べる内容

講座一覧

都市環境創成学講座/農村環境創成学講座/環境生態学講座/人間生態学講座/持続可能社会形成学講座/物質エネルギー学講座/生物機能化学講座/植物ストレス科学講座/植物機能開発学講座/動物機能開発学講座

所在地岡山県岡山市北区津島中3丁目1番1号
アクセス津山線「法界院」駅:徒歩約10分
問合せ先086-251-8815(環境理工学部事務室教務担当)
086-251-8286(農学部事務室教務担当)ホームページはこちら