1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[芸術・工芸・デザイン]一覧
  3. 京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科

【京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科】で学べる内容

応用生物学

生命現象の本質の解析、環境と健康の向上に寄与する最先端技術の開発

材料創製化学

実用レベルにおける世界水準の性能・機能を持つ革新的な材料創製

電子システム工学

現代のキーテクノロジーであるエレクトロニクスや情報通信技術

建築学

地球規模で考えながら、京都という場でしか掴み得ない能力を磨く

先端ファイブロ科学

テキスタイルサイエンス・エンジニアリング

【京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科】の試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
※面接は口述試験とする

【京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科】のサポートチェック

グローバルインターン実践的なプロジェクト遂行を体験
交換留学国際交流協定締結大学へ留学
企業とのコラボ産学連携で実践的知識と技能を修得
就職サポートきめ細やかなサポート体制
基金奨学生優秀な学生への奨学金支給制度

【京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科】の沿革・概要

人類・社会の未来を切り拓く科学技術を創成・探求

日本で唯一の「工芸科学」を研究対象とする大学院として、「工芸科学研究科」が目指すのは、まさに科学技術と人間とがより良く結びついた「人間的な科学技術」の探求である。新たな高度技術の開発とともに、新しい技術と人間・社会との関わりを含めた総合的な教育研究を行うことが同研究科の特徴である。

【京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科】の研究科・学科・プログラムの特色

大学院入学定員を増加し、学部教育から大学院教育への接続を強化

大学院には、14専攻からなる標準2年間の前期課程(応用生物学、材料創製化学、材料制御化学、物質合成化学、機能物質化学、電子システム工学、情報工学、機械物理学、機械設計学、デザイン学、建築学、京都工芸繊維大学・チェンマイ大学国際連携建築学、先端ファイブロ科学、バイオベースマテリアル学)、8専攻からなる標準3年間の後期課程(バイオテクノロジー、物質・材料化学、電子システム工学、設計工学、デザイン学、建築学、先端ファイブロ科学、バイオベースマテリアル学)を設けている。同学が担う科学技術の各分野の最先端で活躍できる、「知・美・技」を併せ持った高度専門技術者・研究者の養成を行っている。

学べる内容

研究室一覧

生体機能学/微生物工学/昆虫工学/機能高分子設計/物性物理学/精密有機材料学/環境計測学/電子回路工学/先進電磁波動工学/光エレクトロニクス/プラズマ基礎工学/インタラクティブ知能/コンピュータシステム/情報セキュリティ/ソフトウェア工学/エネルギー変換輸送工学/マイクロ・ナノ加工学/ロボティクス/プロダクトデザイン/視覚デザイン/インテリアデザイン/製品産業経営学/美術史・美術館学/建築設計学/建築計画・住環境/近代建築保存再生学/都市史/日本建築史・伝統建築生産技術/建築構造技術/テキスタイル科学/やわらかさデザイン/ファイブロ設計工学/バイオベースマテリアル化学/バイオナノファイバー 他

所在地京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町
アクセス市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分
問合せ先075-724-7162(入試課大学院入試係)ホームページはこちら
リストの資料をまとめて取り寄せる