1. 大学 大学院トップ
  2. 科目等履修で学べる学校一覧:会計・財務・ファイナンス

科目等履修で学べる学校一覧:会計・財務・ファイナンス

検索結果1-3件を表示しています(全3件)

  • 日本工業大学専門職大学院 技術経営研究科

    会計・財務・ファイナンス 日本工業大学専門職大学院 技術経営研究科  :担当者写真 東京都

    MOTのための価値経営

    東京メトロ/都営地下鉄線・神保町駅下車徒歩2分、九段下駅下車徒歩5分

    【概要】企業価値、事業価値、技術やブランドの潜在的価値等の理解を深め、その「価値」算定方法、これら価値に影響を与える因子を抽出し、企業価値の向上のための方法論について考える。経営戦略や事業計画、M&Aや設備投資などのビジネス活動が及ぼすキャッシュフローの変化や、企業価値への影響を考察し、経営の実務でのキャッシュの重要性を理解する。経営戦略や事業計画の策定に関係し、ビジネスリーダーを目指す方に受講を薦めたい。【カリキュラムでの位置づけ】経営者・管理者向けの革新的なマネジメント方法、プロジェクトの管理、新事業開発やベンチャー創設などを中心としたカリキュラムを展開。本科目は財務・会計分野の応用科目。

    【費用】登録料:3万円、授業料:12万円、その他費用:検定料5000円 【履修期間】4か月(全15回) 【開催場所】神田キャンパス(地下鉄「神保町」駅下車徒歩2分)
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • グロービス経営大学院 経営研究科 名古屋校

    会計・財務・ファイナンス グロービス経営大学院 経営研究科 名古屋校  :担当者写真 愛知県

    アカウンティング基礎

    JR・市営地下鉄(東山線・桜通線)「名古屋」駅/桜通口直結

    【概要】会計の専門家ではなくマネジメントを目指し、ビジネスにおいて最低限必要とされる財務会計・管理会計の基礎知識と、それらを用いた意思決定に資する能力を身につけたい方が対象。「アカウンティング」の企業経営に果たす役割、基本的な概念や分析手法を理解したうえで、経営戦略や事業特性がどのように財務数値に反映するか、財務数値から経営上の問題をどう発見し、意思決定を行えばよいのかについて、考えるための基礎知識を習得する。【カリキュラムでの位置づけ】グロービスのMBAプログラムのうち、基本科目を中心に14科目が対象となっている。鍛錬したい領域の知識とビジネススキルに焦点を絞り、1科目から受講できる。

    【費用】入学金:2万3000円(※グロービスを初めて受講される方のみ)、受講料:12万8000円/科目(※単科生として修了した科目の受講料は、本科生に進学された際に学費の総額から差し引かれます) 【履修期間】3ヵ月/全6回 (※履修可能期間1年間 )  【開催場所】東京校(JR・市営地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅/桜通口直結)、オンライン校等の他キャンパスでも開講
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 会計専門職専攻(アカウンティングスクール)

    会計・財務・ファイナンス 関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 会計専門職専攻(アカウンティングスクール) :担当者写真 兵庫県

    財務諸表を読み解く力を身につける「ビジネス会計論」

    西宮上ケ原/阪急甲東園駅より徒歩12分 大阪梅田/阪急梅田駅より徒歩5分

    【概要】「ビジネス会計論」では財務諸表等の会計情報をどのように理解し、ビジネスに役立てていくのかという点を重視して、財務諸表の数値の基礎にある会計基準の内容を理解し、財務諸表を読み解くための分析手法を実践的に学習する。企業の財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況等を判断できる能力を習得する。【カリキュラムでの位置づけ】同科目は財務会計の応用科目の1つ。財務諸表分析や企業価値の分析に必要な専門知識を実践的に養う。

    【費用】入学金:なし、受講料:8万円 【履修期間】8週間 【開催場所】西宮上ケ原キャンパス(阪急甲東園駅徒歩12分)、大阪梅田キャンパス(阪急梅田駅徒歩5分)
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  1. 1

検索結果1-3件を表示しています(全3件)

このページのすべての資料をまとめて取り寄せる