1. 大学 大学院トップ
  2. 在学生・修了生インタビューTOP
  3. 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 在学生・修了生インタビュー

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(ABS:青山ビジネススクール)

検討リストに追加

  • MBA
  • 東京都
  • 大学院
専門性を高めるため
 社会に貢献でき、世界のより多くの人に幸せを提供できるようなビジネス創出したい。

小栗 香菜恵さん(30代)

大学卒業後、IT企業で事業開発などに従事。2019年、青山ビジネススクールに入学。2021年、修了。現在はGoogleのクラウド部門においてBusiness Development Managerとして活躍中。

この大学院に入学した理由は?

大学時代から「社会の格差を無くし、誰もが自分らしく輝き、チャレンジのできる世界を実現させたい」を人生の目標に掲げ、その一環として社会貢献につながるビジネスの仕組みを創造したいと考えてきました。そのためにはビジネス経験と体系的な知識の集積が必要だと判断して社会人7年目に進学を決意。知人から教授との距離が近いということを聞き青山ビジネススクールを選んだのですが、学生の思いに寄り添い、学生と一体となって質の高い授業を創っていく教授の姿勢や校風には魅了されました。

この大学院で得られたものは?

MBAのプログラムを通してビジネスの基礎をしっかり学んだことで、多様な事象を理解するスピードが上がりました。また、ファイナンスやアカウンティングなど、実務では経験できないことを学べたこと、そして国籍・年代・業種の異なる方と意見交換したことにより幅広い視点を持つことができたと感じています。今後は実務で学んできたテクノロジーとABSで培ったビジネス知識にアート思考を融合させることで社会に貢献でき、より多くの人に幸せを提供できるようなビジネスを創出したいと思います。

私のオススメ科目

企業分析とファンド・マネジメント・シミュレーション

ABSの集大成に位置づけられている青山アクション・ラーニング科目。 仮想のファンドを創り、運用報告をすることで、投資・財務の知識、経済動向、企業のビジネス戦略/成長性を読み解く力が養えます。

海外研修セミナー(マレーシア/2019年)

現地の企業・大学でイスラム教の基礎やイスラム金融の独特な仕組みを学べた科目です。それに加えて、意識の高い学友と寝食を共にし、刺激を受けたことで、学ぶことへの姿勢や価値観が変わるきっかけになりました。

オペレーションズ・マネジメント

企業戦略やマーケティングの観点からオペレーションへの理解を深めていく科目です。この科目を受講して、ビジネスの現場で直面する問題の本質を的確に捉える力や、その解決に向けての思考力が鍛えられました。

お金のやりくり法

金銭的な余裕はありませんでしたが、自分自身の「将来」への投資と考え進学を決意しました。修了後、専門実践教育訓練給付金の支給を受けることができて助かりました。今振り返ればチャレンジして良かったです。

ある一日のスケジュール

6:00~9:00学友とオンラインで朝活。 授業で分からない箇所を質問し合い、お互いの学びを共有し合う時間にしておりました。時には今流行りの「もくもく会」のように、それぞれが別々の勉強をすることも…。
9:00~12:00仕事。在学当時は国内のIT企業に勤務して主に新規事業の立ち上げに携わっていましたので、オンラインでクライアントとミーティングを行ったり、プレゼンテーションに必要な資料作成などを行ったりしていました。
13:00~18:30昼食休憩後、仕事を再開。オンオフは重要で、勤務時間はしっかり仕事に集中し、クライアントとの打ち合わせなど、MBAが始まる直前まで仕事に励んでおりました。
18:30~20:00授業。1年生の頃は、授業後同級生と勉強会や飲み会にいきました。2年次はオンライン授業になりましたが、先生方の熱意と工夫によってモチベーションは下がることはありませんでした。
20:10~21:40授業。学びはじめると「もっと学びたい」という知的好奇心が沸き上がり、必要な単位数を超える科目も履修していたため、ほとんど年中無休で勉強した2年間でした。
21:40~25:00授業終了後は復習や予習、レポート作成などに取り組みます。また、その日の仕事を翌日に持ち越すことがないように資料作成などにあたる日もありました。
25:00就寝。睡眠時間は平均すると4時間前後くらい。授業後に集中して自宅で仕事や勉強をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。
問合せ先03-3409-8025(青山学院大学学務部専門職大学院教務課)ホームページはこちら