1. 大学 大学院トップ
  2. 在学生・修了生インタビューTOP
  3. グロービス経営大学院 経営研究科 オンライン校 在校生・修了生インタビュー

在校生・修了生インタビュー
グロービス経営大学院
経営研究科 オンライン校

  • MBA
  • 東京都
  • 大学院
新しい可能性を見つけるため
身につけた力を社会課題の解決に生かしたい

加古 素之さん(28歳)

同志社大学経済学部卒業後、生命保険会社入社。単科生としての受講を経て、2021年本科入学。在学中に転勤と転職を経験しながら2023年修了。現在、株式会社サイバーエージェント勤務。

入学の動機

保険会社で代理店営業を担当していましたが、入社3年目の頃からビジネスパーソンとしての提案力不足を痛感。「自分は何がしたいのか?」という不安も感じるようになったのがきっかけです。職場の先輩の勧めで、単科生として「クリティカル・シンキング」を受講したことで、論理的な考え方やストーリー立てて伝える力が伸び、仕事に役立つことを実感しました。職業や職位が異なる仲間との討論は発見が多く刺激的で、ここでみんなと一緒に成長したいと考え、本科への入学を決意しました。

大学院で学んで得たこと

グロービスの教員は第一線で活躍する現役のビジネスリーダーなので、実体験に基づいたビジネスの話を聞くことができ、議論を活性化させる高いファシリテーションスキルを持っています。また、授業で扱うケース(企業事例)は実践的で、「自分ならどう意思決定するか、その根拠は何か?」を徹底的に考える習慣が身につきました。クラスメートの考え方、生き方に触れる機会も多く、自らの志を見つめ直すヒントをいただき、在学中の転職の実現という、人生を変えるきっかけもつかめました。

私のオススメ科目

ベンチャー・キャピタル&ファイナンス

ベンチャー企業(スタートアップ)の創業、資金調達からExitに至るまでの流れをファイナンスの面から理解していく科目です。自分の事業プランを構築しながら、実践的な知識とスキルを獲得できました。

ソーシャル・ベンチャー・マネジメント

ソーシャル・ベンチャーが乗り越えなければならない課題を解決しながら、社会的インパクトを極大化する特有の手法を学ぶ科目。「学んだことをどう社会へ還元を図るか?」を考えるきっかけになりました。

ビジネス・データサイエンス

AI(機械学習)を用いてデータサイエンス分野の先端的な知見を習得。ビジネスシーンや身の回りの実例に落とし込み、課題解決のために人間がどのように情報を利用できるのかを学ぶことができました。

お金のやりくり法

学費、書籍購入は自分への投資と考え惜しまず支払いました。多くをインプットすることこそ、良いアウトプットの秘訣であると考えています。また、専門実践教育訓練給付制度を利用し、授業料の負担を軽減させました。

ある一日のスケジュール

7:00起床。「やるからには勉強量は誰にも負けない」を信条に、グロービスに入学してから勉強の時間を多く確保するようになりました。
8:00オンラインで有志の読書会に参加。グロービスではセクション活動(同期コミュニティ)や懇親会など学生同士の交流を図る機会が多く設けられており、修了後も親密な関係が続いています。
9:00勤務開始。インターネット広告事業の部署に所属し、デジタルマーケティングを活用することでクライアントの事業課題を解決する提案を模索しています。
19:00勤務終了から程なくグロービスの授業が始まりますが、オンラインクラスなら仕事から授業へとPCを瞬時に切り替えるだけ。効率的な時間の使い方ができます。
20:00クラスメートとのディスカッションを通じて多様な考え方を知り、引き出しの数が増えました。以前は勘や思いつきで意思決定していましたが、論理的に考える習慣や自身を俯瞰して考える癖が身につきました。
23:00授業終了後、復習の勉強会に参加し、授業で取り上げられた課題について引き続き討論。
問合せ先https://mba.globis.ac.jp/inquiry/ホームページはこちら
リストの資料をまとめて取り寄せる