1. 大学 大学院トップ
  2. 学問分野別ガイド

福祉ガイド福祉の基本情報/最新事情/めざせる資格/なるには

社会人が社会福祉士や精神保健福祉士の取得をめざすなら、通信制大学の福祉系学部・学科で働きながら学ぶのがお勧めのステップ。大卒など一定の学歴があれば、3年次編入学などで2年間学ぶことで受験資格が得られます。そのほか、福祉系資格の最新動向や各資格の詳細情報なども紹介します!

福祉系資格がめざせる通信制大学とは

介護・福祉は資格が重視される分野。他業界から福祉業界への転身を図る場合にも、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格取得がポイントになります。

例えば、介護・福祉の実務経験ゼロから社会福祉士をめざす場合、福祉系の4年制大学を卒業すると実務経験なしで国家試験の受験資格が得られます(短期大学や専門学校の3年制の課程なら、1年の実務経験、2年制の課程なら2年の実務経験が必要)。しかし、社会人が仕事を辞めて、少なくとも2年以上昼間の課程に通学に専念するとなると、高いハードルを感じてしまうこともあるはず。そこで、注目されているステップが通信制大学の福祉系学部・学科への進学です。

実技の習得を重視している介護福祉士の養成課程は通信制が認められていませんが、社会福祉士と精神保健福祉士は受験資格が取得できるコースを設けている通信制大学の福祉系学部・学科が多数あります。すでに大学や短大を卒業している人なら、3年次編入学で2年間学ぶことで社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格を得ることが可能(大学によっては4年次編入学で2年間)。そのため、仕事を続けながら資格取得をめざす人が数多く学んでいます。

大学で学ぶことのメリットの一つは、すでに説明した通り、卒業と同時に受験資格が得られること。加えて、受験資格取得のために必要な科目を履修できるだけでなく、例えば、福祉業界で求められる経営・マネジメント、医療・健康、高齢者の心理、ユニバーサルデザインなど、転身後の実務に役立つ幅広い科目を学べることも大きな魅力です。特に、介護・福祉業界はマネジメント人材が不足しているといわれており、一見、介護・福祉の実務とは縁遠いように思える経営・マネジメント系の知識は、将来のキャリアアップのためにプラスになります。

福祉系資格がめざせる通信制大学最新事情

福祉系資格に関しては制度の改正が続いていますが、なかでも注目しておきたい動きの一つが介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験制度改正です。

2017年度試験までは、社会福祉主事任用資格や介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得して介護の実務経験を5年以上積むか、無資格でも10年以上介護の実務経験があれば受験ができましたが、2018年度試験からは、受験資格が、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、医師、看護師、理学療法士などの国家資格に基づく業務を5年以上経験しているか、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員として相談援助業務を5年以上経験している人に限定されます。

つまり、ケアマネジャーへのキャリアアップを目標とするのであれば、業界に入る段階、あるいは就職・転職後なるべく早い段階で社会福祉士や精神保健福祉士などの国家資格を取得しておくことが、より重要になったといえます。

めざせる資格は?

社会福祉士

障害者やお年寄りなど、日常生活を営むことに支障がある人やその家族に対して、福祉に関する相談・指導・援助を行う専門家を認定する国家資格です。「ソーシャルワーカー」とも呼ばれます。社会福祉施設や医療機関のほか、訪問介護サービスなどの分野でも活躍しており、専門職として高いニーズがあります。社会福祉施設の「生活相談員」、医療機関の「医療ソーシャルワーカー」などは社会福祉士が数多く活躍している職種です。

その仕事内容は、相談者の悩みを聞いて、利用可能な支援制度を紹介したり、介護施設への入所をサポートしたりすること。医療機関、福祉施設、行政などと連携して、相談者が安定した生活を送ることができるよう多角的に支援すること。

そのため、求められる知識は非常に幅広く、試験範囲は、人の体の仕組みや疾病、心理学、相談援助の理論、地域福祉、福祉行財政、社会保障など、多岐にわたります。

受験資格を得るための方法はいくつかありますが、代表的なのは、4年制大学の福祉系学部・学科で指定された単位を修得して卒業するルート。この場合、実務経験ゼロで受験資格を得ることができます。短大・専門学校で学ぶ場合は、3年制なら1年、2年制なら2年の実務経験が必要です。そのほか、実務経験を積んだあと、1年以上養成施設で学ぶルートなどもあります。

試験は例年1月下旬〜2月上旬に実施。大学で学んでいる場合は、卒業年次に受験できます。合格率はおおむね20%台後半で推移しています。

精神保健福祉士

精神に障害を抱えた人やその家族に対して、社会復帰のための相談に乗ったり、援助を行ったりする専門家を認定する国家資格です。精神医学ソーシャルワーカー(PSW)とも呼ばれます。活躍の場は、精神科医療機関や精神障害者復帰施設、保健所など。

対象者がその人らしい生活を送れるようさまざまなサポートを行うのがその仕事です。具体的には、入院の際に対象者の人権が守られるよう配慮する、退院後の日常生活や社会復帰に関して相談に乗る、社会復帰のための訓練を行う、復帰後の就労先の選択の相談に乗るなどの業務があります。これらの業務を行うには医師や地域社会との連携も欠かせません。

試験では、精神疾患や精神保健、精神障害者を支援する諸制度やサービスに関する知識はもちろん、人の体の仕組みや疾病、心理学、地域福祉、福祉行財政、社会保障など幅広い知識が問われます。社会福祉士とは求められる専門性に重なる部分も多く、共通する試験科目も少なくありません。

受験資格を得るための方法はいくつかありますが、代表的なのは、4年制大学の福祉系学部・学科で指定された単位を修得して卒業するルート。この場合、実務経験ゼロで受験資格を得ることができます。短大・専門学校で学ぶ場合は、3年制なら1年、2年制なら2年の実務経験が必要です。そのほか、実務経験を積んだあと、1年以上養成施設で学ぶルートなどもあります。

試験は例年1月下旬〜2月上旬に実施。大学で学んでいる場合は、卒業年次に受験できます。合格率は例年60%程度です。

社会福祉主事任用資格

福祉事務所などの行政機関や社会福祉施設などで、保護や援助を必要とする人に相談・指導・援助を行う仕事が社会福祉主事。この仕事に就くための資格が社会福祉主事任用資格です。取得の方法はいくつかありますが、大学などで、社会福祉に関連する(児童福祉論、老人福祉論、リハビリテーション論、栄養学、経済学、教育学など)から3科目を履修し、卒業すると資格を得ることができます。福祉系学部・学科なら、カリキュラムに沿って学ぶだけで、ほとんどの人が取得できる資格です。

福祉職になるには

社会福祉士、精神保健福祉士の活躍の場は社会福祉施設や医療機関など。公務員として働く場合もあります。いずれにしても、生活相談員などの相談業務に就くためには、資格が求められることが多く、まず、通信制大学などで学んで受験資格を得て、資格を取得することが重要なステップになります。

また、まずは介護職員初任者研修を経て介護業務で現場に入り、働きながら通信制大学などで学んで社会福祉士や精神保健福祉士の取得をめざすというステップもあります。