1. 大学 大学院トップ
  2. 科目等履修で学べる学校一覧:ITビジネス戦略・情報セキュリティ

科目等履修で学べる学校一覧:ITビジネス戦略・情報セキュリティ

検索結果1-5件を表示しています(全5件)

  • 東京都立産業技術大学院大学 産業技術研究科 産業技術専攻情報アーキテクチャコース

    ITビジネス戦略・情報セキュリティ 東京都立産業技術大学院大学 産業技術研究科 産業技術専攻情報アーキテクチャコース :担当者写真 東京都

    基礎技術に加え分散処理システムも学ぶ「ビッグデータ解析特論」

    りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京浜急行電鉄「青物横丁駅」徒歩10分

    【概要】同講義では、経済や社会のデジタル化により大量に生成されるビッグデータを対象としたデータ解析技術として、基本となる機械学習技術について解説する。特に自然言語のテキストからの知識獲得技術として、データの収集方式とデータの処理方法について演習を交えた講義を行う。また、ビッグデータ処理をささえる分散処理システムについて、ストレージの基礎から分散処理環境まで概説する。【カリキュラムでの位置づけ】同コースでは情報システムを設計し、その運用を含む全体プロセスを管理する能力を持つ「情報アーキテクト」を育成している。同授業は、そのカリキュラムを支えるIT科目群の主要科目のひとつだ。

    【費用】入学金:なし、授業料:2万8800円(2単位) 【履修期間】3ヵ月 【開催場所】品川キャンパス(りんかい線「品川シーサイド駅」より徒歩3分)
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部

    ITビジネス戦略・情報セキュリティ 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部  :担当者写真 通信制

    コンピュータネットワーク

    JR函館本線・野幌駅よりバス5分 JR中央線/地下鉄東西線・中野駅、徒歩1分(東京事務所)

    【概要】本講義では、オブジェクト指向技術、クリーンルーム手法、リポジトリを取り上げる。オブジェクト指向技術は、ソフトウェアの部品化に適しており、クリーンルーム手法は、高品質なソフトウェア開発に有効である。そして、リポジトリは、ソフトウェア部品を再利用するために必要な技術である。これらの主要な要素技術を学ぶことで、ソフトウェア開発の課題に取り組む方向性とその基本的な考え方を習得する。【カリキュラムでの位置づけ】教員免許状を取得するのに不足している単位だけを履修したい方など、個々の目的に合わせた単位修得を目指せる。正科生Aへ入学すると科目等履修生で修得した単位を卒業要件の単位として認定される。

    【費用】入学料:2万5000円  授業料:6000円/単位 インターネットメディア授業1万5000円又は2万円 スクーリング1万円又は2万円  【履修期間】1年
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

    ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 京都府

    機械学習

    京阪出町柳駅より徒歩8分

    【概要】人工知能の核である「機械学習(Machine Learning)」を実現する基本技術として、人間の概念形成過程を模した概念形成モデル、神経細胞網の情報処理プロセスを模した階層型ニューラルネットワーク、生命進化を模した進化的計算手法等を学ぶ。最適なクラス分類モデルの構築や、PythonとKerasやscikit-learnライブラリ等を用いてML各手法を記述する能力を身につける。【カリキュラムでの位置づけ】同研究科は広範なIT関連知識の中で特定の領域に向けた専門的かつ幅広い知識を深める8つの専門分野を設置。同科目は、人工知能の様々な分野での利活用技術を修得する「人工知能」の科目のひとつ。

    【費用】登録料:4万円、授業料:13万円 【履修期間】週1回(90分)・全15週 【開催場所】百万遍キャンパス(京阪出町柳駅より徒歩8分)
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部

    ITビジネス戦略・情報セキュリティ 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部  :担当者写真 通信制

    経営情報システム

    JR函館本線・野幌駅よりバス5分 JR中央線/地下鉄東西線・中野駅、徒歩1分(東京事務所)

    【概要】企業経営で利用される情報システム(MIS)の重要性を踏まえた上で、情報処理に関する基礎概念を学習。特に表計算ソフトウェアやワープロソフトウェアなどマルチメディアを利用した文書デザインツールの活用方法について学習する。情報処理に関する基礎概念を修得し、経営学的な観点から経営情報システムの変遷や、理論的フレームワークを理解することをめざす。【カリキュラムでの位置づけ】教員免許状を取得するのに不足している単位だけを履修したい方など、個々の目的に合わせた単位修得を目指せる。正科生Aへ入学すると科目等履修生で修得した単位を卒業要件の単位として認定される。

    【費用】入学料:2万5000円  授業料:6000円/単位 インターネットメディア授業1万5000円又は2万円 スクーリング1万円又は2万円  【履修期間】1年
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部

    ITビジネス戦略・情報セキュリティ 北海道情報大学 通信教育部 経営情報学部  :担当者写真 通信制

    データベースシステム

    JR函館本線・野幌駅よりバス5分 JR中央線/地下鉄東西線・中野駅、徒歩1分(東京事務所)

    【概要】データベースシステムの基礎を学び、代表的なデータベース管理システムであるリレーショナル型データベース管理システムを取り上げ、基本となる概念、データベースの設計手法、操作方法を扱う。さらにデータベースシステムの運用、管理の基礎についても概観する。リレーショナル型データベース管理システムおよびデータベース言語SQL を利用し、データベースの構築、データベースを用いた情報検索の実習も行う。【カリキュラムでの位置づけ】教員免許状を取得するのに不足している単位だけを履修したいなど、個々の目的に合わせた単位修得を目指せる。正科生Aへ入学すると科目等履修生で修得した単位を卒業要件の単位として認定される。

    【費用】入学料:2万5000円  授業料:6000円/単位 インターネットメディア授業1万5000円又は2万円 スクーリング1万円又は2万円  【履修期間】1年
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  1. 1

検索結果1-5件を表示しています(全5件)

このページのすべての資料をまとめて取り寄せる