• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 静岡
  • 専門学校浜松医療学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 樽見 美夢希さん(柔道整復学科/柔道整復師、アスレティックトレーナー)

テーピングは怪我の予防、再発防止だけでなく、運動パフォーマンスを上げるためにも役立ちます。

先輩の仕事紹介

選手たちが自分たちから、このトレーニングをやりたい!と言ってくれる時が嬉しいです

柔道整復師、アスレティックトレーナー
柔道整復学科/2019年卒
樽見 美夢希さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私はプロ選手のチームドクターがいるリハビリに特化した病院で働いています。柔道整復師・アスレティックトレーナーとして、選手のトレーニングメニューの制作、栄養ケア、選手のケアなどを行っています。また、教育現場にも携わりたかったので、高校と中学の部活動の試合にも帯同しています。この仕事のやりがいを感じる瞬間はチームに帯同している時に、選手たちが話しかけに来て下さり、笑顔でコートに戻られる時です。だからこそ、時代に合わせて最高のサポートが行なえるように、「技術の向上・修練」を日ごろから意識しながら仕事をすることを心掛けています。

学校で学んだこと・学生時代

学生生活は毎日一緒に勉強してくれる仲間ができるのはもちろん、他学科の人も一緒になって勉強が出来る環境がある為、息抜きもでき、勉強がはかどりました。また、学生時代の現場実習で学んだことは「この為にこういう事を学んでいたんだ」と仕事をした今だからこそ、実感しています。

選手のパフォーマンスが上がるように支えていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私は幼い頃からバレーボールをやってきましたが、たくさんの怪我や病気とも付き合ってきました。大学生になって将来について改めて考えた時、この怪我や病気と付き合っていた日々の経験を踏まえて、柔道整復師・アスレティックトレーナーになりたいと考え始めました。学校選びはトップチームのトレーナーがたくさんいらっしゃったり、教育プログラム・制度に魅力を感じて、専門学校浜松医療学院に決めました。スポーツのトップチームや学校など、いろいろなところで行なう現場実習も決め手の一つでした。

怪我が少なるように選手のケアをしています。

分野選びの視点・アドバイス

分野選びは悩むと思います。専門領域だと尚更ですが、専門領域を学ぶことで、その領域が得意になると共に、類似職種への理解も同時に深まります。知識が身に付くと、他の分野への理解も深まり、さらに知識が広がるので、活躍の場が広がると思います。

問診を通して選手の身体の状態を把握します。

樽見 美夢希さん

浜松市内のリハビリクリニック勤務/柔道整復学科/2019年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
専門学校浜松医療学院(専修学校/静岡)
RECRUIT