• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 薬学

薬学とはどんな学問?研究内容や学び方などを解説

薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

※このコンテンツは2017年~2018年の取材に基づき構成しています

薬学とはどんな学問?

薬に関するあらゆることを学び、研究

薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学・社会薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、生理学、生化学、物理化学、衛生化学等の研究をベースに新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学・社会薬学では、医薬品の臨床効果や有害事象の研究、適正使用や医薬品を取り巻く社会的事象や法規などを学びます。

続きを読む

薬学と他の学問とのかかわり

薬学の基礎となるのは、化学と生物学

薬学の基礎となるのは、化学と生物学です。また、物理学の中でも熱力学などは、薬の理解のために欠かせない分野です。もちろん、医学とも深く関連しています。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。

続きを読む

薬学では何をどのように学ぶか

多くの人が薬剤師国家試験に向けて取り組む

1、2年次には、薬学の基礎となる化学、生物、物理や、コミュニケーションに関する授業があります。3、4年次には薬に関するより専門的なことを学び、5年次には、病院や薬局での実務実習によってより実践的な知識を身につけます。そして6年次には、4年次から取り組んできたそれぞれのテーマの卒業研究を仕上げ、多くの人が薬剤師国家試験の勉強に取り組みます。

続きを読む

薬学はこんな人に向いている

薬剤師を目指す人に求められるのはコミュニケーション力

薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。また、特に薬剤師を目指す人に求められるのがコミュニケーション力。一人ひとりの症状や生活習慣に合わせた処方や服薬指導のためにも、欠かせないスキルです。

続きを読む

薬学を学んだ後の進路と今後の展望

多くは、薬剤師として薬局や病院に就職

薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での情報提供職や研究開発、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

続きを読む

薬学ではこんな研究をしています

薬剤師は患者さんとどのようにコミュニケーションをとればいいのか

薬剤師は患者さんとどのようにコミュニケーションをとればいいのか、その体系化のための研究をしています。病気や薬に関する患者さんの不安は、ただ薬の説明をするだけでは取り除けません。では、どうすれば心に寄添えるのか、安心してもらえるのかといったことを、心理学の手法も用いて探っています(帝京平成大学 薬学部 井手口直子教授)。

続きを読む

肥満の原因の一つはたんぱく質にあった

体内時計と生活習慣病の関係というのが、私の研究テーマ。不規則な生活になると、あるたんぱく質の働きに異常が表れ、それが肥満の原因となることを突き止めました。さらに研究が進めば、生活習慣病の予防や治療、体内時計と薬の効果との関係などの解明にもつながると考えています。(日本大学 薬学部 榛葉繁紀教授)

続きを読む

薬学のここが面白い

人々の健康や生活により密接に関わり、その質の向上に貢献

時代の変化とともに、薬剤師の役割は大きく変わってきました。ただ薬を出すだけではなく、人々の健康や生活により密接に関わり、その質の向上に貢献できるようになったのです。在宅医療など、病院外での医療が重要視されている現代。薬剤師の役割ややりがいは、きっとこれからも広がっていくでしょう。(帝京平成大学 薬学部 井手口直子教授)

続きを読む

人々の健康や幸せに貢献できる

薬学を研究する面白さは、まだ知られていないことを明らかにし、人々の健康や幸せに貢献できることです。また、多くの人は薬剤師を目指しているのだと思いますが、そのやりがいは、薬を使う人のより近くで寄り添って、サポートできることにあるのではないでしょうか。(日本大学薬学部 榛葉繁紀教授)

続きを読む

取材協力(※学校名五十音順): 帝京平成大学 薬学部 井手口直子教授 , 日本大学 薬学部 榛葉繁紀教授

もっと先生たちに聞いてみよう

薬学を選んだ理由を教えて!

  • 薬剤師という国家資格に憧れる。
  • 薬を飲んだ経験をきっかけに興味をもった。
  • 人を救いたい、人の役に立ちたい。

中学の時の職業体験がきっかけです。薬剤師の仕事を実際に体験して、私も人に寄り添える薬剤師になりたい!と思ったことが決め手です。

(薬学部 ちょこさん)

資格が必要な職業や医療系の仕事に興味がありました。そのなかでも薬剤師は職業の幅も広く、医薬品の構造を学ぶのも楽しそうと感じました。

(薬学部 薬学科 AYさん)

たった1粒の錠剤を飲むだけでも、身体の症状が変化することに驚きを感じていました。なぜそのようなことが起きるのか、その理由を学びたいと思ったからです。特に身体のほかの不調まで治してくれる漢方薬に興味がありました。

(薬学部 医療薬学科 ゆきさん)

化粧品にとても興味があり、化粧品を作る開発者になりたい!と思っていたことが理由です。

(薬学部 薬科学科 しゅがーさん)

時間割と授業内容を教えて!

キャンパスライフの参考に、薬学部 臨床薬学科1年次の時間割をのぞいてみましょう。
物理や化学の基礎から、英語やドイツ語など語学も充実しています。

 
1限目 基幹物理学IA 無機物質化学 社会学入門 細胞生物学
2限目 学術英語A・
リセプション
ドイツ語I 健康スポーツ科学演習 ドイツ語I
3限目 サイセキ/基セミ
4限目 専攻教育科目 アントレ入門/
アイデアラボ
線形代数 学術英語A・
プロダクション
5限目 アントレ入門/
アイデアラボ

1年次では数学、化学、物理、英語など全学部共通の科目を履修します。2年次からは生物、倫理も学び、薬学の専門科目も学習します。

2年次後期から3年次前期は、実験・実習の授業がメインです。専門科目で化学、物理、工学なども学びます。

4年次から6年次にかけては、薬剤師としての素養を本格的に身につけるため、研究室に所属し卒業研究を行います。特に5年次から6年次には、長期にわたり薬剤師の仕事を体験する実務実習が行われるのが一般的です。

薬学ではこんなテーマで学べるよ!

  • 新薬作りにチャレンジ。
  • マウスをモデルに血栓症を研究。
  • 薬の相互作用による人体への影響を研究。

抗がん剤の効き目について研究しています。薬の治療効果やしくみを詳しく学び、今ある薬では効果がない患者さんにも使える新しい抗がん剤をみつけることが目標です。

(薬学部 ひよさん)

薬と薬を組み合わせて、新たな薬を作る実験にチャレンジできます。また「模擬薬局」の講義では、ボランティアの方が患者役になり、実際に薬を渡す一連の流れを勉強できて楽しいです。

(薬学部 医療薬学科 ゆきさん)

私は血栓症についての研究に興味をもっています。血栓症は選択薬が少なく、患者さんによっては合わないことも多いといった問題があります。マウスで血栓症のモデルを作って実験する臨床薬学は、直接患者さんのためになる研究をしていると実感できるテーマです。

(医薬保健学域 薬学類 Nさん)

薬物相互作用をテーマに研究しています。複数の薬を飲み合わせることで、効果が増すケースと、逆に効果がなくなってしまうケースがあります。この作用によって人体にどのような影響があるのかを学んでいます。

(薬学部 生命創薬科学科 bbさん)

薬学で楽しかった演習やテーマを教えて!

  • 患者さんとのやり取りを想定したコミュニケーション講義。
  • 植物の観察や、ラットの解剖。
  • 漢方、新薬など薬についての勉強。

コミュニケーションの授業が印象に残っています。薬を飲みたくない患者さんを説得するというロールプレイを行いました。アプローチにもいろいろな方法があることを学べる、とても貴重な授業でした。

(薬学部 薬学科 mさん)

ラットの解剖はとても貴重な体験になりました!実際に自分の手で解剖することで、命の尊さや臓器の場所、形についてもしっかり学ぶことができました。

(薬学部 ひよさん)

漢方の実習が楽しかったです。50個以上の漢方生薬をぱっと見て、どの原料か、学名はなにか、成分名や薬能・薬効はなにかなど、さまざまな問いに直面する実習がありました。この授業で「漢方って楽しい!」と思うようになり、漢方への興味が深まりました。

(薬学部 薬学科 AHAさん)

「薬用植物」の授業が好きです。身近な植物も実は薬になることを知ったり、植物園で実際に観察したりなど、発見と体験の連続でとても充実しています。

(薬学部 薬学科 ゆずぽんさん)

薬学を学んでみてどうだった?

  • 薬学を学ぶと幅広い視点が得られる。
  • 日本において薬の需要は高まると感じた。
  • 貴重な人材になれると確信。

化学や生物だけでなく、数学、物理、情報などほかの教科も深く学ぶ必要があると気づきました。薬学は日常に深くかかわるものだからこそ、さまざまな知識が必要です。将来は国家試験を突破し、幅広い視点をもった薬剤師になりたいと思います!

(薬学部 M.Yさん)

化学だけを勉強すると思っていましたが、物理や生物も徹底的に学ぶ必要があります。薬剤師は町の科学者といわれる理由がわかりました。超高齢社会が続いている日本において、ますます薬の需要は高まると思います。

(薬学部 薬学科 KCさん)

ひとつの薬は小さくても、体の中では大きな変化が起こることを学びました。だからこそ、それぞれの薬の主作用だけでなく、副作用もきちんと学び、それに対する処置もできるようになる必要があると感じています。

(薬学部 ちょこさん)

今後いらなくなる職業のひとつといわれており、入学前はそのことに対する不安もありました。しかし、授業を受けていくうちに、この職業は人がする必要があると強く感じるようになりました。ロボットにはない、人間性が重視されるところがたくさんあります。薬学を学ぶことで貴重な人材になれると確信しています。

(薬学部 薬学科 S.Tさん)

記事はスタディサプリ編集部が薬学を学ぶ学生に対して独自に行ったアンケートへの回答をもとに構成しており、実際の履修内容は各学校により異なる場合があります。各学校についての詳細な情報は学校ページにてご確認ください。

もっと在校生たちに聞いてみよう

もっと卒業生たちに聞いてみよう

全国のオススメの学校

大学・短大

専門学校

関連する記事

薬学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(大学・短大―イベント名―日程―住所)

長崎大学 - 長崎大学オープンキャンパス(坂本キャンパス 1) - 2024/07/20 - 長崎県長崎市坂本1-12-4
摂南大学 - 摂南大学オープンキャンパス(国際学部) - 2024/07/14 - 大阪府寝屋川市池田中町17-8
摂南大学 - 摂南大学オープンキャンパス(経済学部) - 2024/07/14 - 大阪府寝屋川市池田中町17-8
RECRUIT