• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 薬学
やりたいことを見つけよう!

薬学とはどんな学問?研究内容や学び方などを解説

薬学

薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

薬学の学び方

薬の作用の理解と新薬の開発を目指す

人々の病気を治したり症状の進行を抑えたりする医薬品をはじめ、健康維持や栄養補助のための薬剤やサプリメント、生活の中で使われる洗剤や消毒薬、殺菌剤といったものを研究、開発する薬学は、大きく2つの分野に分けられます。その1つが基礎薬学です。これは薬を作る化学物質そのものの薬効や毒性を化学的に分析し、例えば、薬を体内に入れるとどのくらいの時間をかけてどこにいくか、どのように効果を発揮するか、体内からどのように消えていくか、どのような副作用がどのくらい起こるのかなど、薬が人体に与える影響を検証。それを元に、身体への負担がより小さく、そして効果の高い薬の開発を目指します。

薬を正しく使うための方法を確立する

もう1つが医療薬学・臨床薬学です。基礎薬学が薬を作ることを目的とするのに対し、こちらは、薬を正しく使うことを目的としています。例えば、薬剤師になると、多くは医療現場で医師などと連携し、医薬品の調合や投薬、管理を行います。処方箋の内容が適切か管理することも重要な役割です。また、処方薬以外に市販の医薬品を販売する機会もあります。患者に薬の効果や副作用、飲み方について説明したり、薬を飲んでいる人の健康状態に合わせて処方を変えたり、といったことも薬剤師の仕事です。医療薬学では、薬を安全に、そして使う人にとって無理なく使用し、かつ最大の効果を得るにはどうすればよいかを探究。医薬品の知識や医療現場での安全管理、病気に関する知識、そして、コミュニケーションなど、あらゆる面から薬の使い方について考察していきます。薬の開発によってそれまで治すことの難しかった病気が治るようになったり、病気の苦しみが軽くなったり、予防できるようになったりと、薬は人々の健康な暮らしを支えてきました。言うまでもなく、治療の難しい病気はまだまだたくさん存在します。そうした病に打ち勝てる治療薬は、一刻も早い開発が望まれています。薬学は、医療の進歩と発展に大きく貢献する学問なのです。

4年間かけて、薬について総合的に理解する

1、2年次には、化学、物理、生物、数学といった、薬学の理解に欠かせない基礎科目を学びます。また、コミュニケーションに関する授業もあります。 3年次から4年次にかけては、薬に関する専門的な内容を学びます。新薬の開発や効率的な生産方法に関する製薬学、薬の作用や副作用、管理について学ぶ医療・臨床薬学、医薬品や食品添加物について、その特性や人体への影響を学ぶ衛生薬学、微生物をはじめとする生物を利用したワクチンの作用や、その安全性を研究する生物薬学など、多彩な学問領域があります。また、薬や、それを管理する人、使う人などを取り巻く社会的な課題について、医学、倫理学、法学、社会学、経済学といった学際的な立場から考える、社会薬学という分野も最近では重要視されてきています。 そうした社会的要請も敏感にとらえつつ、薬の効果や使い方、コミュニケーション、チーム医療、薬に関する法律や薬局経営に関することなど、薬に関するあらゆることを、4年間かけて総合的に学んでいくことになります。

実務実習で実践的な力を養う

4年生の後期には、薬学共用試験や事前実習など、実務実習に向けた準備が始まります。薬学共用試験は、自動車免許でいう仮免のようなものです。これに合格することによって、知識や技能、態度が実務実習をするのに十分なレベルに達しているということが認められます。基本的には、12月1日から1月31日の間で、それぞれの大学が定めた日程で試験が行われます。 5年次には、いよいよ実務実習が行われます。原則的に、病院で11週間、薬局で11週間の、合計22週間と定められています。病院では、実際の調剤業務や、病院での患者対応、カンファレンスなどを経験します。薬局では、調剤業務や窓口での患者対応に加え、在宅訪問や学校薬剤師など、地域における薬剤師の役割を学びます。服薬指導や薬の管理、法律的な部分や地域とのかかわりなど、実際に体験してみて初めてわかることも少なくありません。この期間に、これまで座学で培ってきた知識をより深め、より実践的なものへと磨いていくのです。また、5年次には研究室に配属され、卒業研究が、そして、6年次には薬剤師国家試験に向けた勉強がスタートします。6年間の学びの集大成として、しっかりと知識と技能を深めていきます。

几帳面な性格の人は向いている

薬学を学ぶうえで基本になるのは、何といっても化学の知識。薬は化学物質ですから、その効果や作り方について理解するためには欠かせません。化学が得意、好きだというのは、大きな素養です。また、几帳面な性格も、薬学には向いています。薬を扱う際には、細かな軽量、計測が非常に重要になります。少しでも量を間違えると、期待していた効果が得られないだけでなく、重大な副作用を引き起こしてしまう危険性さえあるのです。また、よく似ている薬品でもまったく違う役割のものも存在しますし、薬の取り違えは、最悪の場合死亡事故にもつながってしまいます。こうした危険性を理解したうえで、どんなときにも手を抜かず、1つひとつ確実に行えるというのは、薬学を学び、薬にかかわる仕事をする人にとってなくてはならない素質だといえます。

常に新しいことを学び続けられる

薬学部では薬に関するさまざまな知識を身につけられますが、1つひとつの薬について詳しく教えてもらうことはできません。薬といっても、医薬品や栄養補助、ケア用品や洗剤や殺菌剤といったものまで多種多様で、医薬品だけにしぼっても膨大な数があるので当然です。従って、それぞれの薬に関する細かい知識に関しては、実際に働きながら覚えていくことになります。新薬が登場することもあれば、法改正によって薬の使用法が変わったり、それまで一般的だった治療薬がほかのものに変わったり、薬を取り巻く世界は常に変化し続けています。こうした変化に常に対応し、新しいことを学び続ける力もまた、薬にかかわる仕事をしていくには必要な力です。

薬剤師を目指すなら、コミュニケーション力は必須

薬学を学びたいと考えている人の中でも、特に薬剤師を志す人に求められるのが、コミュニケーション力です。薬剤師は、ただ薬の調合をするだけでなく、服用の仕方や効果について説明したり、症状に合わせて処方を検討したりといった役割も担っています。また、チーム医療や地域医療の重要性が高まっている今、他の医療従事者や、地域コミュニティとの連携も求められるようになってきました。薬を必要としている人、それぞれのことを理解し、症状や生活習慣に合わせた薬を提供するためにも、話を聞き、伝える力というのは身につけておくべきだといえるでしょう。

薬学 学びのフィールド

化学、生物、物理 薬の材料として化学物質が使われていますから、化学、特に有機化学は薬学とは切っても切れない学問です。また、生物学についても、化学物質が人の体にどんな影響を与え、どんな効果をもたらすのか、また、どんな毒性があるのかを検証するためには欠かせない知識となります。 医学も深くかかわります。人の体の仕組みや病気のメカニズム、その治療法を知ることで、どんな病気にどんな薬が有効なのか、怪我や手術の際に必要な薬は何か、併発しやすい病気やそれに伴う薬の飲み合わせはどうかなど、薬の効果や安全な使い方について理解を深めるためには医学的知識は非常に重要です。 これ以外に薬学の基礎となるのが、物理学、物理化学です。例えば、錠剤を飲んだときに体内でいつまでも溶けないと、薬の効果は発揮されません。かといって早く溶け過ぎても効果は薄れてしまいます。薬が溶けるのには、薬そのものの化学的な構造や消化液などだけでなく、体内の温度と薬を作っている物質、薬の形状といった要素も関係してきます。そうした物質の状態や反応速度、熱などのエネルギーと変化の関係などはまぎれもない物理の分野です。

<基礎分野>

●生物学・生命科学・基礎医学
薬の効き方を学ぶ薬理学、病変部の組織を学ぶ病理学、体内の化学反応について学ぶ生化学、代謝などの生理学、免疫学、細胞生物学、各病気の特徴を学ぶ病態学、生物学と医学の基礎を学ぶ。

●化学
薬となる化学物質や薬が効く対象となる生体分子を扱うために、分析化学、合成化学、有機化学など化学の基礎を学ぶ。

<専門分野>

●製薬学
新薬の開発や、薬の合成方法、効率良く薬を合成する手法の開発、錠剤や注射など薬の形にするための研究など、薬を創ることに関わる研究を行う。植物や動物など天然にある物質から薬になる成分を探す生薬学もある。

●医療薬学
病院や薬局で、薬のエキスパートである薬剤師として医療に携わるための知識や技能について研究する。

●衛生薬学
病気の治療や予防のための薬、微生物や環境汚染物質など、健康に関わる化学物質を分析するなどして、人々の健康の維持・増進を図るための研究を行う。

●バイオインフォマティクス
コンピュータを使っての、薬となる成分の探索、薬となる分子の設計、遺伝子解析による個人にあった薬の投与、膨大な医薬品情報の管理と情報提供など、薬学に関わる多様な場面をITでサポートする。

薬学の先生に聞く(取材協力:日本大学薬学部 榛葉繁紀教授)

薬学はこんな研究をしています
体内時計と生活習慣病の関係というのが、私の研究テーマ。不規則な生活になると、あるたんぱく質の働きに異常が表れ、それが肥満の原因となることを突き止めました。さらに研究が進めば、生活習慣病の予防や治療、体内時計と薬の効果との関係などの解明にもつながると考えています。(日本大学薬学部 榛葉繁紀教授)
・体内時計と生活習慣病の関係を解き明かす
薬学の主な目的は、一つが新薬の開発、もう一つが、薬の作用や副作用を理解し、正しい使い方を知ることです。そしてそのためには、人の体のしくみや病気の原因を解き明かさなければなりません。
私が研究しているのは、体内時計と生活習慣病の関係です。メタボリックシンドロームなどの生活習慣病は、現代の医学において大きな課題となっています。その原因を明らかにすることができれば、予防や治療の方法を確立する足掛かりになると考え、研究に取り組んでいます。
・肥満の原因となるBMAL1
その研究成果のひとつが、メタボリックシンドロームや糖尿病にかかわるたんぱく質の発見です。人の体の中には、体内時計をつかさどる「時計遺伝子」というものが何種類も存在します。そのなかに、BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質があります。
BMAL1とは、Brain and Muscle Arnt like protein 1の頭文字をとって名付けられたもので、「脳と骨格筋を中心に発現する時計遺伝子のような役割をするたんぱく質のなかで最初に見つかったもの」という意味になります。これは、脂肪を貯蔵するための酵素を作ったり、脂肪を分解する酵素を減らしたりする作用があります。通常は日中に数が減り、夜になるにつれてその数が多くなるという性質をもっており、それによって体内の脂肪、つまりエネルギーの量をちょうど良く調節してくれるのです。
ところが、何らかの理由で生活リズムが崩れると、このBMAL1の働きに異常が起きることが、マウスを用いた実験で明らかになりました。BMAL1がうまく働かなくなると、脂肪を必要以上に貯めこむようになってしまい、肥満になったり、さらには、メタボリックシンドロームや糖尿病といった生活習慣病を引き起こしたりしてしまうのです。
この結果は、体内時計と生活習慣病には強い関係があることを示しています。「夜は食べすぎない方がいい」「規則正しい生活のほうが健康にいい」というのは昔から常識のようにいわれていますが、その科学的な根拠が見つかったわけです。
こうした研究が積み重なれば、不規則な生活によって病気になる原因の解明やその予防法の確立につながります。また、医薬品やサプリメントなどを含む薬に関して、いつ飲めば最大の効果を得られるのかといったこともわかるようになるかもしれません。それを目指して、今も研究を続けています。
肥満の原因となるBMAL1
研究室の風景
薬学のここが面白い
薬学を研究する面白さは、まだ知られていないことを明らかにし、人々の健康や幸せに貢献できることです。また、多くの人は薬剤師を目指しているのだと思いますが、そのやりがいは、薬を使う人のより近くで寄り添って、サポートできることにあるのではないでしょうか。(日本大学薬学部 榛葉繁紀教授)
・謎を解き明かし、人々の助けとなる
研究者として薬学に携わる面白さは、神様しか知らないことを明らかにできることでしょうか。人の体や病気については、まだまだ解き明かされていないことがたくさんあります。当たり前のようにいわれていることでも、根拠が経験則というものも少なくありません。それを研究によって科学的に解明するのは、それだけでもとても楽しいものです。
実は私は、高校生時代は獣医になりたいと思っていました。獣医学部と薬学部を受けた結果、薬学部に入ることになり、はじめのころは化学に興味がもてず、ずいぶん苦労しました。なんとか克服しようと、夏休みには卒業した高校に出向いて、先生に化学を教えてもらったこともありました。そんな私が研究者にまでなったのですから不思議ではありますが、今だからこそ実感できる言葉があります。それは、高校の恩師に言われた言葉で、私が薬学部を受けるきっかけになったものでした。曰く、「新薬を作れば、目の前の一匹の動物だけでなく、もっと多くの動物を救える」と。新薬の開発にまで至るのは並大抵のことではありませんが、一つひとつの研究成果が病気の解明に、そして誰かを病気から救うことにつながるのです。
まだ解き明かされていない秘密を解き明かすことで、人々が健やかに、また幸せに生きる手伝いができる。そんなやりがいを強く感じながら、研究に取り組んでいます。
・薬を使う人に寄り添い、支えていく
薬学部を目指す人の多くが志しているのが、薬剤師になることでしょう。薬剤師は、薬局や病院で薬の調合や管理をする役割を担います。そして、一番大きいともいえる役割が、薬を使う人とのコミュニケーションです。
例えば、薬を飲むのが苦手な人に、1日3回の薬は苦痛になるでしょう。粉薬がうまく飲めない人もいれば、大きな錠剤が呑み込めないという人もいます。食生活が不規則で、「食後」という指示だけではタイミングがつかめないということだってあり得ます。症状に合わせた薬をただ出すだけではなく、一人ひとりの生活や性格にまで寄り添って、薬を変えたり、飲み方を指導したりといった工夫ができるのは、薬の専門家である薬剤師ならではのことです。
また、薬剤師のもうひとつのやりがいが、病院以外でも薬を使う人のサポートができることです。軽い病気にかかったときには、市販薬ですませる人は少なくありません。そんなとき、医師や看護師は患者さんに関わることはできませんが、薬剤師なら可能です。現在飲んでいる薬との飲み合わせや症状に合わせて、適切なアドバイスしてあげられるのです。今後、在宅医療や地域医療など、薬剤師の役割はさらに広がっていくことでしょう。

薬学の学生に聞く(取材協力:日本大学薬学部 学生)

薬学を選んだ理由
幼い頃から、なぜ人は病気になるのか、どうして薬が効くのかということに疑問をもっていました。さらに、医師不足のニュースを目にしたことで、医療にかかわりたいと考えるようになったというのもあります。医学部も検討したのですが、自分が長く働き続けやすいのは薬剤師だと思い、薬学部を選択しました。(日本大学薬学部 学生)
・女性でも働き続けられる環境
小さい頃から、どうして人は病気になるのか、どうしてそれに対して薬が効くのかということを疑問に思っていました。また、一時期、長野に住んでいたことがあるのですが、そこでよく目にしたのが医師不足のニュースでした。医師が足りずに閉鎖してしまう病院もあるなど、大きな問題になっていたんです。それを目の当たりにしたことで、医療にかかわりたいという思いが強くなり、進路を考えるときもその方向で考えていました。
医学部も考えていたのですが、最終的に薬学部を選択したのは、働き続けたいという思いがあったからです。医師は、女性が働き続けるにはまだまだ環境が厳しく、妊娠や出産などでブランクができると復帰は難しいという声が耳に届き、思いがぐらつきました。一方、薬剤師は、ブランクからの復帰も比較的しやすいということを知り、そちらを目指すことにしたんです。(日本大学薬学部 堀口香織さん)
・消極的な選択で選んだ薬学。徐々にやりがいを感じるように
附属高校の出身で、進路選択のときも、進みたい学部を選ぶだけでした。理系だったのですが、特にやりたいこともなく、工学にも興味が持てないということで選んだのが薬学部。そんな理由ですから、はじめはやりたいことも特になく、ただ漫然と授業を受けるだけでした。しかし、実験や実習を重ねる中で徐々に興味がわいてきて、薬剤師として医療に携わりたいという思いを抱くようになりました。(日本大学薬学部 スダさん)
こんなふうに薬学を学んでいます
動物の解剖や細胞の培養、薬品を使った実験など、多くの実験や実習をしながら、生きた知識を身につけていきます。これだけいろいろな経験ができるのは、薬学部ならではないかと思っています。苦手な科目があれば友人とも助け合いながら、理解を深めていきました。(日本大学薬学部 学生)
・薬学部だからこそできる体験がある
薬学の基本は、化学、生物学、そして物理学です。1年次にこれらの授業があるのですが、高校のときに触れていなかった科目があったため、はじめは手こずりました。しかし、受験のときは大抵、物理、化学、生物、地学のなかから2科目を選択しますから、3科目ともしっかり勉強している人はまれ。つまり、みんな同じ境遇ですから不安を強いられることもなく、得意な人に教わったり、苦手な人に教えてあげたり、もちろん自分でも勉強したりしながら、基礎を固めていきました。
専門的な領域に入ると実験や実習も増えてきます。カエルやマウスの解剖や、細菌の培養、薬品を使った実験など、薬学部でなければできないこと、薬学部だからこそできることがたくさんあります。また、人体解剖の見学もしました。薬学部を卒業してから、人体解剖を見る機会はないでしょうから、まさに今しかできない体験でした。こうした経験を通じて、生物のしくみや薬、病気について、生きた知識が習得できたと感じています。(日本大学薬学部 スダさん)
実際に薬学を学んでみて
医学部への進学を考えたこともあったので、自分の選択が正しかったのかと疑問に思うこともありました。しかし、実務実習で実際の薬剤師の役割ややりがい、大変さなどを体験することができ、この道で間違ってなかったと思えるようになりました。将来は薬剤師として、人々の健康に貢献していきます。(日本大学薬学部 学生)
・実務実習で、目標がよりはっきり見えた
医学部を目指していたこともあったため、薬剤師を目指して薬学部に入ってからも本当にこの道でよかったのか揺らぐこともありました。でも、5年次の実務実習などを通じて薬剤師の働く現場に触れられたことで、今ではその選択は間違っていなかったと思えるようになりました。
実習では、薬剤師のやりがいや忙しさ、現場の雰囲気など、いいところも悪いところも含めて、その実態を目の前で見て、体験することができます。それまで想像でしかなかったものが現実になることで、自分の目指す先がはっきりしましたね。将来は薬剤師として、人々の健康を守り、支えていきたいです。(日本大学薬学部 堀口香織さん)
・将来は薬剤師として病院に勤務
消極的な理由で選んでしまった薬学部ですが、ここでしかできない体験をたくさんするなかで、少しずつやりがいや楽しみを見つけていくことができました。実際に経験することでしか得られないものの多さも実感させられましたね。将来は、薬剤師として病院に勤めたいと考えています。そのためにも、卒業研究と並行して病院でインターンをしてさらにスキルを高めるとともに、自分のキャリアステップについて、ここでしっかり見極めていきたいです。(日本大学薬学部 スダさん)

薬学に関連する記事

薬学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路