• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • デザイン
やりたいことを見つけよう!

デザインとはどんな学問?研究内容や学び方などを解説

デザイン

平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

デザインの学び方

実技・実習

すべての基礎となるものとして、自画像やヌードなどのデッサンやクロッキーなどを行う。

フィールドワーク

実際に街に出て、現実の街のスケッチから始めて、図面や模型を作ったりする。

デザイン 学びのフィールド

デザイン学と工芸学に大きく分かれるが、デザイン学は、ビジュアル(視覚)デザイン系、プロダクト(生産)デザイン系、スペース(環境・空間)デザイン系の3つに分類される。

<デザイン学>

●ビジュアル(視覚)系
商品の宣伝、販売促進や公共コミュニケーション情報などの視覚情報を、いかに効果的にかつ美的に伝えるかを、技法の習熟とともに追求する。

●プロダクト(生産)系
造形の基本能力を養い、生産活動全般に理解を深め、感性に訴える「もの」の創造をめざす。

●スペース(環境・空間)系
シニック(舞台美術)、ディスプレイ、ファッションなど各領域空間の演出を創造。居住空間から都市計画まで、幅広い領域を対象に安全性や快適空間性を追求した環境の実現をめざした研究を行う。

<工芸学>

●デザイン工芸学
陶芸、彫金などの材料を使って、生活に関わる造形芸術の創作や研究をする。

デザインに関連する記事

デザインを学べる学校を探すならスタディサプリ進路