• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 絵本作家

絵本作家

子どもから大人までに愛される絵本を作る
絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。
絵本作家
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
絵本作家になるには

絵本作家になるには

このような過程を踏めば、必ず絵本作家になれるというような決まった道はありません。絵本作家には絵を描く作家、絵と文章の両方を作る作家の2タイプがあります。絵本の基本は絵なので、美術学校や短大・大学、専門学校の美術系学部・学科などで作画やグラフィックデザインに関して学んでおくといいかもしれません。とにかくまずは自分の原画を持参して出版社に売り込む、またはコンクールなどに応募して、認められることから始まります。

絵本作家の学校の選び方

POINT
絵本作家には必須な資格などはないため、学校は必要ないと思うかもしれません。確かに絵本作家養成を掲げる学びの場は、とても数が少なく限られています。しかし、評価される絵本作家として活動するには、活動の根幹を支えてくれる、さまざまな知識と技術が求められます。学校でそれらの知識や技術を身につけておくことは、絵本作家になるために必要です。関連の知識や技術は、短大・大学や専門学校などで学べます。

絵本作家の求められる人物は?適性を知る

POINT
絵本を形作っているのは、良質な絵と文です。この両方があいまって相乗効果を発揮し、読者に愛される作品が生まれます。絵も文も、子どもの心を響かせ、興味をもたせる内容でないといけません。そのためには、絵も文もオリジナリティーが重要で、発想力や独創力が求められます。また、1冊の絵本の中で、スムーズにストーリーを展開させていくための全体の構成力や論理的な力、最後まで描き切る根気や粘り強さも必要です。

絵本作家の必要な試験と資格は?

POINT
絵本作家になるために必須の試験や資格は、特にはありません。絵を描くのに有効な資格としては、民間の資格に色彩検定(R)があります。色彩検定(R)の試験項目にある、色の心理的・視覚的・知覚的効果などの色彩心理や、配色の基本的な考え方・配色の基本的技術などの色彩調和に関する知識と技術は、絵本制作に役立つことがあるでしょう。デジタル絵本などに対応できる準備として、また絵本以外にイラストの仕事の依頼などがあった際のために、そのほかデザイン会社やキャラクター制作会社に就職する際にも、イラストレーター(R)やフォトショップ(R)に関する資格があると有効な場合があるでしょう。
絵本作家の仕事内容

絵本作家の仕事内容

絵本作家の仕事は、絵本を作ることです。絵本と言えば子ども向けのものを思い浮かべるかもしれませんが、最近では知育・学習用の絵本や大人に向けた絵本なども注目されています。読者対象や目的により、それぞれに適切な表現が求められ、絵本作家もそれらに対応していかなければなりません。また、グラフィックデザイナーやイラストレーターの仕事をしながら、絵本作家の活動をする人も多く、イラストや挿し絵がメインの本を手がけることもあります。

絵本作家の気になる?年収・給料・収入

POINT
絵本作家だけで生活を成り立たせるのは、ほぼ難しいというのが実状です。そのため、デザイン会社やキャラクター制作会社などに社員として勤務して、生活費を確保している場合がほとんどです。勤めた会社で経験と実績を積み、独立して働く人もいますが、多くの人が絵本作家としてだけではなく、挿し絵やイラストなどを描く仕事も並行して行っています。絵本が出版された際に支払われる印税は、発行部数に応じて決定されるため、決して多い額ではありません。ただし、超ロングセラーの本を作ることができれば、かなりの額の収入も期待できます。

絵本作家の就職先・活躍できる場所は?

POINT
絵本作家としての企業からの募集などはありません。一人前の絵本作家として社会的に認知され、独立して仕事ができるようになるのは理想ですが、その実現はかなり難しいのが現実です。視覚的な表現のスキルを生かして、グラフィックデザイナーやイラストレーターとして、デザイン会社やキャラクター制作会社などで働きながら、絵本作家を目指して個人的に絵本作りの活動を続けていくというのが現状です。作品やイラストが出版社や編集者の目に留まり、絵本作家としてデビューすることができれば、自宅やアトリエが仕事場になります。そこで編集者とやり取りをしたり、作品の構想を練ったり、実際に制作に取り組んだりします。
  • 出版社
  • アトリエ

絵本作家のズバリ!将来性は?

POINT
これまでは絵本は紙媒体の書籍の形がメインでした。しかし今後は、タブレットやスマートフォンにダウンロードして読む、デジタル絵本が多くなっていくと考えられています。デジタル絵本作成に必要な知識やスキルが求められるようになり、それをもっている絵本作家は、活動の幅が広がるでしょう。また、長い間、絵本は家の中にあって、読まれるものでした。けれども将来的には、「家の外へ」がキーワードになり、絵本の読まれ方は多様化していくと思われます。

先輩たちにも聞いてみよう

絵本作家のやりがいを聞いてみよう

絵本作家のおそらく全員が、絵本を通して子どもに豊かな喜怒哀楽の感情を抱かせ、喜ばせたいという願いをもって、創作活動を行っています。また、自分が好きな絵を描くことや話を紡ぎ出すことを仕事にしているという充実感も感じているようです。子どもを感動させられる作品が作れれば、課題図書やロングセラーとなって、より多くの子どもたちに手に取ってもらいやすくなります。翻訳されて、世界中の子どもの元に届けられる可能性もあります。

絵本作家の志望動機を教えて!

小さいころに出合った絵本の思い出が強く残っていたり、子どもたちを笑顔にする絵本のもつ力や魅力を知ったことなど、さまざまなきっかけがありますが、根底にあるのは絵本が好きということでしょう。人に感動を与える絵本を、今度は自分が作ってみたいという思いがあるようです。また、絵を描くのが好き、オリジナルの話を想像力を膨らませて作るのが好きという自分の特性を生かすために、絵本作家という職業に注目した人もいるようです。
取材協力
日本工学院専門学校
絵本作家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

広告デザイン専門学校 - 【11月12日】学校説明会(午前)・プレスクール(午後/体験学習) - 2017/11/12 - 愛知県名古屋市中区新栄1-16-4
新潟デザイン専門学校 - 【長野】1DAYスペシャルイベント - 2017/11/18 - 長野県長野市南長野北石堂町1177-3(JA長野県ビル 12F12D)
大原情報医療保育専門学校和歌山校 - スペシャル体験学習(保育士・幼稚園教諭) - 2017/11/04 - 和歌山県和歌山市黒田88-1