• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 警察官

警察官

日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る
社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。
警察官
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
警察官になるには

警察官になるには

警察官になるには、「警察官採用試験」を突破しなければいけません。特別な資格は必要ありませんが、採用試験を受けるためには高校卒業以上の学歴が必要です。警察官の採用は、「警察庁」と「都道府県警察」、そして「皇宮警察」の3つがあります。圧倒的に「都道府県警察」の採用が多く、「警察庁」「皇宮警察」は国家公務員となるいわゆるエリートコースです。

警察官の学校の選び方

POINT
警察官になるには「警察官採用試験」に合格する必要があります。試験内容は「警察庁」「都道府県警察」で異なります。国家公務員である警察庁の警察官になるには、まずは国家公務員試験をクリアしなければいけません。地方公務員である都道府県警察の場合は、各都道府県が行う公務員試験をパスすることが条件です。警察官になるために特定の学科を卒業している必要はないため、出身学科は政治・経済・外国語・工学から体育までさまざまです。どんな警察官になりたいかをイメージして、プラスαの強みになりそうな分野の学校を選ぶというのもひとつの方法です。人気なのは、公務員や法律系の専門学校。警察官採用試験対策に加えて、体力強化のトレーニングを取り入れたコースも設けられています。

警察官の求められる人物は?適性を知る

POINT
警察官は、「人助けをすることに喜びを感じられる」ことが何より大切です。加えて、正義感、冷静さ、一般常識力、基礎体力、忍耐強さ、コミュニケーション能力なども求められます。「気はやさしくて力もち」な人であれば、きっと人に頼られることに喜びを感じることができ、厳しい現場からも常に何かを学ぶことができるでしょう。

警察官の必要な試験と資格は?

POINT
警察官になるためには「警察官採用試験」に合格しなければいけません。もっていなければいけない資格は特にないのですが、職務で必要になることを予測して「普通自動車免許」や「普通自動二輪」の資格をもっている人は多いです(マニュアル車を運転しなければいけない場面も多いので、AT限定でないものをもっている人がほとんど)。試験内容は国家公務員である「警察庁」と地方公務員の「都道府県警察」で大きく異なります。
警察官の仕事内容

警察官の仕事内容

警察官とひと口に言っても、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級があり、仕事内容はさまざまです。警察職員は全国におよそ30万人おり、組織も非常に大きなもの。国の行政機関であり各地の警察を指揮する「警察庁」と、その地域で発生した事件に対処する「都道府県警察」があります。警察庁は、国家に関わる公安や警察組織全体の調整、各都道府県警察の指揮監督などの役割をもちます。都道府県警察の機構は各自治体によって少しずつ異なりますが、地域、交通、刑事…などの部門から成り立っています。そして各部門に配属された警察官たちがそれぞれの任務に当たります。

警察官の気になる?年収・給料・収入

POINT
警察官の平均年収は「地方公務員給与実態調査(平成27年度)」をもとに算出すると、約703万円。警察官の給与の等級は9つに区分されており、等級で月給が決まります。また、大卒警察官と高卒警察官でも給与(初任給)が違います。

警察官の就職先・活躍できる場所は?

POINT
「◯◯県警察本部」(都道府県で採用)所属の警察官は基本的にその都道府県内での勤務になります。ただし例外的に、空港警備、災害時派遣、警視庁などへ一時的に出向することもあります。「警察庁」所属の警察官の場合は、都道府県警察の署長など管理者として勤務することも。また、外務省など他の省庁に出向する人もいます。
  • 被災地
  • 事故現場
  • 警察署

警察官のズバリ!将来性は?

POINT
警察官は子どものころにあこがれる人も多い職業。一方で人工知能の開発が進み、「将来的には◯◯万人の警察官が必要なくなる」などの噂もありますが、防犯対策面や市民の心の安心度から考えても、警察官の急激なリストラは現実的には考えにくいといえます。また、これからの時代は警察官も語学やITの知識といった専門的なスキルが重視されるなど、求められる能力も変わってくるのでは?といわれています。

先輩たちにも聞いてみよう

警察官として働く近藤 陽香さん
「どんなことにも真摯に対応する」。初心を忘れず、信頼される警察官に
環太平洋大学 次世代教育学部 こども発達学科 卒業
近藤 陽香さん
警察官として働く片山 茜梨さん
被害者の気持ちを理解し、不安な気持ちを和らげてあげたい
京都光華女子大学 健康科学部 心理学科 卒業
片山 茜梨さん

警察官のやりがいを聞いてみよう

警察の仕事は、人々の安全を守る役割を担う仕事です。困っている人や弱い立場の人の力になれることが何よりのやりがいとなります。テレビドラマのように犯罪や事件を解決することにももちろん達成感を感じることはできますが、警察官である自分たちがパトロールをしたり、注意喚起をしたりすることで「犯罪を未然に防いでいる」という意識が日々の仕事へのモチベーションとなるようです。また、交番で道案内をしたり、落し物を持ち主に返したり、学校などで交通安全教室を開催したりと、一般の人々と触れ合う機会が多い仕事でもあります。市民とのコミュニケーションが欠かせない仕事であり、折々でかけられる「ありがとう」という声はもちろん、「カッコいい」の声も仕事のやりがいにつながります。

警察官の志望動機を教えて!

警察官という仕事は市民の安心・安全な暮らしを守る仕事。危険を伴ったり、自らのプライベートが制限されたりすることもあり、生半可な覚悟やただのあこがれだけで務まる仕事ではありません。弱い人の力になり、正義の最前線で戦うことにやりがいや意義を見いだせるか、やさしい気持ちをもち、忍耐強く辛く苦しい場面を乗り越えられるか、今一度自分に確認をしてみるといいでしょう。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

警察官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大原スポーツ公務員専門学校松本校 - 奨学生&AO・推薦入学説明会 - 2017/11/05 - 長野県松本市本庄1-1-5
大原簿記医療秘書公務員専門学校町田校 - 学校見学&進路相談(10月) - 2017/10/27~2017/10/31 - 東京都町田市森野1-9-21
京都IT会計法律専門学校 - ☆進路相談会☆ - 2017/10/28 - 京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町719