• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 図書館司書

図書館司書

「本」と「利用者」の出会いを作る、図書整理&図書紹介のプロフェッショナル
都道府県や市町村の公共図書館、私立図書館、大学図書館、学校図書館、国立国会図書館、専門図書館に勤務し、本や資料の収集・分類整理・管理、蔵書の貸出、情報提供(レファレンス)、広報などに従事する専門職員を「図書館司書」(=司書)と呼びます。正規職員の場合は「司書」の国家資格をもって働く人がほとんどです。「司書」の資格を取得するためには、「大学・短大で司書養成科目を履修して卒業する」「大学などが開講する司書講習を受講する」などの方法があります。また、学校図書館で子どもに読書指導を行う司書(司書教諭)として働くためには、「司書教諭」の免許が必要になります。「司書教諭」の免許を取得するためには、教員免許が取得でき、かつ司書教諭講習科目が受講できる大学や短大を目指すことになります。
図書館司書
司書教諭<国>

図書館司書

学校図書館の運営や読書指導を行う教員のための資格
小学校・中学校・高校・特別支援学校で、学校図書館の運営を担い、生徒たちに読書指導をする司書教諭として働くために必要な資格。合計12学級以上の学校には司書教諭を置くことが義務づけられています。なお、司書教諭は学校の先生が担当するものなので、小学校・中学校・高校・特別支援学校の教諭免許状も同時に必要になります。似たような仕事に「学校司書」がありますが、こちらは特に資格は必要ない、学校の事務職の一つです。
司書<国>

図書館司書

図書館で働く司書になるための資格
司書とは都道府県や市町村の公共図書館などで本を選び集めたり、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などをおこなう専門的な職員のこと。司書補は司書を補助する役割。司書・司書補になるには、1.司書講習を受講するか、2.大学・短大で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業する、ことなどが条件。司書・司書補の資格を取った後、図書館に採用されてはじめて司書・司書補として活躍できる。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
図書館司書になるには

図書館司書になるには

図書館が募集する「司書」の応募条件を見ると、「図書館司書」の資格を有すること、もしくは取得見込みがあることがほぼ必須の条件になっています。また、学校図書館で「司書教諭」として働くためには、「司書教諭」の免許が必須となります。いずれも、資格・免許取得に必要な科目を履修できる4年制大学・短大に進学し、必要な単位を取得して卒業することが必要です。資格・免許の取得後、希望する図書館の司書採用試験、または、地方公務員試験(司書の専門職もしくは一般行政職)を受験し、合格して初めて司書として働くことができるようになります。(※ただし、地方公務員試験の一般行政職を受験する場合は、図書館司書資格をもっているからといって必ず図書館に配属されるというわけではないので注意が必要です)。

図書館司書の学校の選び方

POINT
「司書」の資格を得るには、「司書養成科目」が開講されている4年制大学・短大を探す必要があります。2015年9月時点で、「司書養成科目」が開講されている4年制大学は158大学(国立10、公立4、私立144)、短大は58大学(公立3、私立55)存在しているので、通いやすさを重視して選ぶこともできるでしょう。ただし、図書館情報学を専門的に学べる学部や学科がある大学・短大は全体で見ると数が少なく、多くの場合は文学部などのいずれかの学科を専攻しつつ、「司書養成科目」を選択して履修することになります。また、「司書養成科目」が開講されていない学校に進学した場合は、指定の大学で開講される「司書講習」を別途受講するのも手。こちらは毎年7~9月ごろに行われるため、夏休みを利用して参加することが可能です。

図書館司書に求められる人物は?適性を知る

POINT
司書として幅広い業務に携わりたいのであれば、本の分類や情報管理に関する「図書館学」を学んでいることは必須条件。さらに、日々の業務の中で「本」と「人」と深く向き合うことになるため、「本が好き」「人と接することが好き」という人でないと、続かない仕事であるとも言えるでしょう。また、ルールを決めて物を分類することや整理整頓が得意な人、知的好奇心が旺盛な人、サービス精神が旺盛な人、1つの作業に集中して取り組める人も司書に向いています。最近ではカウンター業務でコンピュータを使うことが当たり前になっていますので、基本的なパソコン操作のスキルも身につけておく必要があります。大学図書館や研究機関に勤める場合は、英語をはじめとした語学力を問われることが多くなります。

図書館司書の必要な試験と資格は?

POINT
司書として働く場合にほぼ必須と言ってもいいのが「司書」の国家資格、学校で司書教諭として働く場合に必須となるのが「司書教諭」の免許です。また、資格・免許取得後には、図書館ごとに定められた採用試験を突破しなくてはなりません。公共図書館に正規職員として勤務する場合は、「地方公務員試験」(司書の専門職もしくは一般行政職)を受験するのが一般的なため、4年制大学・短大在学中に公務員試験対策を進めておく必要があります。公立の小学校・中学校・高校で司書教諭として働きたい場合は、「教育職員採用試験」を、国立大学で司書として働きたい場合は「国立大学法人等採用試験」をそれぞれ受験します。そのほか、私立の大学・学校図書館や専門図書館に勤務する場合、または公共図書館で嘱託職員やパートなどの非正規職員として勤務する場合は、学校または図書館ごとに定められた独自の採用試験を受けることになります。国会図書館にも独自の採用試験があります。このようにどの図書館で働くかによって採用試験は異なりますし、司書の国家資格の有無や最終学歴など、募集条件も図書館ごとに異なります。司書は毎年一斉に一定数の募集がかかるタイプの職種ではなく、不定期に若干名もしくは欠員が出たら補充をするという採用方法であることが多いため、求人情報をこまめにチェックすることも大切になります。

図書館司書を目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
64万 2250円
 ~ 197万 8400円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事内容

図書館にはさまざまな種類がありますが、「本の整理」「本の選定・収集」「利用者の質問や要望への対応」の3つは、いずれの図書館においても共通する業務。さらに各図書館の特色によって、司書が担う役割には少しずつ違いがあります。例えば、公共図書館の場合は子どもを対象にした読み聞かせ会や、地域住民に向けたイベントの企画・運営など。また、学校図書館であれば、図書館の利用方法を説明するオリエンテーションの実施、図書委員会の運営、調べもの学習の補助など、児童・生徒が利用する図書館ならではの独自の業務が発生します。

図書館司書の気になる?年収・給料・収入

POINT
司書の給料・年収は、働く場所や雇用形態によって大きく変わります。例えば、司書の就職先のメインとなる都道府県・市町村の公共図書館の場合では、地方公務員(一般行政職)として採用・配属される正規職員と、嘱託職員・契約職員・臨時職員・パートなどの非正規職員では、待遇がまったく変わってきます。地方公務員の場合は月ごとの基本給が決められており、平均給与は約41万円。昇給やボーナスもあり、年収は約648万円となっています。一方、非正規職員の場合は時給×勤務時間の計算になることがほとんど。時給にして850~1200円程度、月給制の場合は18~20万円あたりが主流のようです。学校図書館で働く司書についても、地方公務員(小・中学校・高等学校教育職)として採用・配属される司書教諭なのか、司書教諭の免許をもたない学校司書なのかによって収入は変わってきます。

図書館司書の就職先・活躍できる場所は?

POINT
図書館の職員として採用され、勤務するのが一般的。図書館には、自治体などが運営する公共図書館、民間団体や個人が設立・運営する私立図書館、学校図書館(小学校・中学校・高校)、大学図書館、国立国会図書館などの種類があり、採用方法、仕事内容、給与条件はそれぞれ異なります。公共図書館の場合は地方公務員試験を受験することになりますが、一般行政・事務職として採用されたのち図書館に配属されるパターンと、最初から司書として採用されるパターンがあります。また、司書の有資格者を対象にした独自の採用試験が行われる場合もありますが、時給制の嘱託職員・臨時職員・パートなど非正規型の雇用契約が多いようです。
  • 図書館

図書館司書のズバリ!将来性は?

POINT
本が好きであれば、「司書に憧れる」という人は多いでしょう。とはいえ、司書として採用されるのは狭き門だと言われることが多いですし、「子どもの読書離れや図書館業務のコンピュータ化が進んで活躍の場が減っているのでは?」と将来に不安を抱く人もいるかもしれません。しかしながら、「図書館の数」「司書の人数」「児童1人あたりの貸出冊数」はいずれも増加しているというデータ(※)が出ているなど、図書館や司書に対する世の中のニーズが低くなっているわけでは決してありません。また、雇用形態だけを見れば正規職員より非正規職員の割合が増えてはいるものの、司書という専門職へのニーズは一定数あり、それはこれからも大きくは変わらないと言ってもいいでしょう。とはいえ、正規職員と非正規職員における給与や待遇の壁はやはり厚いため、安定した生活を望むのであれば、こまめに情報収集を行い、試験対策などの準備を早くから行う必要があると言えます。※文部科学省 平成27年度社会教育調査中間報告を参照

先輩たちにも聞いてみよう

図書館司書のやりがいを聞いてみよう

本が好きな人にとっては、大好きな本に囲まれて仕事ができるということが、まず大きなよろこびにつながる仕事です。さらに、司書としての知識や経験を生かし、利用者が求めていることや困っていることにこたえてあげられること、その際に「ありがとう」の一言がもらえることが、何よりのやりがいになるという声が多く聞かれます。

図書館司書の志望動機を教えて!

やはり一番よく聞かれるのは、「本が好きだから司書を目指すことにした」という志望動機です。また、「通っていた図書館の司書にお世話になり、あこがれるようになった」という声も多いです。そのほかにも、図書館という場所が好きで図書館を職場にしたいと思った人、専門知識で人の役に立てることに魅力を感じた人など、きっかけはさまざまあるようです。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
司書教諭<国>の就職先

司書教諭<国>の就職先

全国の公立、私立の小学校、中学校、高校、特別支援学校。
図書館司書をとるには

司書教諭<国>をとるには

司書教諭<国>の受験資格

司書教諭は、大学や短大の司書教諭講習科目を履修し、必要な単位を修得すれば取得することができます。そのほか、司書教諭講習を受講することでも取得できますが、講習は、小学校・中学校・高校・特別支援学校のいずれかの教諭免許状を取得しているか、大学に2年以上在籍し、62単位以上修得している学生であることが受講の条件となっています。

司書教諭<国>の合格率・難易度

合格率

資格団体

文部科学省 初等中等教育局児童生徒課
電話:03-5253-4111
URL:http://www.mext.go.jp/
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
司書<国>の就職先

司書<国>の就職先

都道府県や市町村の公共図書館など(国立国会図書館や学校図書館に勤めるには別の資格・試験の合格が必要)
図書館司書をとるには

司書<国>をとるには

司書<国>の受験資格

司書講習の受験資格は、大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか高等専門学校を卒業していることなど。

司書<国>の合格率・難易度

合格率
※講習で取得できる資格

資格団体

文部科学省
電話:司書(補)関係 生涯学習政策局社会教育課 図書館振興係 03(5253)4111(内線2970)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/

大学・短大

専門学校

図書館司書を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路