• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • コンピュータ(エンジニア系)
  • プログラマー

プログラマー

コンピュータを動かすプログラムの開発・作成
コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。
プログラマー
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校

プログラマーの学校の選び方

POINT
プログラマーになるのに、原則として学歴は不問です。基本的にはどのような経歴のもち主でも、「プログラマーになりたい」という強い意思、意欲や適性があれば、誰もがなれる職業です。ただし、プログラミングの現場で、最低限必要となる関連する知識やスキルを、体系的に学んでおくことは、決してマイナスにはなりません。状況が許すなら、短大・大学や専門学校で学ぶといいでしょう。一部の企業では就職の際、4年制大学卒が条件になる場合もあります。

プログラマーに求められる人物は?適性を知る

POINT
プログラミングは個々の案件のコンピュータ上での処理方法を、考えていく仕事です。適切な処理方法を作るには、論理的思考能力が求められます。プログラマーは適性がより重要な職業と言われますが、一番に必要なのは、この論理的思考能力です。たとえ厳しい労働環境でも仕事を続けていくには、プログラミングが好きという気持ちも大切です。また、コミュニケーション能力なども必須です。

プログラマーの必要な試験と資格は?

POINT
プログラマーになる時に必ず必要になる資格はありません。しかし、プログラマーとして実際に働く際に求められる、関連知識やスキルに関する能力認定の試験があります。ほとんどが民間資格の中、唯一、国家資格が得られるのが、経済産業省が認定する情報処理技術者試験です。取得していれば履歴書に書けますし、採用試験の時に自らのアピールポイントやほかの志望者との差別化になるので、取得することで選考が有利になるケースもあります。

プログラマーを目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
54万 2800円
 ~ 194万 8200円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
76万円
 ~ 149万 800円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は実にさまざまです。細分化していけばきりがないほど広範囲に働くプログラマーですが、代表的な仕事分野として、銀行の基幹システムを構築する仕事をはじめ、広く普及しているオンラインショッピングなどウェブ上で使われるプログラミングの仕事、快適な日常生活に欠かせないさまざまな家電製品や自動車に用いられている機械に組み込んである「組み込み系・制御系」と呼ばれる仕事と、スマートフォンで利用できる多彩なアプリ開発の仕事などがあります。

プログラマーの気になる?年収・給料・収入

POINT
ステム開発会社、ソフトウエア会社や一般企業などで働き、給料を得ますが、その額はピンからキリまであるというのが実態です。企業規模で言えば、小さいところよりも大きいところのほうが、高い年収となるようです。月給の差よりも、期末手当などの特別給与の額の差が大きく、企業規模の大きなところのほうがより高くなっています。関連資格取得を奨励している企業では、資格を取ることで給料に上乗せがある場合もあるようです。

プログラマーの就職先・活躍できる場所は?

POINT
勤め先で経験を積み、実力を評価されてフリーのプログラマーとして働く人もいますが、まずはプログラマーとして企業に就職するのが一般的です。プログラマーの就職先には、システム開発会社、ソフトウエア会社をはじめ、自動車メーカー、家電メーカー、運送業、建築業、小売業、流通業など幅広い企業があります。10人に満たない社員でプログラミングを行う小規模なところから、従業員数数千人の大規模なところまで数多くの就職先があります。
  • コンピュータメーカー
  • ソフトウエアメーカー

プログラマーのズバリ!将来性は?

POINT
今後、世の中のIT化がさらに進んでいくことは必至です。それに伴いさまざまな場面でプログラミングが必要となり、プログラマーの需要はより一層高くなっていくと思われます。しかし、実際のプログラム作成は、人件費の安い海外への発注が増えていくことも考えられ、国内での先行きは不透明な部分もあります。将来のプログラマーには、AI(エーアイ)(人工知能)やIoT(アイオーティー:Internet of Things。モノのインターネットの意味。パソコン等に入っている通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットに繋がること)などの先端技術を活用したより専門性の高いプログラミングができることが望まれるようです。

プログラマーの先輩・内定者に聞いてみよう

プログラマーとして働く黒川 昂樹さん
手がけたシステムが完成した時の達成感と、それが実際に稼働する喜びが醍醐味です!
東京スクール・オブ・ビジネス
ITビジネス学科 情報処理専攻(現:プログラマー専攻)
プログラマーとして働く佐藤 正崇さん
学生時代にネットワークスペシャリストを取得。日本を代表するエンジニアを目指したい
盛岡情報ビジネス専門学校
ネットワークセキュリティ科 ネットワークエンジニアコース 卒

プログラマーを育てる先生に聞いてみよう

Photo
ゲームがどのように作られているかを教えてくれる先生
埼玉コンピュータ&医療事務専門学校
情報テクノロジー科

プログラマーを目指す学生に聞いてみよう

プログラマーのやりがいを聞いてみよう

ひとつのプログラムを完成させるには、手間も時間もかかります。こうした制作過程の苦労を乗り越えて、決められていた納期までに納品できた時、達成感とともにやりがいを感じるという人が多くいるようです。同時に、自分のかかわったプログラムが社会のさまざまな場面で人の役に立っているのを実感できた時、この仕事をしていて良かったと実感するようです。自分の欲しいアプリやウェブサービスなどを、自ら作れるところのおもしろさを感じている人もいるようです。

プログラマーの志望動機を教えて!

現代社会は、あらゆる分野にコンピュータが浸透しています。身近な家電製品やスマートフォンなどにもコンピュータが組み込まれ、コンピュータなしの世界は、考えられないほどです。コンピュータを正しく作動させるプログラミングを通して、世の中や多くの人々の役に立ちたいと、プログラマーを志望する人がいるようです。中には、自分が大好きなゲーム開発のスタッフとしてのプログラマーに興味をもったという人もいるようです。
取材協力
日本電子専門学校
もっと詳しく調べてみよう

もっと詳しく調べてみよう

プログラマーの1日のスケジュール

COLUMN
プログラマーとは、一般的にプログラム言語を使ってシステムやソフトウエアを作る職種のことで、Webやゲームなど数多くの分野で活躍しています。会社員かフリーランスであるかにかかわらず、その働き方はジャンルや開発段階によって左右されることが多いようです。

プログラマーの1年目はどうだった?

COLUMN
プログラマーは技術職とも言えますので、1年めからバリバリと活躍しているイメージをもっている人もいるかもしれません。では実際には、どのような1年めを過ごすことになるのでしょうか。勤務している会社によって異なりますが、あるプログラマーのケースを中心に見ていきます。

プログラマーの歴史を知ろう

COLUMN
プログラマーという仕事は、コンピュータとの関係性は切っても切り離すことはできません。では、そもそもコンピュータはいつ頃に誕生し、どういう経緯でプログラマーという仕事が生まれたのでしょうか。過去から現在まで、コンピュータの大まかな歴史とともにプログラマーの歩みを見ていきましょう。

プログラマーに会いに行こう

COLUMN
プログラマーという職種は、会社に勤務している場合も、フリーランスとして活動している人も、基本的には屋内での作業が中心です。なかなか出会えるチャンスは少なそうなイメージですが、どこに行けば会うことができるのでしょうか。プログラマーと会うための方法をいくつか紹介します。

プログラマーのキャリアパス

COLUMN
プログラマーを続けていくと、どのような未来が待っているのでしょうか。プログラマーになってからのキャリアは、かかわっているジャンルによって異なります。また、技術を高めていくのか、進行や企画といった部分まで担当することを目指すのかによっても、キャリアパスは大きく変わっていきます。

プログラマーの20年後、30年後はどうなる?

COLUMN
プログラマーは文字どおり、プログラミングにかかわる仕事をする職種です。そのため、AIとの距離感は近いところにありますが、AI(人工知能)の発達によって、プログラマーの未来はどうなっていくのでしょうか。すさまじいスピードで進化していく業界で生きる、プラグラマーの今後について考えてみます。

プログラマーの休日の過ごし方

COLUMN
プログラマーにとって休日は、日々の疲れをとるのはもちろん、実は知識や技術を伸ばすためのチャンスともなっているそう。自宅でプログラムを書いたり、技術の知識をキャッチアップするための勉強会に参加したりするなど、仕事にプラスになるオフの過ごし方があるようです。

プログラマーになるために今から役立つ経験

COLUMN
プログラマーになりたいと思ったとき、学生時代にどのような勉強や経験をしておくといいのでしょうか。プログラマーが活躍できる分野は、Webやゲーム、AI関連といくつかあり、それぞれ必要とされる能力は違いますが、共通して役立つこともあります。高校生のときから取り組めることも併せて紹介します。

プログラマーになるための勉強時間・やり方

COLUMN
あるプログラマーに対して、「プログラマーになるためには、どのような方法でどれぐらい勉強しておくのがいいのか」について聞いたところ、特に決まった資格などは必要ないが、取り組んでおくといい勉強方法があると言います。ここでは、高校時代から取り組めることも含めて紹介していきます。

プログラマーの楽しいことと大変なこと

COLUMN
プログラマーの仕事は、パソコンに向かってキーボードで黙々とプログラムを打ち込んでいく、というのが一般的なイメージかもしれません。では仕事をしているなかで、どのようなことに楽しさや大変さを感じているのでしょうか。Web系プログラマーの体験談をもとに見ていきましょう。

関連する記事

プログラマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

読売理工医療福祉専門学校 - 【介護福祉学科】介護の世界を体験してみよう - 2019/01/12 - 東京都港区芝5-26-16
HAL名古屋 - 再進学・Wスクール入学相談会 - 2018/12/22~2018/12/25 - 愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1
国際情報ビジネス専門学校 - 毎回変わる!体験授業に参加しよう!総合ビジネス学科 - 2019/01/05~2019/01/12 - 栃木県宇都宮市大通り1-2-5