• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • コンピュータ(エンジニア系)
  • プログラマー
  • 1日のスケジュール
プログラマーの1日のスケジュール

プログラマーの1日のスケジュール

全国のオススメの学校

プログラマーとは、一般的にプログラム言語を使ってシステムやソフトウエアを作る職種のことで、Webやゲームなど数多くの分野で活躍しています。会社員かフリーランスであるかにかかわらず、その働き方はジャンルや開発段階によって左右されることが多いようです。

仕事が落ち着いている時期のプログラマーの1日

プログラマーは、プロジェクトの進行状況に応じて忙しさが大きく変わってきます。まずは会社勤務のWebプログラマーで比較的、仕事が落ち着いている場合の1日のスケジュールを見ていきましょう。

6:30
起床、身支度
ニュースなどで情報をチェックします。

8:30~9:30
移動
通勤中はWebブログや「Qiita(キータ)」、または、そのときに気になっている技術関連のキーワードで検索して調べたりしています。

9:30~10:30
情報収集
会社に到着したら、30分~1時間ほどは情報収集を行い、移動中に気になって調べていたものを追ったりします。合わせてメールチェックも実施し、その内容にも基づいてタスクについて調べたりもします。

10:30~13:00
仕事
予定していたプログラムを作成するなど、制作物に取りかかります。
また1日1回、1時間ほどのミーティングに参加するほか、あまりプログラマーがやるケースは少ないのですが、所属している会社でチーフなどの役職にある場合、自社のサービスを利用しているお客さんや連携先、もしくは受託開発の依頼者に対してヒアリングを行うこともあります。

13:00~14:00
昼食
プログラマー同士で技術トレンドなどについて談笑しながら昼休憩を取ります。

14:00~18:30
仕事
プログラムを作るときは可能な限り集中するため、できるだけまとまった時間を取るように心がけています。仕事が落ち着いている時期は、何事もなければ定時で帰っています。

19:30~21:30
会食
会社以外のエンジニアの友人と勉強会も兼ねて会食をすることもあります。そういうときは、ひたすらエンジニアリングの話をするなど、熱い談義を繰り広げることが多いです。

23:00~1:30
帰宅
会社とは違った領域の言語に挑戦したり、日々変わっていく技術のキャッチアップのために、朝の移動中などに調べた新しいものに対して深掘りしたり、使ってみたりもします。

2:00
就寝

仕事が忙しい時期のプログラマーの1日

納期間近やリリース近辺など、仕事が忙しい日における1日の流れを時系列で説明します。

6:30
起床、身支度

8:30~9:30
移動

9:30~10:30
情報収集
繁忙期でも基本的な朝の流れは同じですが、普段なら自由に調べているものが、そのときに取り組んでいるものに関する調べものに変わることもあります。調べものをしないで、すぐに業務に取り組むケースもあります。

10:30~13:00
仕事

13:00~14:00
昼食

14:00~18:30
仕事
できるだけ業務に集中して、場合によってはミーティングも、キャンセルやリスケジュールして開発を行います。最近、Web系ではリモートワークが認められているところも増えてきています。

19:00~20:00
夕食

21:00~23:00
残業
どんなに忙しくても徹夜して作業するケースはほぼありません。

23:00~1:30
帰宅

2:00
就寝

関連する記事

プログラマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路