• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • コンピュータ(エンジニア系)
  • プログラマー
  • なるには
プログラマーになるには

プログラマーになるには

プログラマーとして働くために、必要な国家資格はありません。必ず卒業したり修了したりしなければならない学校や、学部・学科もありません。ただ、コンピュータ言語、コンピュータの仕組み、ネットワークシステムなどの知識があると働く現場で役に立ちます。短大・大学、専門学校の関連する学部・学科で学び、コンピュータメーカーやソフトウエア会社などの採用試験に臨むのが一般的なパターンです。

短大・大学、専門学校を経て

高校卒業直後にプログラマーとして働けることは、ほぼありません。短大・大学や専門学校を経て、プログラマーを必要としている企業に就職します。いち早く、プログラミングの現場で信頼されるスタッフとして働くには、コンピュータ言語をはじめ、コンピュータの仕組み、ソフトウエア開発の手順や仕組み、ネットワークシステムなどに関する一定の知識と対応できるスキルをもっていると役に立ちます。そのために、短大・大学や専門学校で、ITやプログラミングに関連する学問を学んでおくといいでしょう。

文系出身者

プログラマーになれるのは理系出身者だけだと思われがちですが、実際には前もってコンピュータの知識をもっていない文系出身者でも、プログラマーになれます。プログラマーに求められる論理的思考のできる人ならば、入社後の社内研修などでしっかりと学び、知識とスキルの習得が認められれば、プログラマーとして活躍できます。特に大手IT企業では、自社で優秀なプログラマー養成を行うところも少なくないので、文系出身者でもプログラマーへの道は開けています。プログラマーが仕事に用いるのはコンピュータ言語という特殊な言語ですが、言語であることには変わりはありません。言語を学ぶ力は理系出身者より文系出身者のほうが優れているとも考えられるので、文系出身者でもプログラマーになるのにあまり大きなハンデはないようです。

取材協力
日本電子専門学校

全国のオススメの学校

関連する記事

プログラマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路