• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 考古学
やりたいことを見つけよう!

考古学

考古学

遺跡や遺物を通じて、人の過去を探る

中学や高校の社会の授業で、旧石器時代の人々の暮らしぶりを学習したと思いますが、文字のない時代のことですから、書物などの資料はいっさいありません。そこで遺跡やかつての集落だったと思われる土地を掘り起こし、当時の生活ぶりを物語る品々を発掘調査します。こうした学問を考古学といいます。考古学を学べる学科では、歴史や国内外の地域史を学びながら、実習を通して発掘調査の技術を身につけるというのが一般的です。卒業後は、発掘調査の仕事に就く先輩もいます。また学芸員として文化財の保護・活用に携わるという選択肢もあります。

考古学の学び方

遺物から人類の歴史を明らかにする
歴史の教科書には、旧石器時代の人々は竪穴式住居や石器を利用して暮らしたと書かれています。しかし文字のない時代のことがどうしてわかるのか不思議だとは思いませんか。書物や資料がなくとも、遺跡を掘り起こしていくと建物跡や道具がみつかり、当時の暮らしぶりが見えてくるのです。そういった調査・研究に取り組む学問が考古学です。考古学の目的は人類の歴史を明らかにすることです。その点、歴史学と似ていますが、歴史学が文字で書かれた資料を頼りにするのに対し、考古学は土の中から発掘された道具や服飾品、食べ物といった、いわゆる遺物から人々の活動を明らかにするという点に特徴があります。考古学の研究領域は人類誕生以降、すべての時代が研究対象となります。ですから、江戸時代に使われた玩具や、昭和時代に造られた防空壕なども、研究テーマにしますが、地球上に人間が現れる前に生きていた、恐竜の化石などは対象としません。
発掘調査から報告まで
資料乏しい歴史を解明していく考古学ならではの調査が、遺跡や遺物の発掘です。労力を要する作業ですが、ささいなことも見逃せない緻密さが求められますから、測量1つにもさまざまな機器を用いますし、ノートやカメラでどこからどんな物が出てきたのかをもらさず記録していきます。発掘作業の醍醐味といえば、やはり遺物の発見です。何千年もの間、誰も触れていない遺物を掘り当てたときの感動は、発掘者にしか味わえないといいます。発掘したものは、研究室に持ち帰って土などを落とし、場所や地層、状態などを記載した名札をつけて、素材や使いみちによって分類します。土器や石器などの破片は、色や形や模様などに注目しながら、ジグソーパズルのようにつなぎ合わせて復元します。破片が見つからなければ石膏で埋める、復元が困難であれば、表面に紙を押し付けて凹凸をうつしとる拓本という方法もあります。最終的には、写真を撮影して、出土品の情報や歴史的意義などを報告書にまとめます。遺物はその後、博物館や埋蔵文化財センターに保管され、貴重な教材・資料になります。こうした研究の積み重ねが、考古学の発展を支えています。
実習を通して発掘調査の技術を身につける
考古学を学べる学科としては、「歴史学科」「史学科」「文化財学科」「歴史遺産学科」などがあります。これらの学科では、考古学の歴史や国内外の地域史を学びながら、実習を通して発掘調査の技術を身につけるというのが一般的です。
考古学の一般的なカリキュラム
1年次には「考古学入門」「考古学概説」や「日本史」「西洋・東洋史」などを履修して、考古学を学ぶうえでの基礎的な知識を得るというのが一般的です。2年次になると、発掘調査に必要な技術を学ぶ授業が始まります。「フィールドワーク」「調査実習」などを通して、発掘現場や博物館などに足を運びながら、遺物の発掘や測量、観察、資料化など、一とおりの技術を身につけます。さらに選択科目として、国内外さまざまな地域の歴史を学びながら、自分の興味を探ります。大学によっては外国語を学び、専門書を原文で読む授業もあります。3年次になると、発掘現場で本格的な「発掘調査」を経験します。1~2週間合宿をし、同期や大学院の先輩と寝泊まりしながら、発掘作業を行う大学もあります。また遺跡を発掘する技術だけでなく、遺物を文化財として適切に管理する方法を学ぶ授業のある大学も増えています。3年次の後半になると、卒業論文の執筆に向けて研究テーマを決定。4年次には卒論執筆に力を入れ、完成を目指します。
大学によって学べる内容はさまざま
考古学を学べる学科としては、「歴史学科」「史学科」「文化財学科」「歴史遺産学科」などがあります。「歴史学科」や「史学科」では考古学や歴史学に特化して学ぶ傾向にあります。そのため日本史、アジア史、オセアニア史、オリエント史、エジプト史など、特定の地域の歴史を深く学べる授業があったり、ラテン語、ヘブライ語、ギリシア語などを学んで、外国語で書かれた考古学の専門書を読む授業などもあります。大学によって得意とする分野が異なるので、興味のある地域が決まっている場合には、そうした分野を専門とする先生がいる大学を選ぶのが得策でしょう。また、北海道の大学ではアイヌ文化、沖縄の大学では琉球文化や台湾の地域史、青森の大学では縄文遺跡などを対象とした、地域に根ざした授業を行っています。さらに発掘調査にしても、大学によって実施期間や場所は異なりますから、4年間でどれだけ経験できるかも重要なポイントになるでしょう。「文化財学科」や「歴史遺産学科」では、考古学や歴史に関する授業は比較的少なく、その分、美術史や美術鑑賞、史料学、世界遺産論などが充実しており、博物館や行政機関、地域の中で文化財をどのように保存・活用するかといったことに着目した研究も進んでいます。博物館や遺跡公園、観光地などにおける文化財活用の重要性が高まっており、そうした分野での活躍も期待されています。
歴史はもちろん、理系の知識も必要
考古学を学ぶとなると、歴史に関する文献を読んだり外国語を学んだりと、文系的な学び方が多いイメージがありますが、発掘された遺物から情報を引き出す際には理系的な手法を用いることが多々あり、理系の知識も求められますし、身についてきます。例えば、遺物を分析するときに用いられる「放射性炭素年代測定法」は、遺体などに含まれる炭素量から生存した年代を明らかにするというものですから、化学や生物学の知識が必要となります。近年では理系分野との連携が進んでおり、新たな発見につながる事例が増えています。例えば、これまで撲殺説だったツタンカーメン王の死因ですが「CTスキャン」によって伝染病によるものと判明しました。これから考古学を学ぶうえでは、最新の科学技術を把握しながら学ぶ姿勢も求められるでしょう。
地道な作業が続く
考古学を学ぶうえで欠かせないのが、土の中から遺物を発掘する「発掘調査」です。大学の授業では、発掘現場を訪れて発掘作業を経験します。ザクザクと遺物が掘り出されるかというとそう簡単にはいきません。発掘現場を2メートル四方に区分けして、遺跡や遺物を損なうことがないようスコップなどを使って慎重に土を剥がすという地道な作業が続きます。遺物が出ないことも少なくありませんが、忍耐強く掘り続けなければなりません。大学によっては1~2週間合宿をして現地で寝泊まりをし、汗と泥にまみれながら連日掘り続けますから、そうした作業が苦にならないという人が向いているでしょう。
細かな作業が好きな人にも向いている
発掘調査は一人で寡黙に進めるものと思われがちですが、実際には掘る人、計測する人、記録する人、全体の指示を出す人など、役割分担をしながら進めていきます。チームワークがものをいう現場ですから、みんなで協力することが好きという人が向いています。その一方で発掘後には、顕微鏡でじっくりと観察したり、土器や石器などの破片をつなぎ合わせて復元するといった作業が待っていますから、細かな作業が好きな人にも向いているといえるかもしれません。

考古学 学びのフィールド

まず、人類の歴史を探究する考古学は「歴史学」の一分野に位置づけられます。特徴的なのは、歴史学が書物を資料とする一方で、考古学は遺物(もの)を資料にするという点です。そのため、文字のない時代や書物が残っていない一般の人々の生活なども明らかにできます。また、「文化人類学」や「民俗学」でも生活道具を研究対象としますが、文化人類学や民俗学は伝承や風習など、形のないものも研究対象とする点に違いがあります。さらに考古学では土器や石器といった、いわゆる埋蔵文化財の保存方法を学びますから、「文化財科学」にも類似しますが、文化財科学は仏像や古寺などの文化財も対象とする点に違いがあります。また、考古学はあくまで人類の歴史を研究対象としますから、恐竜の化石などの研究は「地質学」「古生物学」の役割です。

<考古学>
●考古学概説
遺跡・遺物の発掘・調査を踏まえて古代の文化を研究し歴史を再構築していく。
●考古学実習
地形測量、土器の復元、図面トレースなど、修復、保存技術を修得し、遺跡発掘研究を行う。
<古代史>
●古代エジプト史
古代エジプトの歴史を研究する
●古代オリエント史
古代メソポタミア、インダス、黄河の歴史を研究する
●古代日本史
縄文時代、弥生時代など日本の古代史を研究する

考古学とは

考古学ってどんな学問?
中学や高校の社会の授業で、旧石器時代や縄文時代の人々の暮らしぶりを学習したと思いますが、文字のない時代のことですから、手掛かりは遺跡から出土した遺物以外にいっさいありません。ヒントと答えはすべて地中にあるのです。そこで彼らが生活した場所(遺跡)を発掘調査します。こうした学問を考古学といいます。
・遺物から人類の歴史を明らかにする
歴史の教科書には、縄文時代の人々は竪穴式住居や土器や石器を利用して暮らしたと書かれています。しかし文字のない時代のことがどうしてわかるのか不思議だとは思いませんか。書物や資料がなくとも、遺跡を発掘すると建物跡やさまざまな道具などがみつかり、当時の暮らしぶりが見えてくるのです。そういった調査・研究に取り組む学問が考古学です。考古学の目的は人類の歴史を明らかにすることです。その点、歴史学と似ていますが、歴史学が文字で書かれた資料を頼りにするのに対し、考古学は土の中から発掘された道具や食べ物といった、いわゆる遺物から人々の活動の全般を明らかにするという点に特徴があります。考古学の研究領域は人類誕生以降、すべての時代が研究対象となります。ですから、江戸時代に使われた玩具や、戦時中に造られた防空壕なども、研究テーマにしますが、あくまでも人類を中心とした学問なので地球上に人間が現れる前に生きていた、恐竜の化石などは対象としません。
・発掘調査から報告まで
資料乏しい歴史を解明していく考古学ならではの調査が、遺跡や遺物の発掘です。労力を要する作業ですが、ささいなことも見逃せない緻密さが求められますから、測量一つにもさまざまな機器を用いますし、ノートやカメラでどこからどんな物が出てきたのかをもらさず記録していきます。発掘作業の醍醐味といえば、やはり遺物の発見です。何千年もの間、誰も触れていない遺物を掘り当てたときの感動は、発掘者にしか味わえないと言います。発掘したものは、研究室に持ち帰って土などを落とし、場所や地層、状態などを記載した名札をつけて、素材や使いみちによって分類します。土器などの破片は、色や形や模様などに注目しながら、ジグソーパズルのようにつなぎ合わせて復元します。破片がみつからなければ復元をしたり文様の拓本などを採ったりして研究の資料として用います。
最終的には、出土品の情報や歴史的意義などを報告書にまとめます。そしてこれらの成果を用いて論文を作成し、その成果を広く公表します。こうした研究の積み重ねが、考古学の発展を支えています。
考古学と他の学問とのかかわり
考古学には歴史学や文化人類学、自然人類学、文化財科学など、類似する学問がいくつかあります。大学選びにおいてはそうした学問との違いを理解したうえで、自分に合った分野を選ぶことが大切でしょう。またテクノロジーの進化によってこれまでわからなかった事実がより詳細に判明するようになっています。現在の考古学はこうした領域間をまたぐような研究も盛んに行われています。
・考古学と類似する学問との違い
まず、人類の歴史を探究する考古学は「歴史学」の一分野に位置づけられます。しかし特徴的なのは、歴史学が文字資料を主な資料とする一方で、考古学は遺物(もの)を資料にするという点です。そのため、文字のない時代や書物が残っていない一般の人々の生活なども明らかにできます。また、「文化人類学」や「民俗学」でも生活道具を研究対象としますが、文化人類学や民俗学は伝承や風習など、形のないものも研究対象とする点に違いがあります。さらに考古学では土器や石器といった、モノの研究が主体となることから、「文化財科学」にも類似しますが、文化財科学は文化財の補修や保存方法などを対象とする点に違いがあります。また、考古学はあくまで人類の歴史を研究対象としますから、恐竜の化石などの研究は「古生物学」や「地質学」の役割です。
・理系学問との連携が進む
日本の考古学はいわゆる文系学問に分類されますが、近年は「生物学」や「物理学」といった自然科学と連携することで、新たな発見につながる成果も増えています。例えば、「物理化学」などの知識を生かした「放射性炭素年代測定法」によって、骨や炭に含まれる炭素から、その生物が生存した時代を明らかにできます。さらに「医学」の一分野である遺伝子学と連携したDNA解析などから集団の出自や祖先を突き止める研究も盛んです。また、ピラミッドに象徴される建造物の建築方法や建造技術を明らかにするには、「物理学」「建築学」「数学」のほか、「地質学」「気候学」「天文学」などの専門家と連携しながら、多様な角度から検証する必要があります。科学技術の発達により、理系学問との連携は今後も進むといわれていますから、これから考古学を学ぶうえでは、理系分野の知識も広く求められるようになるでしょう。
考古学では何をどのように学ぶ?
考古学を学べる学科としては、「歴史学科」「史学科」「文化財学科」「歴史遺産学科」などがあります。これらの学科では、考古学の歴史や国内外の地域史を学びながら、実習を通して発掘調査の技術を身につけるというのが一般的です。
・考古学の一般的なカリキュラム
1年次には「考古学入門」「考古学概説」や「日本史」「西洋・東洋史」などを履修して、考古学を学ぶうえでの基礎的な知識を得るというのが一般的です。2年次になると、発掘調査に必要な技術を学ぶ授業が始まります。「フィールドワーク」「調査実習」などを通して、発掘現場や博物館などに足を運びながら、遺物の発掘や測量、観察、資料化など、一とおりの技術を身につけます。さらに選択科目として、国内外さまざまな地域の歴史を学びながら、自分の興味を探ります。大学によっては外国語を学び、専門書を原文で読む授業もあります。3年次になると、発掘現場で本格的な「発掘調査」を経験します。1~2週間合宿をし、同期や大学院の先輩と寝泊まりしながら、発掘作業を行う大学もあります。また遺跡を発掘する技術だけでなく、遺物を文化財として適切に管理する方法を学ぶ授業のある大学も増えています。3年次の後半になると、卒業論文の執筆に向けて研究テーマを決定。4年次には卒論執筆に力を入れ、完成を目指します。
また、大学によっては本格的な研究テーマは2年生や3年生になってから決めるというカリキュラムの構成の違いもあるので、各大学の状況を調べておくことをオススメします。
・大学によって学べる内容はさまざま
考古学を学べる学科としては、「歴史学科」「史学科」「文化財学科」「歴史遺産学科」などがあります。「歴史学科」や「史学科」では考古学や歴史学に特化して学ぶ傾向にあります。そのため日本史、アジア史、オセアニア史、オリエント史、エジプト史など、特定の地域の歴史を深く学べる授業があったり、英語、フランス語、ドイツ語、ラテン語、ヘブライ語、ギリシア語などを学んで、外国語で書かれた考古学の専門書を読む授業などもあります。大学によって得意とする分野が異なるので、興味のある地域が決まっている場合には、そうした分野を専門とする先生がいる大学を選ぶのが得策でしょう。また、北海道の大学ではアイヌ文化、沖縄の大学では琉球文化や台湾の地域史、青森の大学では縄文遺跡などを対象とした、地域に根ざした授業を行っている大学もあります。さらに発掘調査にしても、大学によって実施期間や場所は異なりますから、4年間でどれだけ経験できるかも重要なポイントになるでしょう。「文化財学科」や「歴史遺産学科」では、考古学や歴史に関する授業は比較的少なく、その分、美術史や美術鑑賞、史料学、世界遺産論などが充実しており、博物館や行政機関、地域の中で文化財をどのように保存・活用するかといったことに着目した研究も進んでいます。博物館や遺跡公園、観光地などにおける文化財活用の重要性が高まっており、そうした分野での活躍も期待されています。
卒業後の進路と広がり
意外と知られていませんが、国内では毎年約9000件の発掘調査が行われており、学生時代に身につけた調査技術を生かして、発掘調査の仕事に就く先輩もいます。また学芸員として文化財の保護・活用に携わるという選択肢もあります。
・考古学の専門性を生かして、発掘調査、文化財の保護・活用に携わる
法律により埋蔵文化財が埋まっている土地を開発するには、事前に発掘調査を行うよう定められており、国内では毎年約9000件の発掘調査が行われています。発掘調査といえば、考古学の得意とするところですから、学生時代に身につけた調査技術を生かして、発掘調査の仕事に就くというのも手でしょう。
主な就職先としては、国・地方自治体や埋蔵文化財センター、埋蔵文化財関連事業団体などに所属する埋蔵文化財担当職員、民間の発掘調査会社、博物館の学芸員などがあります。
発掘調査の仕事は、記録をとりながら遺跡を掘り進め、発掘された遺物を整理し、報告書を作成するという流れで行われます。この仕事の醍醐味は、掘ってみるまで何が出るかわからないというワクワク感もあります。
博物館の学芸員になると発掘調査だけでなく、館内の展示解説や収蔵品の保護・管理、展示の企画や準備、イベント運営などにも携われます。
・大学院へ進学する
大学で考古学を学び、さらに研究を続けたい学生は大学院へ進学するという選択肢もあります。また、研究したい地域があるからと、海外の大学院を目指す人もいます。
大学院には修士課程が2年間、博士課程が3年間設けられており、自分の研究テーマを深めながら、発掘調査に参加して遺跡や遺物の測量や整理、分析などの技術に磨きをかけるとともに、研究論文の執筆や、学会での発表などを行います。
修士課程を修了した院生の多くが、考古学の専門性を生かせる職業に就き、発掘調査や文化財の保護・活用などに携わっています。さらに最高学位である博士課程を修了した院生の中には、大学などの研究機関に就職して研究を続ける人もいます。
考古学にはこんな人が向いている
考古学を学ぶうえでは、歴史に関心があることはもちろん、さまざまな学問領域への興味も必要になります。さらに発掘調査には忍耐強さやチームワークが欠かせません。また、発掘後には小さな破片をつなぎ合わせて修復することから、細やかさも求められます。
・歴史はもちろん、理系の知識も必要
考古学を学ぶとなると、歴史に関する文献を読んだり外国語を学んだりと、文系的な学び方が多いイメージがありますが、発掘された遺物から情報を引き出す際には理系的な手法を用いることが多々あり、理系の知識も求められますし、身についてきます。例えば、遺物を分析するときに用いられる「放射性炭素年代測定法」は、遺体などに含まれる炭素量から生存した年代を明らかにするというものですから、化学や生物学の知識が必要となります。
近年では理系分野との連携が進んでおり、新たな発見につながる事例が増えています。例えば、これまで撲殺説だったツタンカーメン王の死因ですが「CTスキャン」によって伝染病によるものと判明しました。
これから考古学を学ぶうえでは、最新の科学技術を把握しながら学ぶ姿勢も求められるでしょう。ただし、これらの知識は考古学の研究の実際を学びながら身につけることが大切ですし、思っていたよりも身近に興味を深めることができます。
・忍耐強く、泥だらけになっても気にしない
考古学を学ぶうえで欠かせないのが、土の中から遺物を発掘する「発掘調査」です。大学の授業でも、発掘現場を訪れて発掘作業を経験します。ザクザクと遺物が掘り出されるかというとそう簡単にはいきません。発掘現場を区分けして、遺跡や遺物を壊すことがないよう慎重に土を掘り下げるという地道な作業が続きます。ただし、地道な作業の中で発見される様々な遺物はどれもが重要な研究の資料となります。発見の場に立ち会った人でなければ味わえない感動があります。
・細やかな一方で、チームワークも大切
発掘調査は一人で寡黙に進めるものと思われがちですが、実際には掘る人、記録する人、全体の指示を出す人など、役割分担をしながら進めていきます。チームワークがものをいう現場ですから、みんなで協力することが好きという人が向いています。その一方で発掘後には、顕微鏡でじっくりと観察したり、土器や石器などの破片をつなぎ合わせて復元するといった作業が待っていますから、細かな作業が好きな人にも向いているといえるかもしれません。

考古学の先生に聞く(取材協力:明治大学文学部 阿部芳郎教授)

考古学ではこんな研究をしています
縄文時代が私の テーマです。その時代に生きた人々がどんな暮らしぶりだったのか、どんな社会であったのかを研究しています。人の骨や土器や石器、どんぐりの実や魚の骨といった食べ物など、当時の人々の暮らしを物語る遺物はすべて研究対象になります。また研究の成果はわかりやすく、合理的に説明することが大切です。難しく複雑な難問も最後には美しく解ける数式のように説明したいと心がけています。(明治大学文学部史学地理学科考古学専攻 阿部芳郎教授)
・人々の暮らしを生きいきと復元できるのが縄文時代の研究の面白さ
私たちの社会には、お金を使う経済があったり、ピラミッドのように人の身分の違いがあったりしますが、そうした社会はいったいいつごろからどのようにできあがっていったのでしょうか? 私たちの暮らしの歴史を大本まで溯り、今の社会ができるまでを自分なりに考えてみたいと思ったのが、縄文時代を研究テーマにした理由です。狩猟採集社会とよばれる縄文時代が資本主義社会の今日の日本にどのように移り変わっていったのでしょうか。また1つのテーマの研究でも複数の視点や方法の異なる研究者と共同で研究することも大切です。近年の考古学では領域を超えた分野との共同研究も盛んです。
・遺物を分析し、人々の暮らしぶりや社会のあり方を解明する
その時代に生きた人々がどんな暮らしぶりだったのかを探るのが考古学ですから、人の骨や土器、どんぐりの実や魚の骨といった食べ残しなど、人々の生活にかかわるものはすべて研究対象になります。煮炊きに使った土器の底についたススから、どんな調理法をしていたのかを分析したり、髪や骨に含まれるコラーゲンの組成から食べていたものを解明したり、残されたわずかなものからあの手この手で糸口を探していくのは、まるで事件現場の科学捜査のようでもあります。
最近では、科学が進んで、遺物からさまざまなことが分析できるようになりました。例えば、年代測定は考古学に必須の技術ですが、以前は100年、200年単位でしかわからなかったことが今や、50年、25年といったより厳密な精度で分析できるようになっています。人の骨が発掘されれば、人骨の同位体を調べることで、その人が死ぬまでの10年ぐらい間にどんなものを食べてきたのか、あるいは食べられた貝がどの季節に採取されたのかなど出土する遺物から、その時代の暮らしぶりや社会を解き明かし、その時代に生きた人々がどんなことを考え、どんな社会をつくったのかということまで想像をめぐらせていきます。
遺物を分析し、人々の暮らしぶりや社会のあり方を解明する
考古学の魅力を語る阿部芳郎教授
考古学のここが面白い
縄文時代には文字がありません。ですから、文献も残されていません。したがって、当時の様子を知るのに、記録を頼りにすることはできません。 そこで、土の中から出てきた骨や石や木などのさまざまな遺物を分析し、そこから想像力を働かせていくのですが、それこそが考古学の醍醐味です。科学の進歩とともに化学や数学といった理系分野との学際研究が著しく進んでおり、その結果、さまざまな新しい発見によって定説が覆されるというのも珍しくありません。(明治大学文学部史学地理学科考古学専攻 阿部芳郎教授)
・新しい発見から定説が覆されることもある
考古学は、日本では文学部にある学問ですが、科学の進歩とともに化学や数学といった理系分野との学際研究が著しく進んでいます。その結果、さまざまな新しい発見があり、定説が覆されるというのも珍しくありません。
例えば、縄文時代の社会というのは、これまで貧富の差がない平等な社会と言われていました。原始的な社会とはそういうもので、その後、身分の差が生まれていったというのが考古学的な定説でした。ところが、縄文時代は平等な社会ではなく、すでに身分の差があったということが、アクセサリーや食べ物の研究からわかっているのです。縄文時代は、みんなが同じ食べ物を分け合って食べていたと考えられていたのですが、実はグループによって、食べているものが極端に異なり、何らかの社会的な役割の中でそういう生活をしていたという可能性が出てきました。
そうした新しい発見がたくさんあることが、考古学の大きな魅力です。縄文時代というのは、文献が残されていない時代ですから、記録を頼りにすることはできません。土の中から出てきた遺物を分析し、そこから想像力を働かせていく、それが考古学の醍醐味です。
・塩はどのようにして作られたのか?
今取り組んでいる研究テーマのひとつは 、「塩はいつから、どのように作られたのか」というものです。岩塩の産出しない日本は古来海水から塩を作っていたと考えられています。しかし、具体的な塩作りの方法やその起源についてはまだ解明されていません。このことを解明するためには遺跡に堆積した土の中から微細な情報を探し出すことが必要です。これまでの研究で製塩は海草を焼いた灰を用いて海水を煮詰めたことがわかってきました。さらに遺跡の炭から年代を測定すると、その起源は従来の説を1000年以上も古く遡ることもわかりました。次なる課題は「塩は何のため使われたのか」というものです。私たちの食卓にもある塩とは一体どのような歴史をたどったのでしょうか。難しい課題ですが研究は続きます。
塩はどのようにして作られたのか?
発掘された耳飾り

考古学の学生に聞く(取材協力:明治大学文学部 学生)

考古学を選んだ理由
子どものころから、町の片隅にお地蔵さんや石碑をみつけると、なんでここにこんなものがあるんだろう? と不思議に思い親や周囲の人に疑問をぶつけたりしていました。その後も家族旅行で遺跡めぐりなどをするうちに、古いものに隠された物語に興味が沸くようになり、受験のころには考古学を学んでみたい! と思うようになっていきました。(明治大学文学部史学地理学科考古学専攻3年 竹林香菜さん)
・古いものにはストーリーがある
子どものころから古いものに興味があって、町の片隅にお地蔵さんや石碑をみつけると、なんでここにこんなものがあるんだろう? と不思議に思い親や周囲の人に疑問をぶつけたりしていました。家族旅行で遺跡などに行くとテンションがあがり、つくづく古いものには物語があっておもしろいなと興味が深まり、受験のころには考古学を学んでみたい! というようにつながっていきました。
授業では、現在の考古学研究の実際や出土品 をいろいろな角度から分析する方法などを学んでいます。最初は、縄文式土器といえば全部ひとくくりでどれも同じに見えていたのが、一つひとつ分析していくことで、年代が違ったり地域が違ったりとそれぞれの特徴が見えてきます。また、実習という授業では遺跡の発掘調査もあります。発掘作業は根気のいる作業でもありますが、どんな小さな土器であっても遺物が出てきたときは、何ともいえない感動があります。長い間土の中で眠っていて誰も触れていないものを、初めて自分が触って、その模様を見るなんて、とてもワクワクする瞬間です。そういう場面に立ち会えるのも考古学の大きな魅力です。
古いものにはストーリーがある
土器の文様について研究したいと語る竹林香菜さん
こんな風に考古学を学んでいます
考古学を学ぶうえで、遺跡の発掘調査と出土品の分析は欠かせない知識です。「考古学研究法」という授業では、実際の出土品を手に取って観察したり、「拓本」といって出土品を図化する方法などを学んでいます。「考古学実習」という授業では、実際に遺跡で発掘調査を体験します。自分の手で遺物を掘り出すのは、ワクワクする瞬間です。(明治大学文学部史学地理学科考古学専攻3年 竹林香菜さん)
・発掘調査と出土品の分析法を学んでいます
考古学で欠かせないのは、遺跡の発掘と出土品の分析です。「考古学研究法」という授業では、実際の出土品を手に取って観察したり、「拓本」といって出土品を図化する方法などを学びます。拓本は、出土品に墨をつけて、その模様や形を紙に写し取るのですが、これがなかなかうまくいかず、何度も何度も失敗を繰り返しています。拓本をきちんと取るというのは、考古学を学ぶうえでマスターしなければならない基本であり、重要な作業です。失敗を繰り返したおかげで、上達しましたし、失敗にもめげない打たれ強さが身についたと思います。
「考古学実習」という授業では、実際に遺跡で発掘調査を体験します。テレビなどで発掘のシーンを見ると、遺跡を傷つけないようにハケで少しずつ土をかいていくという地味な作業に見えるかもしれませんが、あのシーンは遺物がある場所が特定できてからの作業。それまでには、スコップで穴を掘ったり、かき出した土を運んだりという体力のいる作業も多くあります。
発掘調査と出土品の分析法を学んでいます
発掘調査の様子
考古学を学んでみて
私が興味をもっているのは、縄文時代の土器の文様です。縄文土器には、縄を転がしたような文様があり、しかも、その文様にはさまざまなバリエーションがあります。その文様の意味を解明するとともに、地域の文様の特性を調べ、地域間の交流も明らかにしたいと思っています。将来は、考古学で学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えています。(明治大学文学部史学地理学科考古学専攻3年 竹林香菜さん)
・縄文土器につけられた文様の意味を解明したい
やはり、考古学の魅力は出土品を分析することで、いろいろなことがわかってくるところです。縄文時代の人々は、離れた地域ともいろいろな交流をしていたと言われています。土器の模様や粘土の組成を調べることで、どこの地域と組成が似ているかとか、どこと交流があったかということもわかります。考古学を学んで、出土品をいろいろな角度から分析してみたりして、物事を多面的に見る力がついたと思います。
私が今着目しているのは、土器の文様です。縄文土器には、縄を転がしたような文様があり、しかも、その文様にはさまざまなバリエーションがあります。その文様の意味を解明するとともに、地域の文様の特性を調べ、地域間の交流も明らかにしていきたいと思っています。卒業論文のテーマは、こうした文様について研究する予定です。将来については、大学院に進み研究を続けることも考えていますし、あるいは、文化財に関わる仕事や博物館の学芸員など、学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えています。
考古学を学べる学校を探すならスタディサプリ進路