• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 消防士

消防士

火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める
火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。
消防士
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
消防士になるには

消防士になるには

消防士は地方公務員です。そのため、消防士になるためには、各自治体が実施する消防士を対象とした採用試験に合格する必要があります。試験は、大卒レベル、短大卒レベル、高卒レベルに区分されていることが多いので、学歴に応じてチャレンジが可能。決して簡単な試験ではないので、試験対策には予備校などを利用する人が多いです。採用試験合格後は、各地の消防学校に入学し、必要な知識・技術・規律などを習得。半年の学校生活を経て、消防本部や消防署に配属されます。

消防士の学校の選び方

POINT
消防官採用試験はⅠ類が大卒程度、Ⅱ類が短大卒程度、Ⅲ類が高卒程度とレベル分けされているので、その点は学校選びの際にもある程度意識しておきましょう。大学・短大には消防士の仕事や消防官採用試験に直結する学部や学科は特にありません。試験対策とは関係なく、自分の好きなことを学べる学部・学科を選んで問題ありません。一方、専門学校には、消防士の採用試験対策に重点を置いた「消防官コース」などが設けられているところもあります。

消防士に求められる人物は?適性を知る

POINT
消防士に必要な資質として第一に上げられるのは「人の命を守りたい」という強い気持ちです。これがあるからこそ、現場での危険を伴う業務にも、厳しい訓練にも耐えることができます。ただし、気持ちだけでは消防士の過酷な任務には対応できません。防火服や酸素ボンベなどを装着した状態で、熱さにも耐えながら動き回るには体力が必要。また、一刻の猶予もない現場で、素早く的確に行動するには冷静な判断力も欠かすことはできません。

消防士の必要な試験と資格は?

POINT
消防士の採用試験は自治体ごとに実施しています。東京消防庁の場合は大卒程度を対象としたⅠ類、短大卒程度を対象としたⅡ類、高卒程度を対象としたⅢ類、法律・建築などの専門知識をもつ人を対象とした専門系の区分で採用試験を実施。それぞれ年齢による受験制限があるので注意が必要です。なお、試験では身体検査や体力検査も課されます。身体検査に関しては、各自治体で身長・体重などの合格基準が設けられているので事前に調べておきましょう。

消防士を目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
81万 7800円
 ~ 185万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
70万円
 ~ 166万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
消防士の仕事内容

消防士の仕事内容

消防士の主な仕事は「消火活動」「救急活動」「救助活動」の3つです。消火活動は消防車で火災現場に駆けつけ、消火を行う仕事、救急活動は救急車で急病人やけが人を病院に搬送する仕事、救助活動は事故や災害で脱出できなくなった人を救助する仕事です。それぞれ消防本部・消防署内に編成されている専門の部隊が担当します。このほか、火災などを未然に防ぐために建物・消火設備の検査や防災訓練の指導などを行う「予防活動・防災活動」も消防士の大切な仕事です。

消防士の気になる?年収・給料・収入

POINT
消防士の平均給与月額は約40万円です。行政職などそのほかの地方公務員と比較しても大きな差はなく、収入は安定しています。初任給に関しては、2015年の調査では、東京都の大卒初任給は平均21万円、東京以外の全国の政令指定都市の大卒初任給は平均18万7400円でした。なお、大卒と高卒では初任給に3~4万円程度の差があります。また、消防士には、業務の特性上、出動手当、救急手当、深夜特殊勤務手当などの特殊勤務手当が設けられています。

消防士の就職先・活躍できる場所は?

POINT
全国には750の消防本部、1709の消防署、3145の消防署の出張所があり(2015年時点)、16万人を超える消防士が勤務しています。消防本部や消防署では、消防士が日々専門的な訓練に取り組みながら、24時間勤務で出動に備えています。管轄の地域で火災や交通事故、水難事故、土砂災害などが起きたら、消防士は現場に急行し、消火活動や救急活動、救助活動にあたります。大規模な災害が起きたときは、要請を受けて管轄の地域外へ駆けつけることもあります。
  • 事故現場
  • 消防署
  • 被災地

消防士のズバリ!将来性は?

POINT
災害に対する意識が社会的にも高まっているなか、地域の防災や災害時の救助などを担う消防士へのニーズは高まっています。そのため、地方公務員数を削減する動きもあるなかで、消防士の数は年々増加しており、今後も、採用数が大幅に削減されるといった動きは考えにくいでしょう。また、消防庁は、住民サービス向上などの目的で、女性消防士を増やしていく方針を打ち出しています。今後は女性が活躍できる職場となっていくことも期待できそうです。

先輩たちにも聞いてみよう

消防士として働く中野 瞬さんPLAY
"常に命と全力で向き合う"。それこそが、消防士の仕事
常葉大学 社会環境学部 社会環境学科 卒業
中野 瞬さん
消防士として働く芝池 一弥さん
身を挺して人の命を救う。消防士として、その使命を果たしていきたい
大阪社会体育専門学校 健康スポーツ科 警察官・消防官コース 卒業
芝池 一弥さん
消防士として働く木庭 真吏雄さんPLAY
学生時代に学んだことを礎に、日々学び、技術を磨いていきたい。
徳山大学 経済学部 現代経済学科コミュニティ経済コース 卒業
木庭 真吏雄さん

消防士のやりがいを聞いてみよう

消防士は、人の命や地域の安全に対して責任を負う仕事です。それだけに、常に緊張感やプレッシャーも大きいですが、だからこそ誇りとやりがいをもって働くことができます。なかでも、危険を伴う現場で人命救助に成功したときの喜びが非常に大きいことは想像に難くありません。また、火災や災害が起きていないときにも、消防署や消防士の存在は地域の人々に安心感を与えます。このように市民から信頼される職業であることも消防士にとって大きなやりがいにつながっています。

消防士の志望動機を教えて!

火災現場や被災地など危険を伴う現場で活躍する消防士は、「人を助ける仕事」に就きたいと考えたときに真っ先に思い浮かぶ職業の一つ。子どもの頃からあこがれを抱いている人も少なくありません。被災地の救助現場を報道するニュース映像や身近な消防士の話などを通して、理解と興味を深め、消防士を志すようになった人はたくさんいます。また、地域密着型の仕事でもあることから、「地元で働きたい」という気持ちが強い人にとっても消防士は魅力的な仕事です。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

東北

青森

岩手

宮城
秋田

山形

福島


東北すべて

甲信越

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

中国・四国

鳥取

島根

岡山 広島 山口
徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡

佐賀

長崎

熊本

大分

宮崎

鹿児島 沖縄
九州・沖縄すべて
消防士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

湘央生命科学技術専門学校 - 救急救命士の処置を体験☆学校見学会 - 2017/12/27 - 神奈川県綾瀬市小園1424-4
大原簿記法律観光専門学校金沢校 - オープンキャンパス&学校説明会 - 2017/12/23~2018/01/08 - 石川県金沢市広岡1-1-15
大原簿記法律&美容製菓専門学校和歌山校 - スペシャル体験学習(公務員系) - 2017/12/25 - 和歌山県和歌山市黒田88-1