• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 交通・旅客サービス
  • 海上保安官

海上保安官

海の安全維持から、事故対応、救助作業まで。
海を守る海上保安官の仕事はとても幅広いものです。密輸や密航など海の上で行われる犯罪の取り締まり、災害や事故が起こったときの救助活動、海洋調査、海図の作成、海の交通を整理することなど、多岐にわたります。海上保安官は、海上保安大学校、または海上保安学校を卒業して就くことができますが、これらの学校に入学したときから、国土交通省を上部組織とする海上保安庁の職員として採用されることになるため、国家公務員の待遇を受けます。
海上保安官
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校

海上保安官の学校の選び方

POINT
海上保安官になるためには、採用試験に合格し海上保安大学校か海上保安学校に入学しなければなりません。海上保安大学校の受験資格は、中等学校や高等学校を卒業見込み、または卒業してから2年以内の人、海上保安学校の受験資格は、中等学校や高等学校を卒業見込み、または卒業してから5年以内の人と定められています。どちらの学校に入学するか、どのコースを選択するかによって、卒業後のキャリアやどのような業務に就くかまでもが決まってしまうため、海上保安官として自分がどのような仕事をしたいのか、よく考えて進路を決定する必要があります。

海上保安官に求められる人物は?適性を知る

POINT
海上保安官の仕事は海の治安維持であり、犯罪を許さない正義感をもっていることが大前提です。そのうえで、捜索救助をはじめとする海上業務が基本となるために、何よりもまず体力が要求されます。採用試験で体力測定が行われていることからもわかるように、日頃から運動やトレーニングをする必要があるでしょう。加えて、人命にかかわる仕事でもあるため、精神力も必要です。さらに、個人よりもチームでする仕事が多いことから、周りとうまく協力できる能力も重要になります。

海上保安官の必要な試験と資格は?

POINT
海上保安官は、海上保安大学校または海上保安学校の試験に合格することが採用に直結します。また業務上身体的な適性が求められるため、採用試験にも身体測定や体力検査が科目として設置されています。また身体的な適性を満たさない場合、自動的に不合格となってしまう項目が、課程ごとにいくつか定められています。

海上保安官を目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
123万円
 ~ 185万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
78万円
 ~ 145万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
海上保安官の仕事内容

海上保安官の仕事内容

海の危機管理を行う海上保安官の仕事は幅広いものですが、海上業務と陸上業務の2つに大きく分けられます。海上業務は、捜索救助、パトロール、捜査・立入検査、災害対応、などに細かく分かれています。一方で陸上業務には総務業務、経理補給業務、船舶技術業務、情報通信業務、警備救難業務、海洋情報業務、海上交通業務などがあり、船艇や航空機で働く海上保安官と連携して業務を行っています。さらに、ヘリコプターなどによる救命救助や空港で機体の整備などを担当する航空業務も存在します。ほかにも、選抜され研修を受けることで、より専門的な業務を担当する海上保安官もいます。

海上保安官の気になる?年収・給料・収入

POINT
海上保安官は国家公務員であるために俸給表を用いて給与が算出されますが、仕事内容が幅広いために、その内容によってそれぞれ対応する俸給表が変わります。ほとんどの海上保安官が海上の治安維持である海上業務を行うため国家公務員公安職に該当し、給与の算出には「公安職俸給表(二)」が適用されます。本庁や管区本部で陸上勤務を行っている海上保安官(領海警備などの警備救難業務にあたる人以外)は、国家公務員行政職の扱いを受けるため、「行政職俸給表(一)」に従って給与が算出されます。また、海上保安大学校、海上保安学校の学生の間の給与は学年を問わず行政職俸給表(一)に該当する約14万円です。このほかに期末、勤勉手当(いわゆるボーナス)が、それぞれ支給されます。

海上保安官の就職先・活躍できる場所は?

POINT
海の安全を守る海上保安官の仕事は幅広いものであるため、働く場所もさまざまです。巡視船で行う海上勤務、海上保安庁の本庁や、全国を11の担当水域ごとの管区に分けた地方支部局である管区本部や、管区の下に置かれる海上保安部署などで行う陸上勤務、パイロットや整備士などが働く航空基地の3つに大きく分けられます。基本的には任官して初めての配属は海上勤務になり、その後、陸上勤務と海上勤務を交互に行います。一方、パイロットとして働く航空要員は、海上保安大学校や海上保安学校在学中に希望と適性によって航空課程に選抜され、卒業後は全国12カ所にある航空基地に配属されます。その後は飛行機要員とヘリコプター要員に分かれて研修を受けます。
  • 事故現場
  • 省庁
  • 被災地

海上保安官のズバリ!将来性は?

POINT
海に囲まれた日本は領海や排他的経済水域(天然資源やエネルギーに対して、探査、開発、保全および管理を行う独占的権利をもっている海域のこと)が広く、国土面積の約12倍とまでいわれています。近年では海洋資源の開発が活発に行われており、資源の少ない日本の新たな可能性として注目が集まっています。もとより海上保安官の仕事は、日本の海の安全を守るという、なくてはならないものでありながら、さらにそのような、日本の発展にとって大切な海の治安を守るという側面でも、重要性を増しているといえるでしょう。また、現場で活躍する女性も増えており、女性が働きやすい職場環境の整備も進んでいます。

海上保安官の先輩・内定者に聞いてみよう

海上保安官を目指す学生に聞いてみよう

海上保安官のやりがいを聞いてみよう

海上保安官は海上や陸上そして航空機に乗って空までと、活動場所が幅広いのも特徴ですが、日本の海を守り、世の中や人の役に立っているという実感をやりがいとしてあげる人が多いようです。また、捜索救助や犯罪捜査をはじめとして、社会的にも大きな問題に取り組む海上保安官の仕事は、個人よりもチームで連携して動くことが多いため、ひとつの仕事を達成したときの充実感も大きいといえます。

海上保安官の志望動機を教えて!

海上で人を助ける仕事をしたいという思いから、志望する人が多いようです。子どものころから海が好きだったり、海の仕事にあこがれをもっていたりしたところ、海難救助のニュース、あるいは海上保安庁の実習訓練を見聞きしたことで仕事自体に興味をもち、志望するようになったという声が聞かれます。また、海上保安官は警察官などと同じ社会の安全と平和を守る職業であるため、犯罪などを許さない正義感や、困っている人を助けて人の役に立ちたいという思いが動機になったという人もいるようです。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

北海道

東北

青森

岩手

宮城


秋田

山形

福島


東北すべて

関東

茨城

栃木

群馬

埼玉

千葉

東京

神奈川


関東すべて

甲信越

新潟

山梨

長野


甲信越すべて

東海

岐阜

静岡

愛知

三重


東海すべて

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

滋賀

京都

大阪


兵庫

奈良

和歌山


近畿すべて

中国・四国

鳥取

島根

岡山

広島

山口


徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡

佐賀

長崎

熊本


大分

宮崎

鹿児島

沖縄


九州・沖縄すべて

海上保安官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大原スポーツ公務員専門学校宇都宮校 - オープンキャンパス☆公務員(事務)系☆ - 2019/10/27~2019/11/10 - 栃木県宇都宮市東宿郷2-5-4
東京商科・法科学院専門学校 - 学校説明会開催! - 2019/10/26~2019/11/10 - 東京都千代田区神田神保町1-50
大原スポーツ医療保育福祉専門学校 - スペシャル体験 - 2019/11/16 - 福井県福井市大手2-9-1