• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バーテンダー

バーテンダー

カクテルと会話で上質なひとときを提供する
街のバーや、ホテル、レストランのバーなどで、お客さまにカクテルをはじめとする洋酒を提供します。カクテルとは複数の洋酒や果汁などをミックスして作るドリンクのことで、お客さまの好みなどに合わせて微妙に味を調整するのがバーテンダーの腕の見せ所です。バーカウンター越しの会話でお客さまをくつろがせるのもバーテンダーの役割の一つ。日本のバーテンダーの技術は世界的にも高く評価されており、海外で活躍するチャンスも増えてきています。
バーテンダー
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
バーテンダーになるには

バーテンダーになるには

バーテンダーになるための決まったステップは特にありません。仕事に就く前にある程度基本的な技術を身につけておきたい人は、専門学校のバーテンダー養成に特化した専攻・コースなどで学ぶ道もあります。一方で、まったくの未経験からアルバイトでバーの世界に飛び込み、経験を重ねながらバーテンダーとして一人前に育っていく人も多いです。アルバイトからのスタートは、現場を知ることができ、自分の適性も測れるという点でもオススメです。

バーテンダーの学校の選び方

POINT
大学・短大には特にバーテンダーの仕事に直接関連する学部・学科はありません。ただし、どんなことでも構いませんが、大学などで学んで教養の幅を広げることは、バーテンダーとしての会話の幅を広げることにつながります。一方、ホテル・飲食サービス系の専門学校には、バーテンダー養成に特化した専攻・コースが設けられているところもあります。基礎から知識・技術を習得したい人にとっては有力な選択肢の一つ。そのほか、民間のスクール・講座などで学ぶ道もあります。

バーテンダーに求められる人物は?適性を知る

POINT
お酒に関する知識やカクテルを作る技術は仕事に就いてからでも身につけることができます。適性という意味でむしろ重要なのは人とコミュニケーションする力。決しておしゃべりが得意である必要はありませんが、人に興味をもっていることや、さりげない気配りができることなどはバーテンダーにとって欠かせない条件といえるでしょう。また、お酒が好きなことは大前提と思われがちですが、アルコールが苦手なバーテンダーもなかにはいるそうです。

バーテンダーの必要な試験と資格は?

POINT
バーテンダーになるために必須の資格は特にありません。しかし、自分の知識・技術を確かめたり、就職・転職の際のアピール材料にしたりするために、資格を取得するバーテンダーもいます。代表的な資格は、一般社団法人 日本バーテンダー協会(N.B.A.)が主催する「バーテンダー呼称・技能認定試験」など。ただし、バーテンダーとして働いている20歳以上を対象とした資格試験なので、受験するとしても就職をしてからということになります。

バーテンダーを目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
128万円
 ~ 134万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
50万円
 ~ 182万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
バーテンダーの仕事内容

バーテンダーの仕事内容

バーカウンターに立ち、お客さまの注文を受けて、カクテル、ウイスキー、ウォッカなどのお酒を提供します。なかでもバーテンダーの腕の見せ所といえるのが複数のお酒や果汁などを混ぜて作るカクテル。バーテンダーが格好良くシェーカーを振ってカクテルを作る姿はバーに行ったことがない高校生でも映画やドラマなどで目にしたことがあるはず。また、お客さまとの会話も大切な仕事です。お酒と会話の両面でお客さまに快適なひとときを提供するのがバーテンダーなのです。

バーテンダーの気になる?年収・給料・収入

POINT
バーテンダーの収入は、一般的な飲食業界の収入相場と大きくは変わりません。初任給は18~22万円程度が一応の目安。数年の経験を積んで一人前になれば、月給30万円、年収300~400万円は十分可能です。ただし、大手飲食系企業もあれば個人経営のお店もある業界なので、給与体系などは一律ではありません。「稼ぎたい」と思ったら、独立をして経営者となる方法もあります。経営が順調にいけば、年商1000~2000万円程度は十分に目指すことができます。

バーテンダーの就職先・活躍できる場所は?

POINT
バーテンダーが働く場所は基本的にはバーですが、ひとくちにバーといってもいくつか種類があります。ホテルでは、メイン・バー、ラウンジ、宴会などでバーテンダーが活躍しています。街の個人経営のバーは、高級店から親しみやすいお店までさまざまなタイプがあります。このほか、飲食系企業が経営するチェーン店のバーなども。バー以外では、カクテルなどにこだわりがあるレストラン、パブ、居酒屋などで働くバーテンダーもいます。
  • バー
  • ホテル

バーテンダーのズバリ!将来性は?

POINT
飲食業界は競争が厳しい世界ですが、好景気・不景気にかかわらず何十年も営業を続けている老舗バーはたくさんあります。お酒を愉しむ文化が廃れることは考えにくいですし、顧客に愛される良質なバーであれば、長く続けていくことができる仕事です。また、日本のバーテンダーの確かな技術は海外からも注目されており、今後はアジアを中心に海外で活躍するチャンスも増えていきそう。そのほか、これからは女性バーテンダーへのニーズもさらに伸びていくとみられています。

先輩たちにも聞いてみよう

バーテンダーとして働く小倉 遼太さん
退院日に「ずっとお店に来たかった」と来店されたお客様。その日、大切なことを学んだ
東京観光専門学校 ホテル学科(2年制)  卒業
小倉 遼太さん

バーテンダーのやりがいを聞いてみよう

飲食業なので、やはりお客さまに「おいしい」と言ってもらえることが一番のやりがいです。特にバーテンダーは、カウンター越しにお客さまと直接コミュニケーションしながらお酒を提供しますし、バーのお客さまは味に厳しい人も多いため、自分が工夫を凝らしたカクテルをよろこんでもらえたときのうれしさも格別だといいます。また、有名人をはじめ、さまざまな職業・年齢のお客さまと知り合うことで自分の世界を広げることができるのも、やりがいと成長につながるポイントです。

バーテンダーの志望動機を教えて!

もともとお酒が好きでバーに通い詰めるうちに、バーテンダーの仕事に魅力を感じるようになったという人が多いですが、それだけではありません。学生時代にバーでアルバイトをするうちに、バーテンダーにあこがれを抱くようになる人もいますし、なかには映画やドラマ、マンガなどがきっかけになったという人も。また、「さまざまな職業・年齢の人と出会える仕事に就きたかった」「手に職をつけたかった」という動機からバーテンダーという仕事を選んだ人もたくさんいます。
取材協力
東京・銀座『BAR ANTHEM』浅倉 淳さん(一般社団法人 日本バーテンダー協会〈N.B.A.〉関東統括本部 幹事長)

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

北海道

東北

青森

岩手

宮城


秋田

山形

福島


東北すべて

関東

茨城

栃木

群馬

埼玉


千葉

東京

神奈川


関東すべて

甲信越

新潟

山梨

長野


甲信越すべて

東海

岐阜

静岡

愛知

三重


東海すべて

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

滋賀

京都

大阪

兵庫

奈良

和歌山


近畿すべて

中国・四国

鳥取

島根

岡山

広島

山口


徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡

佐賀

長崎

熊本


大分

宮崎

鹿児島

沖縄


九州・沖縄すべて

バーテンダーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大阪観光専門学校 - ◆ オープンキャンパス(説明会) ◆ - 2018/01/06~2018/01/08 - 大阪府大阪市北区堂島2―3―11
大阪調理製菓専門学校 - 【冬の見立てを学ぶ】鯛の握り寿司(冬仕立て) - 2017/12/23 - 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15
大阪観光専門学校 - ◆ 鉄道サービス学科 1月体験入学 ◆ - 2018/01/07 - 大阪府大阪市北区堂島2-3-11