• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツトレーナー

スポーツトレーナー

怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く
スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。
スポーツトレーナー
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるのに特別な資格や免許は不要です。とはいえ、人体のしくみやトレーニング理論、医学的な知識、テーピングやアイシングなど応急処置の技術を身につけていなければ、トレーニングやコンディション調整において相手に効果を返せるスポーツトレーナーにはなれません。そのため、こうしたスポーツトレーナーを目指す場合は、必要な知識や技術を学べる大学や専門学校などの養成校に進学することが望ましいとされています。また、怪我の予防・疲労回復を目的としたマッサージなどの手技やリハビリ知識をもっていると、より現場で重宝されることから、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士などの国家資格を取得しておくと、就職の際に有利になることが多いようです。とはいえ、関連資格を取得しても、すぐにスポーツトレーナーとしてのキャリアをスタートできるわけではありません。近年は志望者が増え、希望しているような働き口がみつからない人もいます。特にプロスポーツ界においては、何を学んだかよりも、どれだけの実績があるのかが評価ポイントになるため、養成学校を卒業したというだけではスポーツトレーナーとして活躍できる保証はありません。まずはどんな場所でもいいのでスポーツトレーナーとして働くことができる場所を探し、そこで与えられた役割に真摯に取り組み、実務を通して知識や技術を磨いていきながら段階を追って希望の働き方を目指していくのが現実的なキャリアプランといえるでしょう。

スポーツトレーナーの学校の選び方

POINT
スポーツトレーナーがもっておくと有利といわれる、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士などの医療系国家資格取得を目指す場合は、4年制の大学か3年制の短大・専門学校が進路先になります。なかでも、「スポーツ科学」や「健康科学」を専攻しておくと、資格取得だけでなく、スポーツトレーナーに必要な知識・技術を幅広く身につけられます。また、学校によっては「スポーツトレーナー養成コース」を設置していることもあります。どんなカリキュラムが組まれているのかは学校ごとに異なりますので、授業内容&どんな資格の取得を目指せるのかを確認しましょう。卒業生の就職先もチェックしておくと、自身の未来がイメージしやすくなるほか、人脈作りに生かせることもあるのでオススメです。

スポーツトレーナーに求められる人物は?適性を知る

POINT
適切な指導やケアを行うための知識や技術はもちろん、特にプロスポーツの世界においては常に結果が求められる立場になるため、プレッシャーに耐えうる強靭な精神力が問われます。また、常に他者のために働く奉仕精神や、最新トレーニング理論を学び続ける向上心、トレーニング内容とその有効性を相手に理解・納得してもらうためのコミュニケーション力も欠かせません。「スポーツが好き」という気もちからスポーツトレーナーを志す人も多く、「好き」という気持ちはもちろん大切ですが、それだけではなく、自分なりのやりがいをみつけ、努力し続けることも重要です。

スポーツトレーナーの必要な試験と資格は?

POINT
スポーツトレーナーになるのに必須の資格や、受けなくてはならない試験はありません。とはいえ、プロのスポーツの現場では、怪我の予防・応急処置やリハビリ指導などのシーンにおける代替医療の需要が高いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士などの医療系国家資格があるとベター。そのほか、民間団体が認定するスポーツトレーナー向け資格(「公認アスレティックトレーナー」や「認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)」などは、取得しておくと専門知識をもっている証明にもなります。

スポーツトレーナーを目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
70万 5460円
 ~ 217万 5000円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
55万円
 ~ 242万円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーは、スポーツ選手を支える縁の下の力もち。表舞台に立つことはほとんどありませんが、選手が心身のコンディションを整え、常に最高のパフォーマンスを発揮するためには欠かせない存在となっています。運動能力を高めるための基礎トレーニング指導、競技や練習中の怪我の応急処置、リハビリサポート、試合に向けた心身のコンディショニング調整を指導するのが、スポーツトレーナーの主な役割といえます。また、最近では、マラソンなどのスポーツを楽しむ人が増えつつあることから、トレーニングの対象はプロのスポーツ選手から一般の人々へも広がりを見せています。いずれが対象の場合もトレーニングする相手の体質や健康上の課題、性格、トレーニングの目的を把握したうえで、一人ひとりに合わせた綿密な指導をすることが求められるため、競技に精通しているだけでなく、幅広い知識とコミュニケーション能力が必要になる仕事です。

スポーツトレーナーの気になる?年収・給料・収入

POINT
スポーツトレーナーの活躍場所はさまざまです。プロのチームや選手と個人契約を結んで働くのか、実業団をもつ企業やスポーツジムで正社員として働くのか、国家資格をもって整体師兼スポーツトレーナーとして働くのか…など、働き方によって得られる収入も大きく変わってきます。プロチームや選手と契約する場合は年棒制となり、給料水準は高くなる傾向がありますが、評価しだいで契約解除もあり得ることを考えると生涯年収は未知数です。月給制かつ賞与・昇級も見込める企業で正社員として働く方が、安定性においては高いと言うことができるかもしれません。関係者の話や求人情報サイトを参考にスポーツトレーナーの収入データを見ていくと、プロと契約するスポーツトレーナーは「能力・経験を考慮」というケースが多く、年収でおおよそ300万から1800万円。1000万円を超える人も少なくないといわれています。自身のスキルはもちろん、交渉努力や所属を希望するチームの経営状況によって差が出てくる世界といえるでしょう。一方、ジムなどに所属するスポーツトレーナーは、平均給与が18から24万円程度、年収にすると300万から400万円ほどです。実業団のある企業で働くスポーツトレーナーの場合は、もう少し高い水準であることが多いようです。正社員として働く場合は勤続年数とともに昇給があったり、経験や能力によって手当がつくことが多かったりと、努力しだいで収入アップも期待できます。

スポーツトレーナーの就職先・活躍できる場所は?

POINT
スポーツトレーナーが働く場所は、プロスポーツチームや企業(実業団)、スポーツジムやフィットネスクラブ、地域のスポーツチーム、部活動に力を入れている大学や高校などです。スポーツ選手の怪我の治療やコンディショニング、ストレッチなどに特化したスポーツ整体院も、スポーツトレーナーの就職先としてあげられます。また、病院・整体院・鍼灸院から派遣されてスポーツトレーナーとして働く人、プロのスポーツ選手や個人のアスリートと個別に契約し、専任のスポーツトレーナーとして働く人もいます。
  • スクール
  • スポーツ競技場
  • スポーツクラブ
  • 接骨院
  • 鍼灸・マッサージ整体院
  • 病院
  • プロスポーツチーム

スポーツトレーナーのズバリ!将来性は?

POINT
スポーツトレーナーは、少し前まで「この仕事で食べていけるの?」という職業でした。しかし、プロ野球球団に続きプロサッカーチーム(Jリーグ)が誕生し、その他のスポーツ分野にも次々とプロが誕生すると、パフォーマンス向上のための幅広い知識をもった専門家が必要とされるようになりました。2020年の東京五輪へ向けて世間の関心が集まっていることはもちろん、健康志向の高まりを背景に、今後よりいっそう多くの人がスポーツに触れるようになると予想されます。プロをサポートするだけにとどまらず、一般の人が安全にスポーツを楽しむためのアドバイザーとしてなど、スポーツトレーナーの役割はますます拡大していくでしょう。また、高齢化に伴い、健康維持に効果のあるトレーニングを指導する存在として、介護・リハビリ分野での需要も高まりつつあります。

先輩たちにも聞いてみよう

スポーツトレーナーとして働く石倉 孝樹さん
ケガに苦しむ若者たちを支え、ケガをしない体づくりにトレーナーとして貢献したい!
新潟医療福祉大学 健康科学部 健康スポーツ学科 卒業
石倉 孝樹さん
スポーツトレーナーとして働く金沢 悠希さんPLAY
柔道選手たちの夢を身近で支える。かけがえのない喜びを感じています!
了徳寺大学 健康科学部 整復医療・トレーナー学科 卒業
金沢 悠希さん
スポーツトレーナーとして働く阿久井 陽輔さんPLAY
同じ夢を持ち、チーム・選手のために尽くす。
東京スポーツ・レクリエーション専門学校 スポーツトレーナー科  卒業
阿久井 陽輔さん

スポーツトレーナーのやりがいを聞いてみよう

サヨナラホームランや逆転ゴールなど、試合を決定づける最高のワンプレーがサポートする選手から飛び出すことは、スポーツトレーナーにとって大きなよろこびです。スポーツトレーナーの仕事はほとんど表に出ることはありませんが、自分が陰ながら支えた選手が良いパフォーマンスをしてくれたり、チームがどんどん強くなったりすることにやりがいを感じることができるでしょう。また、辛いリハビリを乗り越えて長い怪我から競技に復帰した選手の姿を見ることも、仕事に誇りをもてる瞬間です。選手本人と心の底から勝利のよろこびを分かち合うことができるのも、二人三脚でトレーニングに取り組むスポーツトレーナーの醍醐味と言えます。

スポーツトレーナーの志望動機を教えて!

「スポーツが大好き!」という人や、実際に自分が競技をしていたという元選手がトレーナーになるケースも非常に多く、いずれも「何らかの形でスポーツの現場に携わりたい」という理由からスポーツトレーナーの道を選んでいるようです。また、選手時代に自分がスポーツトレーナーにお世話になった経験からあこがれを抱いたという人もいます。「自分がしてもらってうれしかったことを、今度は誰かにしてあげたい」「スポーツ界に恩返しをしたい」といった奉仕精神をモチベーションにしているという声も、実際にスポーツトレーナーとして活躍している人から聞くことができました。
取材協力
アルビレックス新潟シンガポール 監督 吉永一明、ホリデイスポーツクラブ甲府店
スポーツトレーナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大原簿記専門学校神戸校 - オープンキャンパス&体験入学 10:00~12:00 - 2017/12/23~2018/01/08 - 兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-5
東京スクール・オブ・ビジネス - オフィスビジネス学科☆体験入学☆ - 2017/12/23 - 東京都渋谷区代々木1-56
広島リゾート&スポーツ専門学校 - 【土日が忙しい方必見!】平日学校見学会 - 2018/01/09~2018/01/10 - 広島県広島市南区稲荷町1-27