• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツトレーナー
  • 1日のスケジュール
スポーツトレーナーの1日のスケジュール

スポーツトレーナーの1日のスケジュール

スポーツトレーナーはスポーツクラブや整形外科、治療院など、さまざまな施設で働くことができます。そして、働いている場所によって1日のスケジュールが異なります。ここではスポーツチームに所属しているスポーツトレーナーの1日の流れについて、代表的なパターンをいくつか見ていきましょう。

チームに所属するスポーツトレーナーの1日

今回は、ラグビーチームに所属し活動しているスポーツトレーナーの1日を紹介します。日によってスケジュールは変わってくるようですが、シーズン中は1週間単位で流れが決まっているのが、一般的なようです。

6:00
起床

7:00
出勤&ミーティング
試合のない日の行動パターンは、その日が試合の何日前であるかによって、練習スケジュールが大幅に変わります。
例えば、試合2日前は強度が弱めの練習が主体となり、トレーナーは朝7時のスタッフミーティングからスタートします。

8:00
選手たちのウエイトトレーニング
ウエイトトレーニングのサポートや怪我でトレーニングができない選手のリハビリを担当します。

9:30
チームミーティング

10:00
選手たちのウエイトトレーニング
ウエイトはフォワード(FW)とバックス(BK)に分かれて行っています。このときもトレーナーとしてサポートに従事します。

11:15~12:05
チーム練習
グラウンド練習をする際は、スポーツトレーナーも選手と一緒にグラウンドに出ます。テーピングを巻いたり水の準備をしたりするほか、もし怪我人が出たときは応急処置を行います。
トレーナーの業務としては、治療とグラウンドワーク、リハビリの3本柱になります。

12:10~13:10
リカバリー治療・ランチ
ストレッチや怪我をしている選手がいる場合は治療したりなど、練習後の体のメンテナンス・ケアを行います。

13:30~15:00
翌日の準備
練習やリカバリー治療が終わったあとは、翌日の流れを確認するなど、事前準備をしてから帰宅します。
軽めの練習日は昼過ぎごろに終わることが多いですが、ハードなトレーニングが設定されている日は、リカバリー治療が終わるのが、だいだい17時ごろです。その後、夕食を取ってから翌日の準備をするので、帰宅が21時ごろになることもあります。

19:00
帰宅

22:00
就寝

試合がある日のスポーツトレーナーの1日

試合当日は、基本的にトレーニングはしません。

7:00
起床

8:00
朝食

10:00~11:00
試合前準備

13:00
試合開始
試合のときは、怪我人がプレー継続できるかどうかの判断と応急処置がメインになります。

15:00
試合終了
試合が終わったらリカバリー治療を行います。
試合の翌日も、怪我をした選手が次の週に練習できるかどうか状態を確認します。

全国のオススメの学校

関連する仕事のタイムスケジュールもチェックしよう

スポーツトレーナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路