• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツトレーナー
  • 志望動機を教えて!
スポーツトレーナーの志望動機を教えて!

スポーツトレーナーの志望動機を教えて!

「スポーツが大好き!」という人や、実際に自分が競技をしていたという元選手がトレーナーになるケースも非常に多く、いずれも「何らかの形でスポーツの現場に携わりたい」という理由からスポーツトレーナーの道を選んでいるようです。
また、選手時代に自分がスポーツトレーナーにお世話になった経験からあこがれを抱いたという人もいます。「自分がしてもらってうれしかったことを、今度は誰かにしてあげたい」「スポーツ界に恩返しをしたい」といった奉仕精神をモチベーションにしているという声も、実際にスポーツトレーナーとして活躍している人から聞くことができました。

スポーツが好き

スポーツトレーナーとして働く人は、ほぼ全員がスポーツ好きのようです。
体力的にも精神的にもハードな働き方になるため、好きでないと務まらない仕事ともいえます。そのため、「スポーツの現場に携わりたい」「スポーツの現場をもっと盛り上げたい」などの想いをもって業界を目指す人がほとんどのようです。
自分の仕事が現役アスリートのパフォーマンスに直結するので、やりがいはもちろん、プレッシャーも相当ありますが、「選手の最高のパフォーマンス」に貢献できることは、スポーツ好きにとって最高のよろこびであることでしょう。
さらに、自身がサポートした選手のワンプレーが多くの人を魅了し、スポーツファンを増やすことができるなど、スポーツ振興の一端を担う人材になれる点に魅力を感じたという人もいます。

自身の故障や病気がきっかけ

もともとは自身が選手だったという人が多いのも、スポーツトレーナーという職業の特徴です。
なかでも、「怪我や病気でプレーできなくなってしまったけれど、サポート役として競技に携わりたいと思った」という人や、「自分が怪我をしたときにお世話になったトレーナーさんの仕事ぶりにあこがれて」という人は、とても熱い想いをもって、この仕事を選んでいるようです。

あこがれの人を支えたい

情熱にあふれた現役スポーツ選手をすぐそばで支えられることは、スポーツトレーナーという仕事の醍醐味です。
「大好きなスポーツ選手のために自分の力を捧げたい」と、あこがれの気持ちと奉仕精神を抱いて志望する人も少なくありません。
それとは反対に、今はまだ無名の「誰か」を支え、一緒に成長していきたいという人もいるようです。どちらの場合も自身は裏方となり、表舞台で頑張る誰かのために働くことによろこびを感じられる人にとっては、このうえなくやりがいのある仕事であるといえるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の志望動機もチェックしよう

スポーツトレーナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路