• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 警察官
  • 1日のスケジュール
警察官の1日のスケジュール

警察官の1日のスケジュール

特別な訓練を積み、国家や国民のために働く警察官。彼らが普段どんな1日を過ごしているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
今回は、とくに身の回りで活躍している「地域部門」と「生活安全部門」に所属する警察官の1日をそれぞれご紹介します。

地域部門の仕事って?

地域部門の仕事って?

地域の安全・安心を守るため、街頭活動やパトロールを行うほか、事件や事故が起こったら真っ先に現場に駆けつけるのが地域部門に所属する警察官の仕事です。
地域部門の警察官はさらに二種類に分かれます。交番や駐在所に勤務し、パトロールをしたり、地理案内をしたり、各種届出の受理をしたりする警察官を「交番勤務員」と呼びます。ほかに、緊急度の高い事件・事故が起こった際に本部からの指令を受けてパトカーで現場に出動する「パトカー勤務員」がいます。

地域部門(交番勤務員)の1日

・7:00/起床
独身者は寮から、既婚者はそれぞれの自宅から出勤します。
出勤時はスーツを着用します。

・8:45/警察署(本署)へ出勤、朝礼
交番勤務員も朝は警察署へ出勤します。まずはスーツから制服に着替え、勤務に必要となる携帯品の確認・補充をします。
署全体で行われる朝礼では課長からこの日の業務の指示を受けるほか、警察署管内での事故の発生状況や連絡事項などが伝達されます。
ここで装備品・携帯品(無線、防刃衣、拳銃、警察手帳など)の点検も受けます。

・10:00/交番へ移動、当直者からの引き継ぎ
前日の当直者から引き継ぎを受け、勤務を交代します。これ以降は、日ごとに決められる1日のタイムスケジュールに従って仕事をこなします。

・10:30/来訪者&電話対応
交番にくる人や電話での相談に対応します。相談内容は道案内のほか、落とし物や盗難被害、迷惑行為についてなどさまざまです。

・12:00/昼食
1時間の食事休憩をとります。とはいえ、事故・事件などの対応のため、休憩時間は予定よりも遅くなったり短くなったりすることがあります。交番勤務は翌日朝までの長丁場になるので、しっかり食事をしてエネルギーを蓄えておくことも重要です。

・13:00/巡回連絡、交通違反の指導・取り締まり
担当する地域の家庭や店舗、事業所などを訪問し、犯罪を予防するための指導や連絡を行ったり、そこに暮らす人の名前や連絡先を聞いて回ったりすることを「巡回連絡」と呼びます。名前や連絡先は名簿にまとめて、災害が起こったときの安否確認などに使用します。
巡回連絡は地域の防犯意識を高めることに加え、住民の方から警察への意見や要望を直接聞くことができる貴重な機会になります。また、違法駐車や駐輪などの取り締まりも併せて行います。

・16:00/書類作成
交番勤務員は、110番通報や警察署からの連絡を受け、管内で起こった事件や事故の対応に当たることもあります。事案は、不審者や不審物の対応、痴漢、窃盗・万引き、喧嘩、未成年の飲酒や喫煙の取り締まりなどさまざまです。
現場から戻ったら、報告書などの書類を作成します。

・17:00/立番、街頭監視
「立番」とは、交番の前に立って周囲の警戒にあたることを言います。
警察官の目が光っていることで、犯罪の抑止効果が期待できるからです。また、朝の通勤時間帯や夕方の帰宅時間帯に合わせて、交差点など交通量の多い場所で「街頭監視」も行います。

・22:00/夜間パトロール
パトカーに乗車し、管内のパトロールへ出発します。犯罪の未然防止や検挙を目的とし、不審者の職務質問や飲酒事犯の取り締まりなどを行います。
パトロール中に事件や事故の発生連絡を受けた際は、そのまま現場へ急行します。

・0:00/ミニ検問
交通違反の取り締まりや不審者発見のため、ミニ検問を実施します。
通行中の車両を止めて、運転者や同乗者に質問を行います。

・2:30~6:30/休憩、仮眠
交番勤務員は交代で4時間の休憩をとります。基本的には仮眠室で仮眠をしますが、緊急事案が起きた場合は、職務に戻らなくてはなりません。

・7:30/立番
通勤・通学時間に合わせて交番の前に立ち、見守りをします。

・10:00/勤務交代、残務処理
次の当番人員が出勤したら、勤務の交代です。当番中に対応した事案の情報を伝え、警察署に戻ります。報告および書類の提出、拾得物の引き継ぎなどの残務処理を行ったら、当番勤務は終了です。

・11:00/帰宅
当番明けの日は「非番」と呼ばれ、その翌日が公休です。交番勤務員は皆、この「1勤2休制」で勤務をしています。ちなみに非番には「待機非番」と「通常非番」があり、待機非番者は何か事件があってもいいように自宅待機となります。通常非番者は、出動人数が待機非番者だけでは足りない場合に呼び出されることになるため、体を休めつつも心の準備だけはしておかなくてはなりません。

生活安全部の仕事って?


防犯活動と検挙活動を通して身近な犯罪を減らし、安全で安心なまちづくりを推進します。例えば、振り込め詐欺被害の防止対策、子どもと女性を虐待・痴漢・ストーカーなどの犯罪被害から守る対策、少年非行防止対策、サイバー犯罪対策、不法投棄や悪徳商法などの取り締まり、家出人の捜索・保護などが、生活安全部に所属する警察官の仕事になります。

生活安全部の新人警察官の1日

交番勤務員と刑事以外は、通常勤務(日勤)のほかに、警察署で寝泊まりして業務にあたる「当直」があります。当直は数日に一回程度の当番制ですが、署内の人員構成によって頻度は変わってきます。

・5:00/起床
警察学校を出たばかりの新人警察官は、原則、警察の寮で共同生活をします。
寮は警察署の近くにあることがほとんどなので、出勤時間はそれほどかかりません。

・7:15/警察署(本署)へ出勤
新人警察官は始業の1時間前には出勤し、掃除などの雑務を行います。

・8:30/朝礼
警察署内のほぼ全員で行う朝礼に出席します。
警察体操、署長や副所長の話、課長からの連絡、全員持ち回りで行うスピーチなどが行われます。

・9:00/業務開始
生活安全部は、大きい組織だと一係と二係のように分業をしています。
その日に誰が何の仕事をするのかは係ごとに決められており、スケジュールに従って署内もしくは外に出て仕事をします。

・10:00/小学校での防犯授業
小学校を訪問し、職員や子どもたちに防犯の話をします。
例えば、不審者に遭遇した際にはどんな対応をすればいいかをシミュレーション訓練を通して学んでもらいます。
また、病院を訪問し、看護師さんに性被害に遭った女性への対応方法を教えることもあります。

・12:00/昼食
署に戻ったら、1時間の休憩です。
午後からの勤務に備えて、しっかり昼食を摂ります。

・13:00/行方不明者の捜索活動
迷子や認知症の老人など、行方不明者が出た場合は、捜索の手配をします。
また、自らが捜索活動に参加することもあります。警察犬を導入した大規模な捜索が行われるケースもあります。

・15:00/不審者の保護
挙動がおかしい、迷惑行為をしているなどの不審者がいた場合、病院に連れて行って精神科の医師の判断を仰いだり、家族を呼んで事情を確認したりといった対応をします。

・17:30/終業 or 当直の開始
日勤の日はここで勤務終了となりますが、当直の日はそのまま当直勤務に入ります。
警察署内で待機し、電話対応、拾得物の受け渡し、緊急時対応などにあたります。

・19:00/夕食
夕食のための休憩時間は決まっていません。各自タイミングを見計らって素早く食べます。

・21:00~2:00/休憩、仮眠
当直メンバーは7~8人ほど。それぞれに5時間の休憩が与えられます。
2つのグループに分かれ、21:00~2:00 or 2:00~7:00のいずれかで仮眠をします。

・2:00/受付業務、書類作成など
仮眠明けも引き続き、電話対応や受付業務などを行います。また、朝の引き継ぎに向けての報告準備も行います。

・8:30/当直終了。引き継ぎをし、担当係の業務を開始
当直中に起こった事案を出勤してきたメンバーに伝え、業務の引き継ぎをします。
引き継ぎ後も、12:00までは署内で自分が所属する係の業務を行います。

・12:00/終業
当直日は8:30~翌日12:00まで、15時間半の勤務になります。
女性警察官にも当直勤務はあり、長時間勤務に耐えうるだけの体力が求められます。

・13:00/帰宅
前日6:00に家を出て以来、19時間ぶりの我が家です。
当直の翌日が日勤になる日もありますので、翌日に向けて体を休めます。

リフレッシュの方法を知っておくことも警察官に必要なスキル

24時間365日稼働する警察組織では、男女関係なく日常的に夜勤当番が回ってきます。新人警察官が必ず経験する交番勤務でも、その後配属される各部門でも、同じことです。
交番勤務や警察署での当直は、一回の勤務が13時間~16時間ほどと、間に休憩(仮眠)を挟むとはいえ、かなりの長時間労働になります。
肉体的にも精神的にも疲労が蓄積しますので、休日はしっかりリフレッシュして次の勤務に向けて英気を養わなくてはなりません。
緊急出動もあり得る非番の日は完全な休息とはいかないかもしれませんが、そんな状況下でも自分がリフレッシュするためのベストの方法を知っておき、オンとオフのバランスをうまく保っていくことが、この仕事を長く続けていくためのカギと言えるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事のタイムスケジュールもチェックしよう

警察官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路