• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 絵本作家
  • ズバリ!将来性は?
絵本作家のズバリ!将来性は?

絵本作家のズバリ!将来性は?

これまでは絵本は紙媒体の書籍の形がメインでした。しかし今後は、タブレットやスマートフォンにダウンロードして読む、デジタル絵本が多くなっていくと考えられています。デジタル絵本作成に必要な知識やスキルが求められるようになり、それをもっている絵本作家は、活動の幅が広がるでしょう。また、長い間、絵本は家の中にあって、読まれるものでした。けれども将来的には、「家の外へ」がキーワードになり、絵本の読まれ方は多様化していくと思われます。

デジタル絵本

絵本と言えば書籍の形に作られたものが一般的ですが、スマートフォンやタブレットなどにダウンロードして読むデジタル絵本が、今後も増えていくと思われます。一般の書籍の場合より画面サイズが小さいので、絵や文字の大きさやストーリー展開などに、デジタル絵本ならではの画面に適した表現や工夫が求められます。また、原画を手描きするのではなく、コンピュータ上で絵やデザイン作りをしなければなりません。そのための知識やスキルが必須になります。そうした技能をもつ絵本作家は、活動の場が広がると考えられます。

家の中から外へ

絵本は家庭の中で子どもが読んだり、親が読み聞かせをする使い方がメインでした。今後は「家から外へ」がキーワードになりそうです。図書館をはじめ、保育園・幼稚園などでの読み聞かせはもちろん、老人福祉や介護の一環として、老人介護施設などでも読み聞かせが行われており、絵本が多様に活用される時代になっていきそうです。こうしたことから、絵本が活躍できる範囲は、今後、さらに広がっていき、重要性も増していくと思われます。

取材協力
日本工学院専門学校

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

絵本作家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路