• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • 絵本作家
  • 気になる?年収・給料・収入
絵本作家の気になる?年収・給料・収入

絵本作家の気になる?年収・給料・収入

絵本作家だけで生活を成り立たせるのは、ほぼ難しいというのが実状です。そのため、デザイン会社やキャラクター制作会社などに社員として勤務して、生活費を確保している場合がほとんどです。勤めた会社で経験と実績を積み、独立して働く人もいますが、多くの人が絵本作家としてだけではなく、挿し絵やイラストなどを描く仕事も並行して行っています。絵本が出版された際に支払われる印税は、発行部数に応じて決定されるため、決して多い額ではありません。ただし、超ロングセラーの本を作ることができれば、かなりの額の収入も期待できます。

デザイン会社

デザイン会社・キャラクター制作会社などに就職した際の初任給は、20万円前後が目安です。月給に加えて期末手当などの特別手当が支給される会社なら、年収もその分だけ増えます。特別手当の額は、会社の規模などにより差があるようです。

独立

デザイン会社やキャラクター制作会社などで経験と実績を積み、独立して働く場合もあります。作った絵本が出版社から発売されることになった際、発行部数に応じた印税で報酬が支払われる場合と、契約額で一括買い取りの場合があります。印税は絵本価格の10%が基本と言われていますが、実際には出版社により7~12%などと幅があります。絵本の初版は1000~2000部くらいなので、例えば1冊1000円の絵本が1000部出版され、10%の印税契約の場合、支払われる印税額は10万円です。絵本を1カ月に複数冊出し続けることはほぼ不可能なので、絵本作家としてだけで生活することはできないでしょう。独立して働く場合も、ほとんどの人が、挿し絵やイラストなどの仕事をあわせて行っています。ただ、絵本は世界各国で翻訳され、ベストセラーになる可能性も秘めています。累計数百万部を超える絵本を作れれば、かなりの収入が期待できます。その意味では、夢のある仕事と言えるでしょう。

取材協力
日本工学院専門学校

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

絵本作家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路