• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 兵庫鍼灸専門学校

兵庫県認可/専修学校/兵庫

ヒョウゴシンキュウセンモンガッコウ

兵庫鍼灸専門学校の風景

豊富な実技・実習で臨床能力を磨く。きめ細かな指導のもと、はり師・きゅう師を目指す

少人数制で一人ひとりの学生に寄り添い丁寧に指導。実学教育の実施に加え、神戸マラソンや少年サッカー、保育園や老人介護施設の介護者などへのボランティア活動を通して医学において最も大切な医の原点を学びます。

兵庫鍼灸専門学校の特長

兵庫鍼灸専門学校の特長1

鍼灸師として必要となる知識・技術を身につける実践重視の学びが魅力

基礎を固める段階の一年次は、解剖学、生理学などの基礎医学を学びながら、東洋医学、経路経穴学、はり・きゅう基礎実技など東洋医学の基礎を学びます。二年次には、臨床医学総論・各論、病理学、東洋医学臨床論など東西医学の疾病に対する考え方を学び、それに合わせた実技授業が行われます。三年次にはこれまでの知識と技術を応用し、臨床に活かせる知識と技術にしていきます。また、本校と提携する「人間総合科学大学」の通信教育課程を併修し、大学での単位を取得することにより、学士の学位が取得できます。

兵庫鍼灸専門学校の特長2

国家試験を見据えた、三年次から随時行う模擬試験ではり師・きゅう師資格取得を目指す

国家試験対策の一環として三年次は随時模擬試験を実施しています。模試は試験の雰囲気に慣れ、客観的な自分の実力を確認することができる絶好のチャンスであり、モチベーションの維持にも役立ちます。また、模擬試験の結果に基づき、きめ細やかな指導を実現。丁寧な解答・解説を行い、国家試験に備えます。このような国家試験の対策と、自ら鍼灸院を開業し、臨床現場の第一線で活躍している教員からの指導により、毎年はり師・きゅう師の国家試験では、好結果を実現。

兵庫鍼灸専門学校の特長3

自主的に学ぼうとする学生のための、専門技術を磨くクラブやゼミを設置

週に1回のペースで学生主体で活動を行う「はりクラブ」「おきゅうクラブ」をはじめ、開業歴40余年の理事長自らが顧問となり、卒業後、臨床現場と学校授業とのギャップを埋めるヒントを伝授する「鍼灸臨床ゼミナール」を実施。さらには筋力低下が原因で膝痛・腰痛などを持つ患者さんへの生活指導として、筋力トレーニングが指導できるようになろうというのがきっかけで設立した「筋肉の自主勉強会」など、本校ではクラブやゼミを設け、自主的に学ぼうとする学生たちを支援しています。

右へ
左へ
兵庫鍼灸専門学校の特長1

鍼灸師として必要となる知識・技術を身につける実践重視の学びが魅力

基礎を固める段階の一年次は、解剖学、生理学などの基礎医学を学びながら、東洋医学、経路経穴学、はり・きゅう基礎実技など東洋医学の基礎を学びます。二年次には、臨床医学総論・各論、病理学、東洋医学臨床論など東西医学の疾病に対する考え方を学び、それに合わせた実技授業が行われます。三年次にはこれまでの知識と技術を応用し、臨床に活かせる知識と技術にしていきます。また、本校と提携する「人間総合科学大学」の通信教育課程を併修し、大学での単位を取得することにより、学士の学位が取得できます。

兵庫鍼灸専門学校の特長2

国家試験を見据えた、三年次から随時行う模擬試験ではり師・きゅう師資格取得を目指す

国家試験対策の一環として三年次は随時模擬試験を実施しています。模試は試験の雰囲気に慣れ、客観的な自分の実力を確認することができる絶好のチャンスであり、モチベーションの維持にも役立ちます。また、模擬試験の結果に基づき、きめ細やかな指導を実現。丁寧な解答・解説を行い、国家試験に備えます。このような国家試験の対策と、自ら鍼灸院を開業し、臨床現場の第一線で活躍している教員からの指導により、毎年はり師・きゅう師の国家試験では、好結果を実現。

兵庫鍼灸専門学校の特長3

自主的に学ぼうとする学生のための、専門技術を磨くクラブやゼミを設置

週に1回のペースで学生主体で活動を行う「はりクラブ」「おきゅうクラブ」をはじめ、開業歴40余年の理事長自らが顧問となり、卒業後、臨床現場と学校授業とのギャップを埋めるヒントを伝授する「鍼灸臨床ゼミナール」を実施。さらには筋力低下が原因で膝痛・腰痛などを持つ患者さんへの生活指導として、筋力トレーニングが指導できるようになろうというのがきっかけで設立した「筋肉の自主勉強会」など、本校ではクラブやゼミを設け、自主的に学ぼうとする学生たちを支援しています。

右へ
左へ
兵庫鍼灸専門学校の特長1

鍼灸師として必要となる知識・技術を身につける実践重視の学びが魅力

基礎を固める段階の一年次は、解剖学、生理学などの基礎医学を学びながら、東洋医学、経路経穴学、はり・きゅう基礎実技など東洋医学の基礎を学びます。二年次には、臨床医学総論・各論、病理学、東洋医学臨床論など東西医学の疾病に対する考え方を学び、それに合わせた実技授業が行われます。三年次にはこれまでの知識と技術を応用し、臨床に活かせる知識と技術にしていきます。また、本校と提携する「人間総合科学大学」の通信教育課程を併修し、大学での単位を取得することにより、学士の学位が取得できます。

兵庫鍼灸専門学校の特長2

国家試験を見据えた、三年次から随時行う模擬試験ではり師・きゅう師資格取得を目指す

国家試験対策の一環として三年次は随時模擬試験を実施しています。模試は試験の雰囲気に慣れ、客観的な自分の実力を確認することができる絶好のチャンスであり、モチベーションの維持にも役立ちます。また、模擬試験の結果に基づき、きめ細やかな指導を実現。丁寧な解答・解説を行い、国家試験に備えます。このような国家試験の対策と、自ら鍼灸院を開業し、臨床現場の第一線で活躍している教員からの指導により、毎年はり師・きゅう師の国家試験では、好結果を実現。

兵庫鍼灸専門学校の特長3

自主的に学ぼうとする学生のための、専門技術を磨くクラブやゼミを設置

週に1回のペースで学生主体で活動を行う「はりクラブ」「おきゅうクラブ」をはじめ、開業歴40余年の理事長自らが顧問となり、卒業後、臨床現場と学校授業とのギャップを埋めるヒントを伝授する「鍼灸臨床ゼミナール」を実施。さらには筋力低下が原因で膝痛・腰痛などを持つ患者さんへの生活指導として、筋力トレーニングが指導できるようになろうというのがきっかけで設立した「筋肉の自主勉強会」など、本校ではクラブやゼミを設け、自主的に学ぼうとする学生たちを支援しています。

右へ
左へ

兵庫鍼灸専門学校の学部・学科・コース

第2鍼灸学科 (定員数:20人)

兵庫鍼灸専門学校の学費(初年度納入金)

2018年度納入金170万円
(入学金20万円、施設設備費20万円含む。別途、教科書・副読本代・実習用具代が必要。)

兵庫鍼灸専門学校の就職・資格

就職支援

鍼灸師の資質向上を目的とした「学術講習会」などで、将来の施術スタイルの確立を目指す

本校を設立した兵庫県鍼灸師会は、夏季大学や学術講習会のほか、様々な講習会を開催し、鍼灸師の資質向上を図っています。本校では、在学中からこれらの講習会に参加し、いろいろな治療法や最新の医療情報が学べる環境を整え、自らの施術スタイルの確立に役立つように配慮しています。

兵庫鍼灸専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

兵庫鍼灸専門学校 事務局

〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通2-14-31
TEL:078-221-5589

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫鍼灸専門学校 : 兵庫県神戸市中央区山本通2丁目14番31号 「三宮(阪急・地下鉄・神戸高速)」駅より徒歩 8分
「三宮(阪神・神戸新交通)」駅より徒歩 8分
JR「三ノ宮」駅より徒歩 8分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
兵庫医療学園学校案内資料一式(2019年度版)
兵庫鍼灸専門学校(専修学校/兵庫)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる