• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 多摩リハビリテーション学院専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 山下 直子先生(介護福祉士)

こんな先生・教授から学べます

100人以上の介護スタッフを育ててきた先生

介護福祉士
介護福祉学科(2年制) 
山下 直子先生
先生の取組み内容

介護福祉士が学ぶ内容は、介護の原理原則の知識・技術ですが、現場に出ると教科書とは違うこともたくさんあります。入浴や食事などの介助をするだけでなく、なぜその介助が必要なのか、そして利用者さん一人ひとりの「安全安楽」を考え、その人らしく生活することを手助けできる喜びも教授していきたいと考えています。実は私自身、介護の業界に進んだのは結婚後。勤務していた特別養護老人ホームでは、現場だけでなく、数百人の新人研修も担当しました。通所介護事業所では所長としてスタッフに長く働いてもらうための環境づくりにも尽力。介護職といっても、このように人事や管理職として活躍する道もありますし、教員として後進を育てる道もあります。私自身の経験を通して、多様なキャリアアップの可能性があることも知ってほしいと思います。

被服や調理など、生活支援技術を実践しながら指導していきます

授業・ゼミの雰囲気

母体の医療法人のネットワークを生かした施設実習で、各現場のニーズに対応できる人材を育成

介護福祉学科では、2年間で450時間以上の実習を行います。今まで知識として学んできたことを基本に、現場で上手に介入していくにはどうすればいいか、経験を交えながら指導していくという山下先生。「施設実習は知識と現場をつなぐ大切な機会。大変なことも素晴らしいことも、学生にはすべて体験して成長してほしいと思っています。また、法人内に関連施設が豊富にあることで、高齢者入所施設、障害者施設、訪問介護など、施設の種類ごとに必要となる介護を学べます。卒業後の就職を考えるうえでも大きなメリットになると思います」

校舎にはベッドや浴槽、調理室などを完備。利用者さんの自宅を想定した訪問介護も学びます

キミへのメッセージ

人生100年といわれる超高齢社会。介護職員の待遇改善も進んでいます

高齢者支援に携わる若者はまだまだ少ないですが、今は待遇改善も進み、年収400万円代も現実的になってきました。何より人に寄り添って働くことができる素晴らしい仕事です。ぜひチャレンジしてみませんか?

山下 直子先生

専門科目:生活支援技術、家庭科
介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)
高校卒業後、小売業販売会社本社の人事総務部にて玄関受付・商談受付・新人研修教育などを担当。結婚後、介護福祉士を目指して病院で3年間の実務経験を積む。その後、特別養護老人ホームに10年間勤務。さらに医療法人社団和風会の通所事業所(デイサービス)の管理者を経て、2019年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

多摩リハビリテーション学院専門学校(省庁指定の養成施設/東京)
RECRUIT