• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 多摩リハビリテーション学院

東京都認可/省庁指定の養成施設/東京

タマリハビリテーションガクイン

多摩リハビリテーション学院の風景

母体は「医療法人」。現場のニーズをすぐに反映するカリキュラムで即戦力を育成

本学院の母体は医療法人社団和風会。法人内の病院・施設で実習を行えるため、設置基準を超える豊富な実習が特徴。学院の教員だけでなく、法人内で働く医師や療法士が指導にあたり、今必要とされる即戦力を育てます。

多摩リハビリテーション学院の特長

多摩リハビリテーション学院の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長2

1年次から段階的に実習を行うことで、スムーズに即戦力となるリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、1年次は施設・見学実習と解剖学実習、2年次は検査測定実習と評価実習、3年次は集大成となる臨床実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習を取り入れています。また、実習を行う法人内の病院・施設には、数多くの卒業生が就職しているため、「先輩が後輩を育てる」良い学習環境がタマリハにはあります。さらに、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境も特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

即戦力となる人材を育成するためには、多くの現場経験を得られる「実習」と、学生一人ひとりへの「サポート」が重要であると考えています。母体である医療法人のネットワークを活かし、グループ内で働く医師や各療法士が「現場の声」を直接指導し、将来につながる実践的な学びを提供。また、2名の担任が各クラスを担当し、一人ひとりの個性に合わせた個別指導を行います。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てる」教育が特徴です。

右へ
左へ
多摩リハビリテーション学院の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長2

1年次から段階的に実習を行うことで、スムーズに即戦力となるリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、1年次は施設・見学実習と解剖学実習、2年次は検査測定実習と評価実習、3年次は集大成となる臨床実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習を取り入れています。また、実習を行う法人内の病院・施設には、数多くの卒業生が就職しているため、「先輩が後輩を育てる」良い学習環境がタマリハにはあります。さらに、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境も特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

即戦力となる人材を育成するためには、多くの現場経験を得られる「実習」と、学生一人ひとりへの「サポート」が重要であると考えています。母体である医療法人のネットワークを活かし、グループ内で働く医師や各療法士が「現場の声」を直接指導し、将来につながる実践的な学びを提供。また、2名の担任が各クラスを担当し、一人ひとりの個性に合わせた個別指導を行います。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てる」教育が特徴です。

右へ
左へ
多摩リハビリテーション学院の特長1

医療法人和風会をバックグラウンドに、現場で即戦力となるセラピストの育成を目指す

本学院の母体である和風会は、救急病院から介護老人保健施設、在宅ケア部門を持つ医療法人。その現場のニーズに応えられるセラピストを育成するために設立されたのが本学院です。だから、医療に携わる者としてふさわしい人格の形成まで考えて、教育・指導に取り組んでいます。「目で見て、手で触って覚える」ことを大切にして、自助具や装具など、実際の現場で使用しているものに自由に触れられる環境を整備。作業療法学科・理学療法学科では、3年間で国家試験受験資格を得られるため、早く社会に出られることも特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長2

1年次から段階的に実習を行うことで、スムーズに即戦力となるリハビリのプロを育成

作業療法学科・理学療法学科ともに数多くの実習を取り入れており、1年次は施設・見学実習と解剖学実習、2年次は検査測定実習と評価実習、3年次は集大成となる臨床実習を行います。設置基準では810時間以上と定められていますが、本学院は世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校でもあり、その基準である1000時間以上の実習を取り入れています。また、実習を行う法人内の病院・施設には、数多くの卒業生が就職しているため、「先輩が後輩を育てる」良い学習環境がタマリハにはあります。さらに、本学院の敷地内には同法人グループの通所介護施設があり、お年寄りがいつもそばにいる、まさに「生の体験ができる」医療法人ならではの環境も特徴です。

多摩リハビリテーション学院の特長3

現場経験豊富な講師陣が、一人ひとりの学生を温かく見守ります

即戦力となる人材を育成するためには、多くの現場経験を得られる「実習」と、学生一人ひとりへの「サポート」が重要であると考えています。母体である医療法人のネットワークを活かし、グループ内で働く医師や各療法士が「現場の声」を直接指導し、将来につながる実践的な学びを提供。また、2名の担任が各クラスを担当し、一人ひとりの個性に合わせた個別指導を行います。ただ「教える」だけではなく、学生を将来の同僚、後輩として温かい心で「育てる」教育が特徴です。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

腰痛とリハビリテーションの詳細

腰痛とリハビリテーション

腰痛は現代の国民病と言われるように80%の方が経験あるそうです。そこで、今回は腰痛の原因についての理…

続きを見る

魅力満載!作業療法の詳細

魅力満載!作業療法

「作業療法士」を知っていますか?はっきり言って…あまり知られておらずマイナーな職業かもしれません。作…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

多摩リハビリテーション学院からのメッセージ

理学療法学科・作業療法学科ともにまだまだ募集しております!
入試のことや学費のことで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

1月13日(土)の体験会にご都合が合わない方は個別見学大歓迎です。
ご予約はこちらから!

http://www.tama-riha.ac.jp/


お待ちしてます☆

(12/14更新)

多摩リハビリテーション学院の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

<2018年度納入金>【作業療法学科・理学療法学科】175万円。2年次以降、年額130万円。3年間合計435万円。※入学金・後期授業料(9月末納付)を含む。教科書・教材・白衣・実習宿泊費などは、都度請求となります。

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

就職希望者数53名
就職者数53名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

医療法人立のタマリハが就活を徹底サポート

医療法人社団和風会が母体ということもあり、安定した就職率を維持しています。毎年全国の病院や施設から人事担当者をお招きし、就職説明会を開催します。参加施設は2日間で約150施設以上(2017年度実績)に上ります。また、卒業生には母体の医療法人へ就職する学生も多く、実習の指導者が卒業生になることもあります。第一希望へ就職するために就職担当の教職員が就職活動講座を行います。面接や履歴書の書き方、電話のかけ方などの就職活動に必要なスキルを事前に身につけることで、医療業界ならではの就職活動をサポートしています。また、少人数制を活かして個別での就職相談を行うことで、一人ひとりを徹底サポートしています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

多摩リハビリテーション学院

〒198-0004 東京都青梅市根ヶ布1-642-1
TEL:0428-21-2001

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都青梅市根ケ布1-642-1 「東青梅」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年04月23日 15:30 facebook

    体験会のお知らせです! 5月12日(土) <受付時間> 理学療法学科 12:30~13:00 作業療法・言語聴覚学科 13:30~14:00 ※複数の学科の見学もできます! ご予約は0428-21-2001まで♪

    https://www.facebook.com/1169884459805597/posts/1547265792067460

  • 2018年04月19日 12:28 facebook

    言語聴覚学科2年生による、『評価実習の症例検討会』を取材 しました! 各グループに分かれて、一人ずつ発表し、質疑応答⇒先生から のコメントという流れで行われました。 3週間の臨床実習を終えて、発表をする学生さん達は1年生の 時の彼らよりも、どこか頼もしく感じました。

    https://www.facebook.com/1169884459805597/posts/1543057372488302

  • 2018年04月19日 12:24 facebook

    言語聴覚学科2年生による、『臨床実習の症例検討会』を取材 しました! 各グループに分かれて、一人ずつ発表し、質疑応答⇒先生から のコメントという流れで行われました。 3週間の臨床実習を終えて、発表をする学生さん達は1年生の 時の彼らよりも、どこか頼もしく感じました。

    https://www.facebook.com/1169884459805597/posts/1543056555821717

  • 2018年04月09日 13:14 facebook

    こんにちは!タマリハです 前回の投稿と同様、昨年度行われました言語聴覚学科の『卒前教育』の模様をお伝えします(^^)/ 現在、桜ヶ丘中央病院リハビリテーション科で言語聴覚士をしておられる、加藤太一先生よりご講義頂きました。 加藤先生は多摩リハビリテーション学院の卒業生であり、鈴木学科長の教え子、かつ同学科で教員をしている木村先生と同窓生だそうです。 明るく気さくな方ですが、ちょっとシャイな印象の加藤先生より、患者様の事例をあげてご説明頂きました。 患者様一人一人の「症状」や「困っていること」、「やりたいこと」を知ることから、「目標」を定めてリハビリテーションを行うまでを、講義だけでなく、グループディスカッションをして実際の現場を想定する内容でした。学生達はとても真剣に、そして懸命に講義に耳を傾けていました。 今回、写真撮影のためにお邪魔した私にも「すべては患者様のために!!」という加藤先生の熱い思いが伝わってきました。「ことば」や「聞こえ」、「飲み込み」などを専門とするスペシャリスト、言語聴覚士のお仕事が少しだけ分かったような気がします。

    https://www.facebook.com/1169884459805597/posts/1533631206764252

  • 2018年04月06日 13:06 facebook

    昨年度の終わりに、作業療法学科による症例報告会が行われ ました。発表する学生も、それを聞くまなざしも真剣そのものです‍ 今回は2年生が各病院・施設に3週間ほど実習に行った際の報告 を行いました。 2年生にとっては、実習の振り返りや、”今何が出来ていて、何が出来ていないのか”を再確認したり、先生からのアドバイスを受けることで、今後の学習計画に役立てる機会になるかと思います。 また1年生は来年自分が行く実習のこと、先輩の経験、作業療法士の仕事を改めて知るきっかけになる報告会です。 こうして目標に向かって頑張る学生さん達の姿を見ては、スタッフも勇気をもらう日々なのです

    https://www.facebook.com/1169884459805597/posts/1530618763732163

請求できるパンフはこちら

無料
学校パンフレット・募集要項
多摩リハビリテーション学院(省庁指定の養成施設/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる