• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本児童教育専門学校

東京都認可/専修学校/東京

ニホンジドウキョウイクセンモンガッコウ

日本児童教育専門学校からのメッセージ

2024年6月13日に更新されたメッセージです。

\ 6月の最新ニュース♪ /

【高校3年生の方へ】
総合型選抜エントリー受付スタート!

■総合型選抜のメリット

☆面接ではなく“面談”♪
☆最も早く“合格”を受け取れる!
☆入学前プレスクールに参加できる!
☆特待生試験にチャレンジし、最大50万円減免のチャンス!

詳しくはオープンキャンパスでチェック♪

【高校1・2年生の方へ】
お友達と一緒も大歓迎!お気軽にオープンキャンパスへお越しください♪

日本児童教育専門学校で学んでみませんか?

日本児童教育専門学校の風景

関東の専門学校では数少ない!5種の通い方から保育士取得が可能

保育士と幼稚園免許状の両方取得を3年でじっくり行う総合子ども学科、2年制の保育福祉科は時短クラス(週5日14:30終了)と週3クラス(月~水のみ)、加えて夜間主クラスが2種、計5種から選べます!

日本児童教育専門学校はこんな学校です

日本児童教育専門学校は学ぶ内容・カリキュラムが魅力

日本児童教育専門学校の特長1

現場主義!日本初「保育版デュアル教育実践校」とは

本校は保育版デュアル教育実践校の先駆けとして、文部科学省からの研究委託のもと、数多くの保育現場(保育園・幼稚園はもちろん、児童養護施設・障害児施設などを含む児童福祉施設)との連携を行うカリキュラムを開発してきました。多様な現場に見学・体験をしに行くカリキュラムが、全学生に組み込まれるため、様々な保育活動下の子ども達に接することができます。そうして、視野の広がった保育観を持つ保育者・人材になることができ、自身がどのような保育士になりたいのか、どういった保育が実現できる施設に就職して成長したいのか、目的や目標を本当の意味で決めることができます。

日本児童教育専門学校は資格取得に有利

日本児童教育専門学校の特長2

保育士がとりたい資格No.1!?「認定絵本士」の資格とは

保育士や幼稚園教諭二種免許に加え、絵本のスペシャリストに認められる「認定絵本士」の資格が全学科において取得可能です。本校に通う学生であれば、追加の費用や講座履修も必要なし。絵本に関する知識・技能・感性のスペシャリストとして、一人ひとりの個性や、成長発達に合わせた絵本を選定できるようになります。現場では絵本コーナーのコーディネーターとしても活躍できますし、絵本の読み聞かせ会などのイベント企画・運営としても力を発揮できます。また、毎年約70人しか取得できない「絵本専門士」の資格にも繋げることができ、今大注目の資格となっています。

日本児童教育専門学校は就職に強い

日本児童教育専門学校の特長3

19年連続就職率100%!本校独自の就職ノウハウで手厚いサポート

本校では19年連続、就職希望者の就職率100%(2023年3月卒業生 就職希望者数164名)で送り出しをしており、この数字を出し続けることは当たり前と捉え、就職支援を行っております。保育園や幼稚園への就職支援はもちろんながら、保育士の資格を保持していれば就職可能な、児童養護施設・乳児院・学童・児童館・障害児施設などの“児童福祉施設”への就職実績が毎年多いことも、本校の特色です。こういった背景から、昨年度の就職希望者数164名に対し、求人社数874社(2023年3月卒の卒業生対象)と、充実した就職サポートを実現。3年以上の継続勤務率も95%以上を達成しています!

日本児童教育専門学校の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
日本児童教育専門学校の学部学科、コース紹介

総合子ども学科(昼間部)

(定員数:40人)

個性を重視したカリキュラムで、3年間かけてじっくりコツコツ「保育のすべて」を学びます

保育福祉科

(定員数:160人)

昼間コース (定員数:80人)

週3クラス (定員数:40人)

時短クラス (定員数:40人)

夜間主コース (定員数:80人)

トワイライトクラス (定員数:40人)

土曜クラス (定員数:40人)

日本児童教育専門学校の評判や口コミは?
在校生の声が届いています

日本児童教育専門学校の卒業後のキャリアや就職先は?
卒業生の声が届いています

日本児童教育専門学校の就職・資格

学生一人ひとりにあわせた親身なキャリア支援で、卒業生の多くは勤続年数が3年以上!!

学生1名に対して、担任・就職担当・実習担当の教員3名が連携しながら、就職活動をサポートします。就職相談室ではキャリアコンサルタントによる学生の就職活動の助言・指導を行っています。「自分らしい保育者になる」ため、「いつ・何を・どうするべきか」などを考えるキャリアデザイン授業において、将来の自分の姿を描いていきます。保育所のほか、児童養護施設や発達支援施設より先輩を招く「卒業生懇談会」も実施しており、保育の仕事や就職活動について理解を深めます。教員は学生一人ひとりにあわせた細やかなアドバイスを行っているため、就職先での勤続年数が長く、就職先と学生とのミスマッチの無い就職を実現できています。

日本児童教育専門学校の就職についてもっと見る

気になったらまずは、日本児童教育専門学校のオープンキャンパスにいってみよう

日本児童教育専門学校のOCストーリーズ