• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 純真学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 片山 陸さん(保健医療学部 看護学科/看護師)

看護師の仕事につながる学び

右へ
左へ

4年間を通じた多職種連携の授業と現場に連動した教員の指導で技術を修得

総合医療を柱としており、多職種による連携やカンファレンス(会議)が現場で活発に行われている北里大学病院。そのGICUで、患者と向き合う片山さんに「学校の学びがどう生きているか」をうかがいました。

看護師
保健医療学部 看護学科
(2017年卒業)
片山 陸さん
  • 北里大学病院 GICU(総合集中治療室 ※集中治療室の中でもより総合的に患者を受け入れ治療) 
  • 大分県 佐伯鶴城高校 卒
臨床で求められる技術と看護師に必要な感性が身に付きました

チーム医療の重要性と現場に直結する看護技術を修得できました

国家試験を共に乗り越えた大学時代の男子メンバー集合!

SG制度の先生と仲間達。支えあって保健師資格も取得しました

4年間を通じた多職種連携の授業で、その大切さを身を持って学びました。他職種の専門性を把握しているため、患者や機器の異変を察知した際も、適した部署や職種に相談・報告することができ、現場での迅速な判断に繋がっています。また、職場に入って実感したのが先生方の教えが臨床に直結していたこと。例えばアセスメント(病状や問題への解釈)一つをとっても、この病院でメインとなるものを教わっており、即活用できました。

ICUでの実習を経て、集中治療という命の最前線で働きたいと感じました

医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士等と院内会議を行います

薬剤の投与前は他の看護師とWチェックを欠かしません

ICU配属を目指したきっかけが、大学での見学実習でした。短期間だったため、現場の看護を見て聞いて、集中治療に求められる看護を学ぼうと強く意識して臨みました。ICUは重篤な患者が多いため、看護師としてより高度な知識と専門性を求められることを実感。そこにやりがいを感じ、私もICUという治療の最前線で患者を支えたいたいという思いを抱きました。おかげで、残りの学生生活や国家試験も懸命に乗り越えられました。

「気付きの感性」を忘れずに、社会復帰や予後の生活を支えられる看護師に!

ICU看護師になって実感したのは高度な知識や技術はもちろん、患者自身を見て気づく力の大切さ。モニターや治療経過だけにとらわれず、患者の立場に立つことが重要となります。現在は、医療チームと相談をしながらその患者らしい姿に近づけたいという思いで看護を実践しています。今後も患者の出すサインを見逃さず、五感を駆使して、患者自身が持つ生命力や家族のサポート体制を十分に引き出せるような看護師を目指したいです。

目下の目標は経験を積んでリーダーナースになることです

職場の後輩でもあり大学の後輩でもある同僚と呼吸器の点検

同期の男性看護師達。一丸となって医療に貢献していきたいです

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

純真学園大学(私立大学/福岡)