• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知みずほ大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡邉理央(人間科学部/保健体育教諭)

私立大学/愛知

アイチミズホダイガク

保健体育教諭の仕事につながる学び

右へ
左へ

模擬授業や実習を通して、将来のビジョンが見えてきた

座学からスポーツ指導まで、幅広い知識とスキルが必要とされる保健体育教師。愛知みずほ大学で学び、現在保健体育教諭として活躍している渡邉理央さんにお話をお聞きしました。

保健体育教諭
人間科学部 心身健康科学科 健康スポーツコース
(2017)
渡邉理央
  • 教育
  • 愛知県 犬山高校 卒
「わからないことはわかるまで追求する」姿勢が培われました。

積極的な姿勢で学んだことで、保健体育についての理解が深まりました

高校時代、僕が進路を決めたきっかけは当時の高校の保健体育の先生です。いつも熱い指導をしてくださっていたその先生は憧れの存在でした。大学に入学してから保健体育について学び始めましたが、知らなかったことをどんどん学べるのがおもしろいと感じ、自分なりにルーズリーフのまとめ集を作ったり、授業でわからないことがあったら個人的に先生に聞きに行ったりしていました。

授業中の様子。人前で話をすることにも慣れました。

先生に質問をしに行くと、個別で指導してくれることも。

教科書を隅々まで読み、知識を身につけました。

右へ
左へ

将来をイメージするきっかけとなった、模擬授業や教育実習

大学内では、学生が学生に授業をする模擬授業があります。学生同士で見せ合いながら、良い点・改善点など指摘しあいます。こういった実践的な授業が教育実習ですごく生きたなと思います。また、教育実習では実際に現場で働く先生たちに話が聞けることそのものが学びでした。先生によっても指導の仕方や授業での教え方が違うため、すごく参考になりました。「自分に合う指導はなんだろうか?」と考えるきっかけにもなりました。

体育の模擬授業では、指導のコツを身につけます。

右へ
左へ

生徒が楽しく参加できるような授業をつくっていくことが目標です

体育の授業をしていて思うのは、「生徒全員が楽しいと思える授業を作らなければいけない」ということ。生徒の身体能力は様々で、スポーツが得意な人がいれば苦手な人もいます。そのため指導案を考えるのはとても難しいですが、「どうやったら全員が楽しめるのか」をテーマに授業の進め方を工夫をしています。これからは保健体育教諭として、他の先生や生徒の期待に応えられるような先生になっていきたいです。

授業中に生徒の安全を守るのも、保健体育教諭の仕事です。

どんなスポーツでも、自主練を経て教えるスキルを身につけます。

生徒たちの個性に合わせた指導案づくりに力を入れています。

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
愛知みずほ大学(私立大学/愛知)